• TOP>
  • 打者は3タイプに分類する【ザ・スコアラー】

打者は3タイプに分類する【ザ・スコアラー】

三井康浩

著者:三井 康浩

1979年(株)読売巨人軍入団 1984年ドクターストップにより現役引退 1986年巨人軍二軍マネージャー 1987年スコアラー(一軍) 2011年査定室長 次長 2013年統括ディレクター 2017年編成本部参与 2018年12月末尾巨人軍退団 現在は講演会、講座、野球教室などを行っている

btn_tw btn_fb

本サイトは三井康浩氏による著書「ザ・スコアラー」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。
第2章 スコアラーはここを見ている ―打者編―
打者は3タイプタイプ別強みタイプ別攻略

「打者は3タイプに分類する」の目次

 第1章では、わたしが歩んできたキャリアにはじまり、スコアラーの仕事がどういうものなのかについて紹介しました。ここからは、スコアラーの最大の仕事である、観察や分析についての考えを述べていきます。

 この第2章では、打者をどう見ていたかの整理をしましょう。

 最初に、スコアラーとして打者をどう分類していたかということに触れます。その打者がどんな打撃をして、どんな強みや弱みを持っているかを知るためには、打ち方(打法)に共通する基本的な性質がわかっているとスムーズです。もちろん、この分類だけではとらえられない個性を持っている打者もたくさんいますが、確実にひとつの基準にはなるものです。

 まず、わたしは打者を回転軸で分類し、「二軸型」「一軸型(軸足体重型)」「ツイスト型」の3つのタイプにわけていました。同じような見方をするスコアラーもいるはずですが、呼び方はそれぞれ異なるでしょう。ここでは、あくまでもわたしの呼び方と考え方を書きます。

◆二軸型

 二軸型は、よく見慣れたオーソドックスな野球選手の打ち方といっていいものです。

松井秀喜選手など二軸型の打者

 ここでは、右打者を想定して説明していきます。右打者にとっての軸足は右足で、ボールを待っているあいだは右足に体重を乗せています。そして、投手が始動しボールが向かってくるのに合わせて動き出します。ここでのステップの大きさや、足を上げたり擦り足だったりは選手によって異なりますが、その後は、左足を踏み出していきます。左足を踏み出したら、軸足である右足に乗っていた体重を左足側に移していく。

 踏み出した左足でしっかり地面を(つか)み、力が外(背中側)に逃げないようにしながら体重をもっと移し、最後は前に出した左足を軸にしてくるりと回転するのがこの打ち方です。始動時は右足が軸で、最後は左足が軸になるというメカニズムです。両足が軸になることから、わたしは「二軸型」と呼んでいます。

 左足を踏ん張ったとき、力を外に逃さないための「壁」をつくれるかがポイントで、それがしっかりつくれないと強い打球は打てません。

二軸型の代表的な打者

 代表的な打者としては、一本足打法で知られる巨人の王貞治(おう さだはる)さん、同じく巨人の主軸を張った松井秀喜(まつい ひでき)高橋由伸(たかはし よしのぶ)などもそうでした。

◆一軸型(軸足体重型)

 これはいま流行になりつつある打ち方で、角度のついたフライボールを打ちやすい非常にパワフルな打法です。メジャーリーガーや、韓国人選手がよく取り入れています。

中村剛也選手など一軸型の打者

 ここでもまた、右打者を想定して説明していきます。最初に軸足となる右足に体重を乗せてボールを待つのは二軸型と変わりません。ただ、ボールが向かってきてスイングをはじめてからも体重は右足に残したままという部分が、二軸型と大きく異なるポイントでしょう。バットがボールに当たる瞬間が近づいても、体重は軸足に乗せたままなのです。

 そして、インパクト時にうしろの手(右手)をうまく返しヘッドを走らせます。同時に右足に乗った体重をボールにぶつけていく。イメージとしては、右側のお尻しりを回しながらバットでボールを押し込んでいくような打ち方です。

 これもまた二軸型と異なりますが、体重を左足に完全には移しません。そのため、二軸型のように「壁をつくる」「開く」「開かない」といったことはあまり意識されません。

 この打ち方で大事になってくるのはボールとバットの距離で、「呼び込みつつも、前でさばく」といったイメージで打てるかどうかがすべて。よく、「呼び込んで手前で打て」という指導を耳にしますが、単純にそう伝えると、力のある投手などには差し込まれてしまうことが多く、後方や逆方向へのファウルになってしまうものです。

 呼び込むときにはどうしても頭が前に出るのですが、そうではなく、できるだけ頭をうしろに残し、身体とボールまでの距離を確保して少し前方でコンタクトすると打球がよく飛びます。技術次第では、変化球に対しても前方で拾うことができるので、幅広い球種に対応できるというメリットもある。理想的といえば理想的な打ち方といっていいでしょう。

一軸型の代表的な打者

 日本人選手では、西武の中村剛也(なかむらたけや)山川穂高(やまかわほたか)がこうした打ち方の代表格です。

◆ツイスト型

 以前からこの打ち方をする打者はいたはずですが、ここ10年くらいで広く普及してきた新しい打法です。

 上半身は普通にボールを打ちにいきながら、インパクトの間際で腰をキュッと逆回転させてねじるのが最大の特徴です。そのため、顔も完全に投手のほうを向かないときもあり、左打者であれば三塁ベースあたりに顔を向けた状態でボールをとらえることもあります。

イチロー選手などツイスト型の打者

 この打法の代表格はイチローでしょうか。イチローの打ち方をよく見て真似してみると、インパクトのときに腰が逆回転してねじれる感じがわかるはずです。

 ツイスト型の特徴は、ねじった腰から脚にかけて二軸型以上に強固な壁をつくることです。これにより、力が外に逃げることなくバットからボールへと効率的に伝わります。

 イチローがフリーバッティングなどで意図的に飛ばしにかかったときは、メジャーリーグの選手たちにも負けない飛距離を出していたことはよく知られています。あの細身の身体でそれができていたのは、こうしたバッティングスタイルを選んでいたことが影響しているはずです。

 ツイスト型のもうひとつのメリットは、少ない体重移動でも強い球が打てるので、ステップ幅などを狭くできることでしょう。ステップ幅を狭くできると目線がブレにくく、広い視野を保ってボールを長く見ることができます。幅広い球種、コースの投球を打ち返せるため、広角にも打球が飛ばせるのです。

イチロー以外のツイスト型の打者

 イチロー以外では、中日で活躍した立浪和義(たつなみかずよし)などもこのタイプでした。彼も決して身体は大きくはなかったですが、飛距離を出すこともできました。2019年のシーズンをもって引退した巨人の阿部慎之助(あべしんのすけ)は、通常時は二軸型でインコースなどはまわって打つのですが、抜いた変化球などにうまく合わせてヒットにするときの打ち方はツイストを取り入れていました。この阿部のように、ふたつの打ち方を混ぜている打者もいます。

 そして、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(おおたにしょうへい)もツイストしていて、腰が開かずに、まるで止まる感じで打っています。止まるだけではなく逆回転をして、上体だけがパーンと(はじ)けるイメージで打ち、その勢いでボールが飛んでいきます。

 また、西川遥輝(にしかわ はるき)らを筆頭に、日本ハムの選手にこの打ち方が多いようです。かつてコーチを務めていた白しら井い 一かず幸ゆきさんが、練習でしきりにこの打ち方をやらせているのを見たことがありました。わたしたちは、「あくまで練習としてやらせているのだろう」と思って見ていたのですが、試合でもやるようになっていった。以前は二軸と一軸だけで分類していたのですが、その様子を見て3分類にあらためたという経緯があります。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ザ・スコアラー - 三井康浩
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ザ・スコアラー - 三井康浩へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。