あごの痛みが消える! 筋膜スマートリリース
原 節宏


その「あご」の痛み、顎関節症ではないかも? 顎関節症と診断された人の約8割は筋膜性口腔顔面痛なのです。これはセルフケアで十分によくなります。これから紹介する筋膜スマートリリース(スマートエリアのマイクロストレッチ)を試してみてください。

その「あご」の痛み、
8割は筋膜の問題が原因です!


原節宏

著者:原 節宏

顎関節症の主要な病態と言われている筋膜痛(筋・筋膜性疼痛)の効果的な治療法の開発に取り組んでいます。

https://doctorbook.jp/doctors/123

本サイトは原 節宏氏による著書「あごの痛みが消える! 筋膜スマートリリース」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

イラスト/門川洋子

本書の使い方

どこから始めても・どの順番でも・細切れにしても効果に変わりはありません。

1 まずはスマートリリース1と2を実践してください。

2 それで痛みが治まらない場合はスマートリリース3も実践してください。

※ 注意!急に始めるとクラクラする人もいますから、スマートリリース1と2を十分に行ってから3を実践してください。

3 スマートリリース1~3で効果が出ない人は4~6も実践してください。1~3で痛みがとれた人も再発防止のために4~6を実践しましょう。

※スマートリリース2~6のやり方は本書をお求めください。

顔アイコン

筋膜性口腔顔面痛は筋膜の運動不足に原因があります。
筋膜は体中に張り巡らされているので、原則どこから、どの順番で始めても、細切れにしてもかまいません。何回行っても不足しがちなのが筋膜の運動です。時間があるときはできるだけやりましょう。


スマートリリース3 は注意して行ってください。1と2をたくさんやってから3をはじめてください。安全に、正しく行ってください。

試し読み記事一覧

もくじ

  • はじめに
  • 本書の使い方
  • 第1章 痛み、ガクガク、開かない……あごの不調の8割は筋膜性口腔顔面痛
  • 第2章 あごの痛みがとれる マイクロストレッチを応用したスマートリリース ストレッチ編
    • 頭を傾けてスマートエリア全域を伸ばす スマートリリース1
    • 1日何回行ってもOK
    • 鼻を脇に近づけて筋肉を伸ばす スマートリリース2
    • あごの痛みをとる基礎知識(2) あごの痛みにマウスピースは効きますか?
    • 頭を回転させて筋肉を伸ばす スマートリリース3
    • 3つのスマートリリースの違いは? 頭の角度で効果が変わる
    • 注意事項
  • 第3章 あごの痛みがとれる マイクロストレッチを応用したスマートリリース セルフマッサージ編
    • Sエリア(胸鎖乳突筋)のマイクロストレッチ スマートリリース4
    • Mエリア(咬筋)中央部のマイクロストレッチ スマートリリース5(1)
    • Mエリア(咬筋)下3分の1のマイクロストレッチ スマートリリース5(2)
    • Mエリア(咬筋)上3分の1のマイクロストレッチ スマートリリース5(3)
    • Tエリア(側頭筋)のマイクロストレッチ スマートリリース6(1)
    • Tエリア(側頭筋)のマイクロストレッチ スマートリリース6(2)
    • 筋膜にはどんな種類がある? 皮下筋膜や筋の筋膜などがある
    • 筋膜の痛みにはどんな特徴がある? 安静にしていると筋膜が厚くなって痛む
    • あごの痛みをとる基礎知識(3) あごの痛みは炎症ではないのですか?
  • 第4章 なぜ起きるのか? あごの痛みのメカニズムを知る
  • 参考文献
  • おわりに

コメント

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 あごの痛みが消える! 筋膜スマートリリース
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

あごの痛みが消える! 筋膜スマートリリースへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。