• TOP>
  • ダンジョン生成機能の使い方

ダンジョン生成機能の使い方

dun0.jpg

ダンジョン生成機能とは

RPGツクールMVの標準機能には、ダンジョンを自動生成する機能があります。
「部屋 or 迷路」「壁」「床」の3通りを設定すると、バリエーション豊かなマップが1瞬で生成することができます。

dun0-1.jpg

「迷路」+「壁I(石)」+「石畳A」+オプション「広い通路」
dunex1.jpg

「迷路」+「壁N(城)」+「石畳F」
dunex2.jpg

「部屋」+「壁P(魔王城)」+「内装床A(魔王城)」
dunex3.jpg

ダンジョン生成機能のメリット/デメリット

●メリット
・マップを短時間で作成できる
初めて作る方や、マップ作りが苦手な人はこの機能を活用することで、制作が楽しくなると思います。

●デメリット
・構造が味気ない
ランダムで生成されるため、どうしても構造が雑になります。
別フロアを意識した意味深な行き止まり、大きな分かれ道の先にどちらかは宝箱、どちらかは先に続く道…のようなことには向いていません。
構造を使ったプレイヤーと心理的なかけひきを楽しむのであれば、手動で作る方が良いでしょう。

ダンジョン生成機能の使い方

(1)プロジェクトを開いたら、F6キーを押下して、イベントモードにします。
(2)左フレームから右クリックでメニューを呼び出し、「新規」(ショートカットキーはEnter)を押下します。
dun1.jpg

(3)タイルセット、幅、長さなどを設定します。

最初のうちは、下の設定でやってみてください。
例.タイルセット:ダンジョン、幅:20、長さ:20
dun2.jpg

(4)(3)で新規マップを作成したら、左フレームから右クリック→ダンジョン生成をクリックします(ショートカットキーはCtrl+D)。

(5)タイプは迷路、オプションはチェックをつけず、壁/床タイルをお好みにしたら、OKを押下します。
dun3.jpg
OKを押下した後の画面
dun4.jpg

(6)右メニューに移動し、今作成したエリアの上で右クリックでメニューを呼び出し、「新規」(ショートカットキーはEnter)を押下します。
dun5.jpg

(7)(3)~(6)の手順を飽きるまで繰り返します。

(8)飽きたら、ダンジョンの一番最初のマップに戻り、F5キーかボタンでマップモードに切り替えます。
dun6.jpg

(9)Bタブの中から穴のタイルを選択し、マップの切り替えポイントに配置します。
dun7.jpg

(10)他のエリアにも同様に穴タイルを設置していきます。
dun8.jpg

(11)終わったら、ダンジョンの一番最初のマップに戻り、F6キーかボタンでイベントモードに切り替えます。
dun9.jpg

(12)穴タイルの位置で右クリック「イベントの簡単作成」→「移動」(ショートカットキーはCtrl+1)を設定します。
dun10.jpg

(13)「場所:」をクリックします。
dun11.jpg

(14)移動先のマップを左フレームで選択し、右フレームで移動先の位置をクリックします。
dun12.jpg

(15)OKをクリックして移動のイベントを決定します。
dun13.jpg

(16)(12)~(15)を地下2F→地下3Fと設定して、全てのフロアに穴から落ちる移動のイベントを設定します。
ここまで15分で地下31Fのダンジョンができました。
BGM、敵の設定、宝箱、回復ポイント、ダンジョン脱出など調整が必要なことはありますので、楽しみながらやってみてください。

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 RPGツクールMVまとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。