• TOP>
  • エルフのクラス紹介

エルフのクラス紹介

『シャドウバース』で使用可能なクラスの“エルフ”について紹介するページです。

プロフィール

arisa_image

アリサのプロフィール

名前アリサ(Arisa)
CV優木かな
イントロダクション
森の守護者、“森番”として一人前になるために日々修行に励むエルフ。

相棒であり、親友でもあるロザリアのことを家族のように慕っている。ある日、ロザリアと一緒に森で修業しているところを謎の怪物に襲われてしまう。

エルフの特徴

手札に加えたトークンを利用しつつ戦う

エルフのカードには、ファンファーレなど何らかの条件で1/1/1(コスト/攻撃力/体力)のフェアリーを手札に生成するものが多い。フェアリー自体は貧弱なものの、エルフには「プレイ枚数を参照する」効果を持ったカードも多く、コストの軽いフェアリーを用いてこれらのカードの条件を満たす、といったサイクルを形成できる。

ただし、フォロワーの性能としては1/1のバニラでしかないフェアリーは立ち上がりの再序盤を除き、ほとんどの場合相手へのプレッシャーにならないうえ、8枚しか所持できない手札の多くをこの貧弱なフォロワーで埋めてしまうことがリスクにつながる局面も少なくない。

手札の空きをフェアリーでいっぱいにするフェアリープリンセスや、手札のフェアリーを強力なダメージスペルの薔薇の一撃に変えるローズクイーンといったフェアリーの運用に特化したカードを軸に据えた構築でない限り、どの程度フェアリーをため込み、どこでどう吐き出すかにプレイングが求められるため、難度の高いクラスになっている。

バウンス能力を持つカードを所持する

自分/相手が場に出したカードをバウンス(所持者の手札に戻す)するカードを持つのもエルフの強み。厄介な相手のフォロワーを一時的に盤面から除去するほか、自分の盤面に出ている傷ついたフォロワーや、ファンファーレ効果を持つもの、フェアリーを回収して再利用するなど、その用途は多岐にわたる。
また、回収時に手札上限(8枚)を超えたフォロワーは手札に戻ず墓地に送られるため、状況次第では完全な除去として機能させることもできる。(無論、自軍を戻すときも同様だが。)

進化時に敵味方問わず1体をバウンスするうえ、4/4/3とコスト、能力比で十分なスタッツを持つローズガーデンキーパーや、無差別に全フォロワーをバウンスするスペルの根源への回帰は特に強力だが、敵に対するバウンス自体は一時しのぎにすぎない(対象を破壊しているわけではない)ため、しっかりライフを奪いきるプランを別に用意しておくことも重要。
9コストと重いが、手札枚数分のダメージを相手の顔面に飛ばせる白銀の矢は特にセルフバウンスと相性が良く、このカードの存在から、バウンスによる遅延行為がプレッシャーにつながっている。

エルフのキーカード

エンシェントエルフ

3コストと軽く、自軍のフォロワーを全バウンスする代わりにバウンスした数だけ強化される。守護を持つため、序盤~中盤を支えることができるほか、コストの軽さから終盤にバウンス目的で使い、余ったコストで再展開するなどさまざまなシーンでソツなく使いまわすことができるユーティリティの高さがウリ。

白銀の矢

本作には珍しく、相手リーダーを直接狙うことが可能なダメージスペル。ダメージ量は自分の手札枚数と同等かつ、発動時にカードを1枚ドローしてから枚数を判定するため、最大で8ダメージを直接たたき込むことができる。
極論、手札が最大枚数の状態からこのスペルを2回叩き込めば回復されない限りほぼ勝ちになるレベルのダメージを叩き出せるので、各種バウンスでターン数を引き伸ばすことにプレッシャーを与えられる。

エルフのデッキ

各種リンク

コメント

アクセスランキング

配信希望者歓迎!
配信したい、けどコミュニティ持ってない……等といった方に当コミュニティにて放送権限をお渡ししております。
申請はTwitterにてリプorDM、あるいはコミュニティの掲示板にてお気軽にどうぞ!
ニコニコミュニティ / 配信方法について


動画


攻略ブログ更新情報

chomoshのブログ

showrss: cannot get rss from server.

最新コメント

最新の更新ページ

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 シャドウバース 攻略まとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

シャドウバース 攻略まとめwikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。