• TOP>
  • バッティングのタイプ別にある〝強み〞

バッティングのタイプ別にある〝強み〞

三井康浩

著者:三井 康浩

1979年(株)読売巨人軍入団 1984年ドクターストップにより現役引退 1986年巨人軍二軍マネージャー 1987年スコアラー(一軍) 2011年査定室長 次長 2013年統括ディレクター 2017年編成本部参与 2018年12月末尾巨人軍退団 現在は講演会、講座、野球教室などを行っている

btn_tw btn_fb

本サイトは三井康浩氏による著書「ザ・スコアラー」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。
第2章 スコアラーはここを見ている ―打者編―
打者は3タイプタイプ別強みタイプ別攻略

 いま示した二軸打法、一軸打法、ツイスト打法、この3つの打ち方は、どれがよくてどれが悪いというものではありません。どの打法であっても極めることができれば、長打を打つことも率を残すことも可能です。自分の身体に合った、ベストな打ち方を選択することです。

 ただ、日本人選手との相性では、ツイスト型は少しむずかしいのかなと見ています。なぜなら、逆回転させた腰でつくった壁は、結局のところかなり強い筋力がなければ壁として機能しないからです。イチローの型を真似してスイングすることはできても、それで彼のように力強い打球を飛ばせるかとなれば、それはまた別問題。思い切って前足に体重を移動させる二軸で打ったほうが、ボールを遠くまで飛ばせるという人は多いはずです。

 では、3つの打法の強みがどこにあるかについて書いていきます。まず、打者側に立って、その強みがどこにあるのかを説明します。

◆二軸型の強み

 二軸型は、体重を軸足から前足へとしっかりと移動させてスイングすることから、選手の体重を余すことなくボールに伝えていく打ち方です。ストレートのような強いボールも、力負けせずに打ち返すことが可能です。

 もちろん、タイミングが合わなければ空振りをしたりファウルになったりしますが、タイミングを合わせて打ち返せたときは、小柄な選手でも強い当たりを打つことができます。そういった特性が、古くより日本人によって好まれてきた理由かもしれません。また、しっかりと身体を回転させてボールをとらえる打法なので、インコースをさばきやすいという特長もあります。

◆一軸型(軸足体重型)の強み

 二軸型が〝回転〟で打つ打法とするなら、一軸型は〝衝突〟で打つ打法という表現がふさわしいでしょう。重心をうしろに保ったままボールを待ち受け、目一杯溜ためた体重は主にうしろ側にある手を通してバットに伝えることから、アウトコースへの対応も有利になります。

◆ツイスト型の強み

 ツイスト型は、それぞれの打法の説明でも述べたように、ボールを長く見ることができるため、あらゆる球種やコースに対応できます。このメリットを生かし、詰まった打球を内野手のうしろに落とすようなヒットを稼ぐ打者もおり、多少読みとちがったボールがきてもアジャストできるのはこの打法の大きな強みです。そうした特長を持ちながら、飛距離も出せるという部分もメリットのひとつでしょう。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ザ・スコアラー - 三井康浩
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ザ・スコアラー - 三井康浩へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。