• TOP>
  • ガン予防効果が期待できるにおい|アブラナ科の野菜、アリシン、スルフォラファン

ガン予防効果が期待できるにおい|アブラナ科の野菜、アリシン、スルフォラファン

荘司博行

著者:荘司 博行

独立して役立つ香りを仕事にします/健康・医療ににおいを役立てる/アロマテラピーだけではない香りの効果を応用。2002-2020年、某入浴剤メーカーで調香師として香りを創る
嗅ぎトレHP: http://www.kagitore.com/

btn_tw btn_fb

本サイトは荘司博行氏による著書「嗅ぎトレ」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

ガン予防効果が期待できるにおい
①カラシ・ワサビ

 カラシやワサビと聞くと、あなたは何を思い浮かべますか?
 私は、カラシと聞けば……おでんやとんかつ、ホットドッグを思い浮かべます。ワサビなら、お寿司やお刺身です。
 ふだんの食生活の中で何気なく使っているカラシやワサビの効果・効能と言えば、いわゆる毒消しを思い浮かべる人も多いでしょう。私も特に生魚を使うお寿司やお刺身には、毒消しのため、いわゆる防腐剤の役目にワサビを使うという、昔聞いたうんちくがいちばん記憶にあります。
 さて、カラシやワサビには、アリルイソチオシアネートという辛み成分が含まれています。カラシやワサビを食べると、ツーンとくるのは、このアリルイソチオシアネートのせい(?)です。しかし、「アリルなんとか……」、なんとも舌を噛みそうな名前ですよね。ここでは、まずはかんたんに、「ツーン成分」で覚えてください。
 私は調香師なので正確な名前を覚えないといけないのですが、におい成分を覚えるときはものにたとえるだけでなく擬音を使って覚えることもあります。「嗅ぎトレ」STEP5の応用編です。今回は「ツーン成分」で覚えるとかんたんです。連想ゲームで、ガン予防→ワサビ・カラシ→ツーン、なんだかコントみたいですね。
 人に説明するときも、「ワサビのツーンとくる成分」で説明できると思います。正式名称なんて知らなくてもOKです。

ガン予防に役立つ可能性がある「ツーン成分」

 話は戻りますが、そのツーン成分が、ガン予防に役立つ可能性があるのです。人間に効果があるかどうかはまだ研究段階ですが、ワサビのツーン成分に老化を遅らせたりガンなどの病気を予防したりする効果が期待できるという、中部大学の三輪錠司教授らの研究グループによる、アメリカのオンライン科学誌への発表があります。
 でも、カラシやワサビの刺激が好きな人、嫌いな人、苦手な人、いろいろいると思います。あきらめないで大丈夫。カラシやワサビだけでなく、ツーン成分はアブラナ科の野菜に含まれています。はい、ではここで、問題です。

Q.アブラナ科の野菜って何? 次の中から3つ選んでください。

  • キャベツ

正解!

不正解!

  • トマト

正解!

不正解!

トマトはナス科です

  • ピーマン

正解!

不正解!

ピーマンはナス科です

  • ブロッコリー

正解!

不正解!

  • レタス

正解!

不正解!

レタスはキク科です

  • カイワレダイコン

正解!

不正解!

  • ホウレンソウ

正解!

不正解!

ホウレンソウはヒユ科です(以前はアカザ科と言われていました)

  • タマネギ

正解!

不正解!

タマネギはヒガンバナ科(ネギ属)です

 さあ、正解は……キャベツ・ブロッコリー・カイワレダイコンです。
 ほかにも、ダイコン・小松菜・カリフラワー・チンゲンサイなどもアブラナ科の野菜です。え~、カイワレやダイコンは辛いけど、キャベツなんてぜんぜん違うじゃん! と思った人、キャベツを生でじっくり噛むと、ほのかにピリッとくるの、感じたことがありませんか? あれですよ、あれ。それでも刺激が気にならず、食べやすいものも多いと思いませんか? 食べられる野菜を食べてくださいね。
 さて、ツーン成分を含むアブラナ科の野菜を多く食べると、男性ではガン、女性では心疾患などでの死亡リスクの低減効果が期待できるという国立研究開発法人・国立がん研究センターの報告もあります。
 何度も繰り返しますが、野菜なので薬ではありません。しかし、ふだんの食生活に野菜を加えることぐらいできますよね。サラダや和物の小鉢、肉料理のつけ合わせなど、結構なんにでも使われている野菜ばかりです。定食やお弁当、お家の夕ごはんなどで、それだけ残している人、いませんか?
 予防は、ふだんの食生活から。嗅ぎトレを意識して実践していくのです。食事のときに少し気にして、においを意識して「ツーンなものを食べる」ようにしましょう。くれぐれも、食べすぎは厳禁。それにアレルギーの方はくれぐれもご注意を。

ガン予防効果が期待できるにおい
②タマネギ・ニンニク

 タマネギ・ニンニクは、少しニオイが気になる野菜です。
 スーパーの野菜コーナーに必ずあります。入手はかんたんですが、好き嫌いが分かれる食材です。私も、ニンニクの強すぎる料理が苦手です。
 私がニンニクを苦手な理由は、2つあります。
 ニンニクの強すぎるニオイが苦手です。
 ニンニクの舌にピリピリする感じが苦手です。
 一方、私はタマネギが好きです。スライスしたタマネギサラダ、炒めたタマネギも好きです。
 調べていくうちに、ニンニクとタマネギには、さまざまな効果・効能があることを知りました。私にとって好きなものと嫌いなもの、両極ですが、ぜひ本書では両方ともご紹介しようと思います。
 でも、ご紹介するにあたり、嫌いなところをなんとかする工夫はないか試しました。
 まず、ニンニクのニオイ、ピリピリする感じは、電子レンジで解決できます。ニンニクを1かけらラップに包んで、電子レンジで温めます。すると、ニンニクがむきやすくなり、ニオイやピリピリ感もなくなります。ニンニクが苦手な方は、この方法を使ってみてください。ニンニク本来の効果は減少すると思いますが、ニンニクが苦手な方でも少しは食べやすくなります。
 さて、紹介する私も好き嫌いが分かれるタマネギ・ニンニクですが、結論から言うと、ニオイは気になるのですが、ニオイのもとになる成分は、食べることによってガン予防の効果が期待できます。
 それにしても、なんでタマネギとニンニクをまとめて紹介するの? と思った方もいらっしゃるかと思います。
 タマネギ・ニンニクは、アリウム属(ネギ属)の植物です。タマネギ・ニンニクは、植物種として近いのです。含まれているにおい成分にも、同じものがあります。効果・効能も同じものが期待できます。これがまとめてご紹介する理由です。

ガン予防の効果がある「アリシン」

 あらためて、見ていきましょう。アリウム属のタマネギ・ニンニクは、食べることでガン予防の効果が期待できます。
 手っ取り早く、何がいいのかを知りたい方は、「とりあえずタマネギ・ニンニクがいいのね」と、ここまで読んで次に進んでもかまいません。ここからは、タマネギ・ニンニクのどんな成分が効くのか、少し細かく見ていきましょう。
 タマネギ・ニンニクには、アリインという成分が含まれます。アリインは、タマネギ・ニンニクを切るなどして傷つけると、アリナーゼによりアリシンという成分に変化します。
 まず、このアリシンにガン予防の効果があります。
 ただし、アリシンは不安定で、アリルスルフィド類に変化してしまいます。これらもそれぞれ、ガン予防の効果がある成分です。アリルスルフィド類には、ジアリルスルフィド(DAS)、ジアリルトリスルフィド(DATS)などがあります。
 アリシンやアリルスルフィド類は、タマネギ・ニンニクの独特なニオイのもとになっていますが、ガン予防の効果があるのです。
 かつて、アメリカの国立ガン研究所などによる「デザイナーフーズ・プロジェクト」という計画がありました。ガン予防効果の観点から見た重要性によってランクを分けて、ガン予防の可能性がある約40品目の食品を、ピラミッド形に配列したリストを作成する計画でした。ニンニクは、そのピラミッドの堂々トップにランクされている食材です。タマネギもリストに含まれています。ピラミッドの詳細については、ここでは触れませんが、興味のある方は調べてみてくださいね。
 ニンニクは中国が出荷量1位です。その中国から、ニンニクを食べる量と、ガンの発生率が関連するという論文が発表されています。ニンニクを食べる量が多い人ほど、ガン発生率が少ないと紹介されています。
 独特なニンニク臭がどうしてもダメな方、いると思います。苦手なのはしかたありませんが、ここはひとつ、薬だと思ってぜひ食べてみてください。
 また、ニンニクがダメでもタマネギがあります。
 タマネギ・ニンニクは、ガン予防。3回唱えると食べられるかもしれません。
 タマネギ・ニンニクは、国産ものも輸入ものも売られています。産地が気になる方は、産地チェックもしてみてくださいね。

笑顔アイコン

 タマネギやニンニクには、他にも体に良い成分とされているものがいくつかあります。総称するとイオウ化合物で、イオウ化合物のキーワードは「S」。スルフィドの「S」です。
「S」がつくものには予防効果がある、とざっくりと覚えておいてください。例えば、上に挙げたもののほかにも、「MATS(メチルアリルトリスルフィド)」などがあります。テレビの健康番組でも良く出てくるキーワードです。「S」がついていたらアンテナ、ピピッと立ててください。

ガン予防効果が期待できるにおい
③ブロッコリー

 ブロッコリーは、「なぜ野菜として存在しているのだろう?」と考えたことがある方、いらっしゃいませんか? 私にとっては、存在価値のわからない野菜でした。ブロッコリーは外国の野菜、ファミレスでハンバーグを頼むとついてくる野菜、家の夕飯に出てくることはほぼない野菜、そんな感じでした。

 ブロッコリーを食べているとき、口の中から感じる、あの独特なニオイ。STEP3の「鼻フ~ン嗅ぎトレ」の嗅ぎ方でわかるニオイです。トロピカルフルーツのドリアンやマンゴーに似た、ガスのようなニオイです。
 しかも、なんとなく苦いというか、辛い。あのブロッコリーの辛苦味が嫌いな人、絶対にいますよね。私も子どものころはあの苦味を好きではなかった気がします。
 野菜のくせにガスっぽいニオイ。そして妙な辛みと苦み。「そんなもの食べたくない!」と言いたいのは、わかる気がします。こんな、存在価値の微妙な野菜、ブロッコリーのどこがいいのでしょう。

 ブロッコリーは、アブラナ科の野菜です。わかりやすく言うと、キャベツの仲間です。あっ! とひらめいた人、スゴい。ほら、①のカラシ・ワサビの仲間です。クイズに出てきましたよね。ということは……ブロッコリーにも、発ガン抑制効果が!?
 そのとおり。ブロッコリーのガンの発生を抑える効果は、スルフォラファンという成分にあります。アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の研究では、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンに、ガンの予防効果があると報告されています。スルフォラファンについては、肺ガン・乳ガン・胃ガンなど、さまざまなガンに対する予防効果の研究が進められています。

 ブロッコリーのにおいのもとは、ダイコンなどで感じるあの辛み成分イソチオシアネートという成分で、スルフォラファンはその1種です。ブロッコリーの中では、スルフォラファングルコシノレートという形で存在し、噛んで食べるとスルフォラファンに変わります。正直クサいニオイのある野菜は、ガン予防に効果があるのかもしれません。においを嗅ぐことに直接発ガン抑制効果があるわけではありませんが、「嗅ぐ力」がなくては効果のありそうなものが見つけられないかもしれませんから、やっぱり「嗅ぎトレ」は大切ですね。

 ところで、ふだん野菜コーナーで生のブロッコリーを買わない人は、どこで買えばいいのでしょう? オススメは、冷凍ブロッコリーです。冷凍食品売り場の定番野菜の1つです。まずは試しに、と思う人は冷凍食品売り場で買ってみてくださいね。
 使い方は、かんたんです。すでにカットされているはずなので、少量を電子レンジで解凍、または温めて食べる。昼食はお弁当派なら、お弁当の野菜に1つ2つ、入れてみる。これだけで少量、無理なく続けられると思います。一度試してみてください。
 気にする人には、ちょっとお知らせ。冷凍ブロッコリーは、輸入品が多いです。どこ産か気になる人は、パッケージの裏に原産国名がありますので確認してから買ってくださいね。冷凍のブロッコリーに慣れたら、野菜コーナーで生のブロッコリーを買ってみるのがいいと思います。

笑顔アイコン

 アメリカでは健康をもたらす象徴として食べられている野菜の代表の1つであり、子どもに「食べなさい」と親が言うらしいブロッコリーですが、私には縁が薄かったですね。でもまあ、食べてみると意外と食べられました。マヨネーズをつけて食べるのが個人的には食べやすいです。

ブロッコリースプラウトは特にスルフォラファンが豊富!

 また、ブロッコリーの種が発芽して伸びたものを、ブロッコリースプラウトと言います。育ったブロッコリーの20倍以上のスルフォラファンが含まれていると言われています。あのモシャモシャした細すぎるモヤシのような野菜には、大腸ガン抑制効果があるという報告があります。
 ブロッコリースプラウトは、スーパーなどの野菜コーナーの冷蔵ケース、モヤシの近くにあることが多いです。熱を加えると効果がなくなりますので、生でサラダやサンドイッチなどにして食べると効果的です。ブロッコリーも生で食べるにこしたことはないのでしょうが、かなり無理がありますよね~。蒸すのが効果的な食べ方だそうです。

 ブロッコリースプラウトの価格は、カイワレダイコンとくらべると約2倍と高価ですが、比較的安価なところが魅力です。ガン家系で気になるという人は、予防の意味で、ふだんの食事の食材にときどき加えてみてはいかがでしょうか?
 ブロッコリーのモアッとくるニオイは、けっして食欲をそそるにおいとは言いかねますが(好きな方、ごめんなさい)、ここはひとつ、健康のために日頃の食事に取り入れて食べてみましょう。ブロッコリーの新しい存在価値を発見して、興味をもってトライしてもらえたらうれしいです。私も、マヨネーズをにぎりしめて、がんばります。

驚き顔アイコン

 ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士が開発した、ブロッコリースプラウト(スーパースプラウト)は、スルフォラファンの含有量が多いようです。博士のブランドは、BPP社がライセンス管理して、日本にも上陸しています。ブロッコリースプラウトにも、ブランドがあるんですね。認定マークをスーパーで確認してみてくださいね。

試し読み記事一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 嗅ぎトレ - 認知症・ガン予防やダイエットにも
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

嗅ぎトレ - 認知症・ガン予防やダイエットにもへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。