• TOP>
  • 各タイプの打者を抑えるための基本方針

各タイプの打者を抑えるための基本方針

三井康浩

著者:三井 康浩

1979年(株)読売巨人軍入団 1984年ドクターストップにより現役引退 1986年巨人軍二軍マネージャー 1987年スコアラー(一軍) 2011年査定室長 次長 2013年統括ディレクター 2017年編成本部参与 2018年12月末尾巨人軍退団 現在は講演会、講座、野球教室などを行っている

btn_tw btn_fb

本サイトは三井康浩氏による著書「ザ・スコアラー」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。
第2章 スコアラーはここを見ている ―打者編―
打者は3タイプタイプ別強みタイプ別攻略

 次に、二軸打法、一軸打法、ツイスト打法、3つの打ち方について、投手側に立ってどのような攻略法があるかを考えてみます。

◆二軸型の攻略

 ストレートをしっかり打ち返すことやインコースへの対応などに強みを持つ二軸型ですが、タイミングをずらされたときはややもろさがあります。この打法は軸足から前足へのダイナミックな体重移動を要するため、いちどスイングをはじめてしまうと、ほかの打法よりも微調整が効きにくいのです。

 投手側とすれば、ストレートを待っているところに球速帯や軌道がストレートに近いカットボールなどの中間球を投げ、タイミングを少しずらしてジャストミートを阻むという攻め方が効果を挙げやすいでしょう。

◆一軸型(軸足体重型)の攻略

 一軸型は、重心がうしろにあることが影響し、インコースが窮屈になりやすいという弱点があります。投手はそこを思い切って攻めていくのが攻略のセオリーでしょう。ただ、スイングスピードの速さを生かしインコースをさばくことができる打者もいますし、インコースを攻めて失投が甘いコースに入ってしまうのも怖い。インコースへの弱さは、あくまでもひとつのポイントであると考えるべきかもしれません。

 もうひとつ有効な攻め方としては、緩いカーブなどを使ってスイングのタイミングを崩すことです。打者側からすれば、前に突っ込まずに、ヒッティングポイントまでの距離をある程度とることが重要ですが、緩いボールをうまく使ってその感覚を狂わせることができれば強い打球が生まれにくくなります。そうなれば、打ち取れる可能性も高まります。

◆ツイスト型の攻略

 幅広い対応力を備え、多少詰まってもヒットにしてくるツイスト型の打者は、投手からするといちばんやっかいな打者のタイプです。

 攻略で思い浮かぶのは、インコースを重点的に攻め、最後は外で仕留めるというオーソドックスな配球パターンになってしまいますが、打ち取るセオリーとしてはそのくらいなものです。この打法を選んでいる強打者との対戦では、「シングルヒットだったらOKだ」と考えていました。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ザ・スコアラー - 三井康浩
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ザ・スコアラー - 三井康浩へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。