• TOP>
  • おすすめ武器・防具・トモ/狩魂02弾/第1章

おすすめ武器・防具・トモ/狩魂02弾/第1章

狩魂02弾「山神と電影」おすすめ武器・防具・トモ

狩魂02弾「山神と電影」で使用するのにおすすめのカード。
なお初心者に配慮し、ここでは「山神と電影」及び現時点で入手可能な武器・防具・トモのみを載せる事とする。

ハンター用装備

武器

暗夜剣【宵闇】(ナルガクルガ:大剣)

覚醒により麻痺属性を発揮する大剣。
トモの種類を選ばず麻痺からの特殊攻撃を発動できるため、育成用の素材稼ぎに向く。
育成用防具のセカンドスキル枠は激運やオーバーLVUP強化の優先度が高いため、覚醒効果を得るために覚醒サポート術を備えたアイルー防具との併用が前提となる。
幸い狩魂01弾以降ではレア度3のスピリッツネコシリーズが覚醒対応なので、超レア狙いはしなくて済む。
欠点は攻撃属性を得られないことによるハンターの火力低下だが、絆ブーストで補える範囲。

ただし狩魂02弾第1章の上位クエストは部位切断できる相手の麻痺耐性が高めなので、特殊攻撃の誘発がうまく機能しないことがある。
効果が薄いと思った場合は各種属性大剣への切り替えも検討したほうがいいだろう。

防具

フルセルタス改シリーズ(ゲネル・セルタス/PRカードのみ)

トモを仲間にする為におススメの装備。基本スキルが相手をトモにしやすくなる「魅了のフェロモン」。
本作はコインボーナスが失われた影響でトモ率が低いモンスターが輪をかけてトモになりにくくなった為、ある意味最重要要素である。
(一応全クエストクリア後に疑似的なコインボーナスが発生するようだが、言うまでもなく攻略には向かない)
インフレに取り残されがちな防御力ではあるが、絆ブーストで十分補える範囲である為採用時のトモは狩魂02弾で入手したトモ推奨。
現時点での入手方法がパーフェクトガイド付属のPRカード以外無いのが悩み。

オトモアイルー用装備

アイルー武器

ナルガネコ手裏剣

ぶんどりトレンドで素材稼ぎ向きの武器。
斬撃+無属性と汎用性が高く、部位切断にもそこそこ貢献できる。

アイルー防具

スピリッツネコシリーズ

ハンターの武器に覚醒効果を与える「覚醒サポート術」を備えた防具。
狩魂01弾ではレア度4以上の覚醒対応武器が増え、価値が向上したサポートスキルである。
性能的にはレウスネコシリーズの下位互換だが、比較的レア度が低く入手しやすいのが利点。

ナルガネコシリーズ

サポートスキルがぶんどりボーナスでレア素材を引く確率を上げる「ネコのぶんどり術【幸運】」。
成体化前のトモにレア素材を与えると大きくステータスが伸びるため育成に向く。
発動するとぶんどり時に「レア確定」の文字とともに普段とは違う金色の宝箱が表示される。
真価を発揮するにはぶんどりトレンドの武器との組み合わせが必須。
成体化後のオーバーレベルアップでは素材のレア度を上げるより数を稼いだほうが効果的なので、ハンターの暗夜剣【宵闇】で素材数を稼ぎやすい覚醒サポート術付きの防具や部位ダメージがアップするキリンネコシリーズに切り替えると良いだろう。

キリンネコシリーズ

アイルー攻撃の部位ダメージを強化する防具。
狩魂01弾では覚醒暗夜剣で部位切断するスタイルが主流だったため、育成最適枠からは外れていた。
しかし今回は上位クエストの部位切断対象モンスターに麻痺耐性の低いモンスターがいなくなったことや、翼の部位破壊が可能なライゼクスが登場したことで、通常攻撃での部位破壊の重要性が増したためこの防具の需要も復活。
ぶんどりトレンドの各種武器、特にナルガネコ手裏剣と組み合わせることができれば、オーバーレベルアップを強力にサポートしてくれるだろう。

トモ

リオレウス(イベント配布カード)

モンスターハンターストーリーズの店頭体験イベントで配布されている幼体最大金冠個体。
シリーズ最初期のモンスターなので現状のレア度4モンスターの中では弱い方ではあるものの、金冠ボーナスの恩恵もあり序盤~中盤の攻略に使う分には十分すぎるスペックを持つ。

イャンクック亜種

今回も序盤の火の通りが良い…と言うより火耐性を持つモンスターを探す方が難しい為、初期トモとしては最適解。
緊急★1がライゼクス・緊急★2がガムートである為緊急クエストで詰まる事もない。
とは言えやはり低レアトモである為中盤は厳しい。

リオレイア亜種

初登場時は参戦タイミングが妙に悪くすぐに乗り換えられがちだったが、今回は若干早めに登場する為活躍の場がある。
やはり火属性の通りの良さと毒・火やられのブーストが強力。

ナルガクルガ

前弾に引き続き今弾でもお勧めのトモ。
確率で発動する連続攻撃によって攻撃回数を稼ぎやすい。絆ブーストのフォローで終盤まで進めるだけのスペックも持つ。
今回は歴戦個体が上位までお預けなので通常個体でも十分活躍できる。
火と雷と言うメジャーな属性に弱い点には注意。今回雷属性使いは少ないが。

タマミツネ

とにかく泡による行動封じが何よりも強力。4ターン中1回行動を完全に封じるアドバンテージは大きい。
水属性は通りはいまいちなのだが、基本は泡頼りである為殆ど機能していない。
特殊攻撃やブレスなど水属性攻撃も一応あるので、ブラキディオスやディノバルド相手なら最適解であろう。
こちらも絆ブーストのお陰で最終戦までコイツ一択で突き進んでも問題ない。

ライゼクス

終盤の雷弱点オンパレード対策には最適となるモンスター。
今回雷属性使いのモンスターがフルフル亜種を除き一斉リストラされている為、雷属性使いは完全にコイツ一択。
雷属性だけでなく麻痺技も持つ(発生率は若干低め)為、過去弾で言うジンオウガのような運用が通用する。
特殊攻撃がLV1しかない為、速攻性も十分。
対ディノバルド系統が安定しない点に注意。

燼滅刃ディノバルド

今回もラスボスを務める狂炎の黒騎士。
ハンターの装備にもよるが、絆ブースト込みであれば余裕で総狩力200を超えるふざけた性能と火と爆破の二属性によるダメージブーストが強力。
但しやはり攻略用としての価値は現時点ではかなり薄い。ついでに敵対時の狩力も自重していない為トモにするのもかなり苦労する。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 モンスターハンタースピリッツ 攻略wiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。