遊び方

「ポケモン超不思議のダンジョン 救助隊」の遊び方

困っているポケモンを救助しよう

パートナーとなるポケモンと救助隊を結成し、困っているポケモンを救助していこう。

救助の依頼は、ペリッパー連絡所の掲示板や自分の救助基地に届く手紙など、いろいろな形で舞い込みます。
依頼を達成すると、救助隊の「救助ポイント」がアップします。救助ポイントを集めることで、救助隊ランクが上がっていきます。
結成したばかりのキミの救助隊は、まだ「ルーキーランク」。救助隊のあこがれの「ゴールドランク」を目指して、経験を積みましょう。

仲間のポケモンを増やそう

救助隊の活動をしていると、主人公の救助隊にはパートナーだけでなく、さまざまなポケモンが仲間に加わります。敵を倒すと、仲間になったり、ダンジョンをクリアすると、助けてあげたポケモンたちが、自分の救助隊の一員になってくれることもあります。
ポケモンによって覚えているわざが異なるため、敵のタイプとの相性を考えたチーム編成が、ダンジョン攻略のポイント。
救助に出発するときに、どのポケモンを連れて行くか、タイプや相性を考えてチームを編成しよう。

不思議のダンジョンとは

この世界には、山や峡谷、森などのさまざまな場所に「不思議のダンジョン」が存在します。
一番の特徴は入るたびに地形(マップ)が変わること。
次々と舞い込む救助依頼を達成するには、この毎回変わるダンジョンを冒険しなくてはなりません。

ダンジョンには、「タネ」や「きのみ」、「わざマシン」など、冒険に役立つさまざまなどうぐが落ちています。落ちているどうぐはマップ・地形と同じように、入るたびに、位置や種類が変わっています。つまり、毎回攻略方法が変わってくる、ということです。でも大丈夫です。どうぐの性質を理解すれば、困難に立ち向かうことができます。
どうぐを駆使して困っているポケモンを助けましょう。

また、ダンジョンには、攻撃してくるポケモンも潜んでいます。
不思議のダンジョンのもうひとつの特徴は、「自分が1回動くと、相手のポケモンも1回動く」という、「ターン制」というルール。
ターン制では、自分が動かなければ相手も動かないため、次にどんな動きを取ったら良いかをじっくりと考えることができます。
考えなしに奥へ進むとピンチを招くこともしばしば。相手のポケモンの性質・行動を見極めて、てもちの道具・仲間のポケモンのわざをどう駆使すれば切り抜けられるか、考えて1ターンずつすすめるのがダンジョン攻略のカギとなります。

Nintendo Switch版の特徴

Nintendo SwitchのTVモード/テーブルモード/携帯モード、いずれのモードでも楽しむことができます。
DSやゲームボーイアドバンスにはなかった「操作をアシストしてくれる機能」も追加されています。初めてという方でもダンジョンを冒険を楽しめるそう。

オート移動

本作からは、冒険をもっと簡単に進めることができる、「オートいどう」という機能が追加されました。オートいどうは、Lボタンを押すだけで主人公たちが効率よく移動してくれる機能です。敵に近づくと、オートいどうは自動的に解除されます。

自動で技を繰り出す

通常は、4つのわざの中からプレイヤーが選択します。どのわざを選べばいいか迷ったときは、敵が目の前にいる状態でAボタンを押すと、その敵に合わせたわざを繰り出します。

最大8匹まで仲間を連れて歩ける!

ダンジョンに入るときは3匹で出発しますが、ダンジョン内で出会うポケモンが仲間になることがあります。ダンジョン内では、最大8匹まで連れ歩くことができます。

ダンジョンで倒れてしまったら

もしダンジョンで倒れてしまっても、自分のほかのチームやほかのプレイヤーに救助してもらうことで、倒れた時と同じ場所から冒険を再開することができます。

コメント

アクセスランキング

最新コメント


コメントをもっと見る

最新の更新ページ


更新ページをもっと見る

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 【ポケダン攻略】ポケモン不思議のダンジョン 救助隊 攻略ガイド
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

【ポケダン攻略】ポケモン不思議のダンジョン 救助隊 攻略ガイドへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。