• TOP>
  • 【モンハンワールド】過去作との違いまとめ

【モンハンワールド】過去作との違いまとめ

モンハンワールド(モンスターハンターワールド/MHW)の過去作との違いについて紹介しています。過去作のモンハンとどう違うのか知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

 

モンハンワールドとは?

モンスターハンターは、マップに現れる巨大モンスターを「片手剣」「ハンマー」「ランス」「弓」などの多用な武器を駆使して倒すハンティングアクションゲーム。
第1作目はプレイテーション2で2004年に発売。当時では珍しかったオンラインプレイが可能なゲームだった。
徐々に人気になっていき、ポータブル機に移行した『モンスターハンターポータブル2nd』では、社会現象になるほどの人気を博した。
その後ポータブル機が主流となってリリースされてきた本作だが、『モンスターハンターワールド』では久々に据え置き機でのリリースとなる。

フィールドの変更点

フィールドの移動方法

モンハンワールドはオープンワールドゲームを謳っているが、各フィールドがすべてつながっているわけではない。
しかし、一度クエストを受注してフィールドに入ればそこから先はすべてつながっている。
過去作でエリア1・エリア2...と分かれていたがモンハンワールドではエリアチェンジが存在しないため、ロード時間を挟むことがない。
実際に狩りをしているかのような気持ちにさせてくれる。
ただし、過去作で使えたエリアチェンジで敵から逃げてスタミナ回復や体力回復という戦法が使えなくなる。
より、リアルにモンハンの世界を楽しめるシステムとなっている。

フィールドの広さ

制作陣の辻本氏のコメントによると、過去作とのモンハンと比べてフィールドの広さが2.5倍になったとのことである。
モンハンシリーズの楽しみ方の一つである、壮大なフィールドを観て周ることがより一層楽しみになるだろう。

ベースキャンプについて

ベースキャンプと言えば、モンスターが入れない場所に設営されている安全な場所だ。
なんと今作ではベースキャンプが自分で設営できるようだ。

さらにモンハンシリーズで初めて、キャンプ内で装備の変更ができるようになった

戦闘システムの変更点

生態系の変化

過去作では、リオレウスもディアブロスもモスもプレイヤーを目掛けて攻撃してきた。
モスはリオレウスに捕食対象とされる(はず)にも関わらずプレイヤーを狙ってきていたのが不思議なハンターもいたはずだ。
今作では生態系が見直され、大型モンスター同士で戦うようになっている。
例えば、ドスジャグラスをリオレウスがいるところまで誘導すればリオレウスがドスジャグラスに襲い掛かる。
モンスター同士で闘わせたときのダメージが大きいので、よりモンスターの生態を知ることが大切になる。

モンスターへの攻撃ダメージを数値表示できる

過去作ではモンスターを攻撃しても内部ダメージで判定していたのでどれくらいダメージを与えているのかわからなかった。
今作では、モンスターを攻撃すると与えたダメージが表示させることができるようになった。
設定でON/OFFもできるので、ダメージ数が邪魔な人は消すこともできる。

武器攻撃の有効度がわかる

モンハンは各武器によって有効にダメージを与えられる部位が異なる。
※例えばリオレウスと戦うとき、大剣は翼か頭が有効。

過去作では有効的にダメージを与える方法を何度も戦って調べたり、ネットで情報を得るかしかわからなかった。
今作では、武器が有効かどうかによってダメージエフェクトの色が変わる。
グレー<<ホワイト<<オレンジ
モンハンワールドは、視覚的に有効な部位がわかりやすくなったので狩りの効率を自分で改善することができる。

フィールドオブジェクトが活用できる

足下に生えている草を結んで、モンスターの足を引っかける罠を作ったり、自生する木の実を食べてHPの回復ができるようになった。
フィールドの特性を知ることで狩りが有利なるという、ハンター冥利に尽きる仕様となっている。

止まらずにアイテムが使える

過去作のモンハン特有であった「回復薬後のシャキーン!」がなくなった。

回復薬後のシャキーンとは
回復薬は筋組織を収縮させることで急激な治癒を促すから、生理反応としてガッツポーズのようなポーズをとってしまうこと

歩きながら飲めるようになったため、敵の攻撃後の大きな隙を見計らって使う必要がなくなった。
また砥石も途中でキャンセルできるようになるなど、アイテムまわりのストレスがかなり軽減されている。

装備やツールなどの変更点

スリンガー

モンハンワールドでは、スリンガー(小型の弓のようなもの)をプレイヤーは装備している。
このスリンガーは、フィールドに落ちているアイテム(石ころや木の実、ヒカリゴケ)などを使うと特定の「弾」になる。
特定の「弾」は、敵の注意を逸らしたり、閃光弾やこやし玉のような効果を発揮する。
また、スリンガーを使ってワイヤーアクションで特定の場所へ移動ができるようになった。
スリンガーをうまく使うことで効率よい狩りをすることができるだろう。

特殊装具

モンハンワールドでは、使うと一定時間特殊な能力が発動する装具が新登場する。
回復薬などのアイテムと同様に使え、モンスターから身を隠したり、風に乗って飛ぶこともできる。
特殊装具についての詳しい内容は下記リンクを参照。
特殊装具とは

その他の変更点

ペイントボールの廃止

過去作にあったペイントボールとは、地図上に敵モンスターの場所を記すためのアイテムである。
ペイントボールをぶつけることで敵モンスターの居場所を把握し、効率よく狩りを進めていた。
今作ではペイントボールが廃止され、導蟲が実装された。
導虫についての詳しい内容は下記リンクを参照。
導蟲とは

つまり、今作では導虫を追いかけて敵モンスターの居場所を把握するようになった。

マルチプレイが途中参加可能に

マルチプレイでは、集会所に集まって皆で同じクエストを受けて出発する。
途中参加は認められてないので、時間が合わなかった場合はクエスト終了まで待機...なんてことがあった。
今作では、マルチプレイの途中参加が可能となった。
時間に遅れた場合や、このままではクエストが失敗するというときの救難信号として使うこともできる。

キャラメイクのカスタマイズがさらに自由に

モンハンシリーズは、全作を通じてキャラクターメイキングができる。
モンハンワールドのキャラクターカスタマイズは、年齢や皺など細かい部分まで設定することができる。
◌◌似のキャラクターを作ってみたなどSNS上で盛り上がるもよし、自分の理想の姿を作るためにゲーム開始までに時間がかかるだろう。

水中バトル

モンハンワールドでは水中バトルがない。
水中に潜れるがあくまで移動手段として潜るだけである。

その他の変更点は下記リンクを参照。
モンハンワールドの新要素まとめ

【MHW】おすすめ攻略リンク

【MHW】おすすめ攻略リンク

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

人気記事ランキング

最新の更新ページ

{{error}}
最新の{{count}}件

最新コメント

{{error}}
最新の{{count}}件

動画


▶︎動画をもっと見る

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 モンハンワールド攻略まとめwiki【MHW/モンスターハンターワールド】
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

モンハンワールド攻略まとめwiki【MHW/モンスターハンターワールド】へようこそ!

この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします
※勝手にツイートすることはありません。