• TOP>
  • 【世界樹の迷宮X】貴き深淵の令嬢のステータスと入手素材と出現場所

【世界樹の迷宮X】貴き深淵の令嬢のステータスと入手素材と出現場所

世界樹の迷宮X(クロス)の第十四迷宮に出現する裏ボス「貴き深淵の令嬢」の攻略やステータスをまとめています。行動パターンや立ち回りも解説しているので参考にしてみてください。

&ref(): File not found: "裏ボス攻略.jpg" at page "貴き深淵の令嬢";

貴き深淵の令嬢のステータス

基本情報

HP164496
ATK255MAT247
DEF204MDF189

概要

深淵で静かに佇むかつて姫君だったもの。巨大な座椅子に腰掛けたまま一歩も動かず、冒険者を終焉の彼方へと誘う

弱点と耐性

物理と属性耐性

物理属性

状態異常耐性

封じ耐性

貴き深淵の令嬢から入手できる素材

貴き深淵の令嬢の出現場所

貴き深淵の令嬢の攻略のコツ

貴き深淵の令嬢の使用スキル

部位範囲詳細
灼熱地獄全体遠隔炎属性攻撃
攻撃力低下
極寒地獄全体遠隔氷属性攻撃
防御力低下
落雷地獄全体遠隔雷属性攻撃
回復量低下
千尋落とし近接攻撃+呪いと盲目付与
瞬黒貫貫通絶対先制
遠隔攻撃+HP小回復+眠り
鎌首もたげる次のターンで不死再生(夜にはこれが出ない)
不死再生自身前のターンに受けたダメージによって回復
不浄な光自身状態異常をすべて回復。さらに状態異常を複数付与
行き場のない魂がつどう4個発生すると次のターンで黄泉送り
黄泉送り全体全体即死ダメージ
地獄突き単体高威力近接攻撃
死の手招き毒+石化+即死などの状態異常
闇への誘い全体近接壊属性攻撃+スタン+麻痺
荒れ狂う刃近接、ランダム6~9回斬属性攻撃+三点封じ

貴き深淵の令嬢の立ち回り

3色地獄は3ターンごとに順番に使用

3色地獄は最初のターンと[3×n+1]のターンに使ってくる。(1→4→7→10・・・)
灼熱地獄→極寒地獄→落雷地獄の順番に使用するが、初めてゴシックソウルを2体召喚した時(残り80%)はその次のターンに極寒(例えば、7ターン目に2体召喚したら、8極寒、11落雷、となる)、3体の時(残り半分)は次に落雷、そして残り30%で完全ランダム(ターンはずれる)になってしまうので、速攻で殺す、不死再生の上書き、頭封じ、スタンなどで対応しないといけない。

なお、夜は初めから完全ランダムとなる。

パラディンの「3色ガード」、ゾディアックの「3色先見術」で無効化するのがおすすめだが、行動を完璧に読まないといけない。
その分見返りも多く、ダメージを受けないだけではなく弱体化も防ぐことができる。

ヒーローの「シールドマテリア」+α(ボス攻撃力弱体化・HP限界突破など)でもギリギリ耐えられるので、安定を望むならこちらでも問題ない。
ただし弱体化がかかってしまうためプリンスの「クリアランス」は必須。

属性以外の行動

属性以外はガードスキルなどでしっかり防ぐ。最後になると、超強力な闇への誘いなどを大量に使ってくるので、注意。基本的には同じ攻撃は連続では使わない。

夜は、初めから全ての攻撃を使う。

5ターン毎に鎌首をもたげるを使用

5ターン毎、もしくは17000前後のダメージを1ターンで与えると、ターン終了時に「鎌首をもたげる」を使用。
この行動を行うと、次のターン「不死再生」でHPを回復する。
不死再生の回復量は、鎌首をもたげるを使用したターンに与えたダメージ×10倍回復する。
体勢を整えるチャンスなので、このターンにしっかり立て直しておく。

夜は、鎌首をもたげない(不死再生は5ターンごとにする)ので、ダメージやターンをしっかりみておく。

魂に攻撃しても問題ないので、魂を削っておいても良い。

多彩な封じと状態異常

貴き深淵の令嬢の攻撃には、弱体化・状態異常・封じにしてくるものが多く対応しないとすぐに全滅してしまう。
リーパーの「霊魂固着」で弱体化を、「瘴気の防壁」で状態異常と封じを無効化できおすすめ。
その他にも、プリンスの「予防の号令」やドクトルマグスの「巫術:結界」でも防ぐことができる。
念のために、プリンスの「クリアランス」やメディックの「リフレッシュ」「バインドリカバリ」など回復手段も用意しておこう。

ゴッシクソウルを4つストックさせてはいけない

一定確率で「行き場のない魂」がストックされていく。
1度にストックされる数はボスのHPに依存し、HPが少なくなるほどストック数が増えていく。(残りHP3割でいきなり4つストックされる)
魂が4つストックした状態でターンエンドすると「黄泉送り」に派生し、ほぼ防御不可の複数回即死ダメージを受ける。
魂を1つでも倒しておくと発動しないため、集中攻撃で魂を倒しにいくと良い。

全体攻撃で削りつつ、意図的にHPが少ない魂を1つ作っておくと対処が楽。
この状態で4つストックされても1つを簡単に倒せるので、「黄泉送り」のリスクが大幅に軽減される

不浄の光で有利な状態をリセット

貴き深淵の令嬢に弱体化・状態異常・封じを付与する、もしくはパーティを強化させると一定確率で不浄の光を使用してくる。
しかもボスの攻撃行動とは別に行ってくるため、ボスの行動を制限させることも不可。
状態異常や封じ中心のパーティでは苦戦を強いられるため、パーティを再編成させる必要がある。

不浄の光は、相手の弱体化・状態異常・封じを回復させ、パーティの強化を無効化する。
こちらの弱体化・状態異常・封じは解除されない。

行き場のない魂を残して本体を倒してはいけない

行き場のない魂が残った状態で本体のHPを0にすると、回復して復活してしまう。
回復量は行き場のない魂のHP量に依存する。
魂をすべて撃破してから本体にとどめを刺そう。

エキスパート撃破パーティ

パーティ構成

パーティ育成

職業育成方針サブ理由
ヒーローガードスキル中心の育成で、各種シールドスキルでガードしながら攻撃
残像系や鼓舞にもスキルを振る
攻撃用としてバーストブレイドを習得させる
シングルデポートで火力面を強化
物理防御ブーストと抑制防御ブーストで防御面を強化
ソードマンソードテンペストで攻撃。ブレイク系で弱体化を狙う
特にパワーブレイクは必須
ブラックサバスの全体攻撃+回復が優秀
各種ブーストも前衛職にはありがたい
リーパーデバフを撒きつつ、瘴気の防壁や霊魂固着で相手のデバフを防ぐ
瘴気兵装の維持が重要
クリアランスのため
ガンナースナイプで封じを狙いつつ、掃射で魂を倒す
必中のゴーグルをつけないので跳弾は使わない
死にやすいので防御面を強化
各種ブーストと決死の覚悟を取ればOK
メディック回復要因
回復スキル全振り
退魔の霧目当て
ほとんど暇にならないが暇になったとき用に状態異常の方陣をいくつか覚えさせる

戦い方

役割

  • ヒーロー:シールドを張りつつ攻撃
  • ソードマン・ガンナー:攻撃役
  • リーパー:弱体化を振りつつデバフを防御
  • メディック:回復役

行動

ヒーローは、「ガードラッシュ」が使えるなら最優先、使えないなら3色地獄のターンは「シールドマテリア」、それ以外のターンは「シールドアーツ」を使う。
「ガードラッシュ」の残像が現れたら「バーストラッシュ」で攻撃に参加する。

ソードマンは、ひたすら「ソードテンペスト」で攻撃。
リーパーが「ボスに攻撃低下が入っていない+リーパーが削弱の瘴気が使えない」時は「パワーブレイク」。
「魂が複数いる+パーティのHPが低い」時は「ブラックサバス」。

リーパーは、「削弱の瘴気」「繊弱の瘴気」の優先順位で使いつつ瘴気兵装状態をキープ。
3色地獄のターンは「霊魂固着」、瘴気兵装が溜まっている状態では「瘴気の防壁」を使う。
味方に弱体化を受けたら最優先で「クリアランス」。

ガンナーは、「〇〇スナイプ」で攻撃しつつ、魂が出てきたら「掃射」で削る。
魂をすべて倒さないように敵のHP管理が大切。

メディックは、ひたすら回復するのみ。
耐える自信があるターンは、ディレイヒールで次ターンに備える。
耐える自身がない場合は、エリアヒールで回復しつつオーバーヒールの効果でHPを増やしておく。
死亡者や状態異常者の回復は余裕があればやる。余裕がなければほかの人がアイテムで回復させる。

歴代の裏ボス紹介

フォレストセル

初代世界樹の迷宮にて、第6階層に待ち受ける裏ボス。
「体力90000」「攻撃力585」「防御力170」という高いパラメーターを持ち、文句なしの初代最強のモンスターである。

ボス戦での印象的な特徴

パラメーターが高いかわりに与えるダメージが全属性攻撃1.5倍になる。
攻撃パターン固定型であるため行動は読みやすいが、パターンの中にランダム攻撃があるため十分耐久できるように調節をしっかりしたい。

始原の幼子(しげんのおさなご)

世界樹の迷宮IIにて、第6階層「禁忌ノ森」に待ち受ける裏ボス。
不老不死の研究をする、上帝「オーバーロード」によって生み出された人工生命体である。
世界樹の迷宮IIゲーム内で間違いなく最強の存在であり、世界樹の迷宮シリーズの裏ボスの中でも最強の呼び声が高い。

ボス戦での印象的な特徴

攻撃パターンを知り尽くして初めて同じ土俵に立てると言われている程に強いボス。
始原の幼子は昼夜で行動パターンが変化し、昼は行動パターン一定で見極めやすいが、夜は行動完全ランダムになるため難易度が跳ね上がり、この点がプレイヤーを苦しめたボスだ。

昏き海淵の禍神(くらきかいえんのまがつかみ)

世界樹の迷宮IIIにて、第6階層に待ち受ける裏ボス。
本作品の全ての元凶と言える、禍神の実態は触手がうごめく巨大な樹海である。

ボス戦での印象的な特徴

25階に8匹いる触手を倒した分だけ、戦闘開始時のHPや属性耐性が変化する特殊なボス。
2つの形態を持っており、第1形態は触手の数によって行動変化し、20ターン以降完全ランダムになる。第2形態では40ターン経過までパターンが完全固定されている。
形態変化ごとの戦い方を見つけパターンさえ読めれば比較的戦いやすいボスである。

歪みし豊穣の神樹(ゆがみしほうじょうのしんじゅ)

世界樹の迷宮IVにて、第6迷宮「暗黒ノ殿」に待ち受ける裏ボス。
旧時代の人間達による「 世界樹計画 」によって生み出された存在の成れの果てである。

ボス戦での印象的な特徴

2つの形態を持っており、第1形態は基本的な行動パターンは決まってるため戦いやすい。しかし、第2形態はボスと一緒に「蕾2体」「鉤爪2体」が出現し非常に厄介である。ボス自体の行動パターンはある程度固定されているが蕾と鉤爪がいるため戦いにくいボスである。

正攻法で挑むととても強く太刀打ちできないが、特定の条件を満たした際に弱体化される仕様になっている。キーアイテムである「円筒状の容器」にレッド、ブルー、イエロー、グリーン、ホワイトを特定の順番で注入すると弱体化される。
条件を満たして弱体化することによって勝ちが見えてくる。

星喰(ほしくい)

世界樹の迷宮Vにて、第6階層に待ち受ける裏ボス。
広大な宇宙の中でも最大級の怪物。
全てを貪り喰らい、自らの糧として肥大成長していく生態を持つ。

ボス戦での印象的な特徴

ボス本体の他に6つものパーツがある。
6つのパーツ全て残しておくと即死級全体攻撃「フルバースト」という技を放ってくるため6つのパーツを先に破壊しなければならない。
しかし、パーツを破壊しても再生するため積極的にパーツ破壊して少しずつ本体を攻撃し、倒すというとても厄介なボスである。

歴代裏ボスを辿って

世界樹の迷宮X裏ボスの特徴予想

集大成と謳っている本作では、各ボスの要素が多少含まれるのではないかと予想。

要素

  1. 高めのパラメーター
  2. 昼夜によって変わる行動パターン
  3. 形態変化
  4. 特定の条件を満たし、弱体化できる
  5. 部位破壊することによって特定の行動を阻止できる

予想

※新たなシステムというよりは過去のシステムに焦点を当て考えた。

本作にも時刻システムがあることを見て、昼夜に変化がみられるのではないでしょうか。
形態変化があると考え、

  1. 特定の条件を満たすと弱体化+昼夜によって行動変化。
  2. 部位を破壊することで特定の行動阻止。

という形になると予想。

関連リンク

コメント

アクセスランキング

人気記事ランキング

最新コメント


コメントをもっと見る

最新の更新ページ


更新ページをもっと見る

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 世界樹の迷宮X(クロス)攻略wiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

世界樹の迷宮X(クロス)攻略wikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。