• TOP>
  • 【テクテクテクテク】となりぬりの活用方法とメリット

【テクテクテクテク】となりぬりの活用方法とメリット

となりぬり機能

  • レベル5から解放される
  • この機能を使うと、すでに塗った場所に隣接する「街区」を、TTPを消費して塗ることができる。
  • 歩行石を消費して塗ることも可能だが、あまりおすすめできない。

となりぬりのメリット

  • その場所に行かなくてもぬることができ、デイリークエストの「15区画ぬろう」達成のために非常に便利。
  • あとちょっとで字(あざ)がコンプリートできる場所などでも、どんどん活用して良いと思います。
  • ただし、TTPの消費量は「街区」の面積によって変わります。(10平方メートルあたり1TTP。端数切り上げ)
  • 歩行石を消費するモードもあり、画面左上で切り替えができます。ただし歩行石1個で塗れる範囲は50TTP相当(端数切り上げ)でしかなく、TTP入手の容易さを考えると割に合わないと思われます。
  • 広い街区を塗りたい場合は、現地に行くほうが効率が良い場合もあります。
    となりぬり
  • ゲーム画面上では事前に必要TTPがわからないですが、一番拡大したマップから1回だけ(編注:現在のマップでは3回)マイナスボタンをタップして引いたスケールの地図において、上記ぐらいのエリアで354、4565のTTPが必要となります。参考まで。
  • テクテクマップ(https://paint-web.teku4.jp/ )を利用して街区の面積を確認することができます。面積(平方メートル)を10で割れば消費TTPが分かります。
  • Ver1.0.4(2019/2/19〜)から、一定以上のTTP/歩行石を消費する場合に確認メッセージを表示することができるようになりました。選択可能な基準値は以下の通り。
    • TTP:1、1万、10万、100万、1000万、なし
    • 歩行石:1、100、1000、1万、10万、なし
    • 1の場合は必ずメッセージが表示されます。なしの場合は表示されません。

となりぬりできないケース

  • 幹線道路や河川などがあるなど、既に塗った街区との距離が遠い場合、となりぬりが届かない事がある。
  • おそらく「塗り済の街区から一定の直線距離内にあり、塗り済の街区と隣接する(塗り済の街区との間の直線状に未塗りの街区が挟まらない)街区」が塗り対象になる。よって、太めの道などを挟んでいると斜め向かいでも塗り対象となる。

その他おすすめ記事

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

    アクセスランキング

    最新コメント


    コメントをもっと見る

    最新の更新ページ


    更新ページをもっと見る

    動画


    ▶︎動画をもっと見る

    編集メンバー参加申請

    こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

    管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

    編集メンバーの詳細はこちらから。

    あなたのアカウント ゲスト
    サイト名 テクテクテクテク攻略まとめwiki【ドワンゴ位置情報ゲーム】
    メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
    編集メンバー参加申請

    編集に参加するにはログインが必要です。

    テクテクテクテク攻略まとめwiki【ドワンゴ位置情報ゲーム】へようこそ!

    {{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
    ※勝手にツイートすることはありません。