• TOP>
  • 黒ずんだ板門店冷麺のナゾ/黒い平壌冷麺はどう準備されたのか?

黒ずんだ板門店冷麺のナゾ/黒い平壌冷麺はどう準備されたのか?

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

 板門店(パンムンジョム)ディナーに登場した「金正恩の平壌冷麵」をテレビで見た人たちは一様に驚き、首を傾げた。麵が真っ黒だったからだ。いや正確にいえば、濃い茶褐色でひどく黒ずんでいたのだ。黒々とした麵が金属製(真鍮)のドンブリに、赤いキムチや半切りのゆでタマゴをトッピングにして浮かんでいた 。正直いって、あれは実にまずそうだった。

 筆者も含め韓国人はみんな「平壌冷麵はあんなに黒ずんでいたっけ?」と思った。ソウルで食べる平壌冷麵はみんなもっと白い。いや、ソバを感じさせる淡いブラウンといおうか。しかし日本ソバよりは白っぽい。ただ、日本ソバと違って口当たりはツルツル、シコシコで、多くの場合、ハサミで切っていただく。

 以前、北朝鮮を紹介する画報や映像でみた平壌冷麵はもっと白かったように記憶する。韓国人もみんな同じような記憶だから、今回の黒ずんだ冷麵は意外だったのだ。「いつからああなったんだろう?」そして「なぜなんだ?」と。「金正恩ご直々の特別冷麵だからかしら?」「それにしてもあの色はまずそうだ……」と大いに疑惑(?)が広がった。

 この「金正恩の黒い平壌冷麵」のナゾ解きに入る前に、板門店ディナーに出された冷麵はどのようにして準備されたかを紹介しておく。

黒い平壌冷麺はどう準備されたのか?

 前述のように板門店は厳しい軍事区域だから、南北双方とも「平和の家」や「統一閣」などにはまともな厨房(ちゅうぼう)設備はない。今回の晩餐会も急ごしらえのキッチンで準備された。そんななかで金正恩は冷麵をいかに準備させたのか。端的にいって、あの冷麵はいったいどこでこね上げられたのか、だ。

 冷麵というのは麵を冷たくして食べるから冷麵なのであって、麵そのものとしては他の麵ととくに変わったところはない。基本はソバ粉で、それにつなぎとして各種の粉を混ぜて生地をつくる。混ぜる粉には小麦粉のほかジャガイモや緑豆、トウモロコシなど各種の粉(澱粉(でんぷん))があるが、ジャガイモの粉が最もよく使われるようだ。

 冷麵にツルツル感があるのはジャガイモの澱粉のせいで、その結果、麵が硬くなるのでハサミで切って食べるということになる。日本ソバと同じで、ソバ粉が多いとソバの香りがあって高級感が出るが、ソバ粉は原料として値が高い。そこで安モノ冷麵の店ほどジャガイモ澱粉の比率が高くなる。するとツルツル感が強く、コシが強くなって、時にかみ切るのに苦労することもある。

 ここで問題は、どうこね上げて細い麵にするかだ。板門店ディナーに関し最初に冷麵の話が出た時、すぐ頭に浮かんだことは「金正恩の冷麵はいったいどこで誰が打つのだろう?」という疑問だった。まさか200キロ近く離れた平壌から麵を運ばせるはずはない。

 そして、ついでに思ったことは「そういえば冷麵では手打ちは見たことがないなあ……」だった。「打つ」というのは麵棒などを使うから「打つ」なのだが、冷麵は粉をこねた後の生地を延ばして麵にする時、麵棒や手は使わないので「打つ」はないのだ。

 ではどうするか。大昔のことは知らないが、少なくとも今は北でも南でも、こねた麵の生地を、底に小さな穴がたくさんついた圧搾器に入れて、麵を押し出すというやり方になっている。押し出された麵を直接、ゆで(がま)に落として湯がき、それをすくって水洗いする。

冷麺には手打ちはない?

 つまり、冷麵は韓国(あるいは朝鮮半島)の伝統的な食であるにもかかわらず、人手でこねて、延ばして、細く切ってから湯がくという、いわゆる「手打ち」がないのだ。

 この「手打ち」については余談がある。実は、韓国では麵というと冷麵よりもむしろ「ジャジャン麵」や「カルグクス」の方が一般的で、店でのメニューもそちらの方が多い。「ジャジャン麵」は中華料理の、日本でいうところの「ジャージャー麵」がルーツだが、韓国で独自に発展し「国民食」の一つになっている。

 中華料理屋の売り上げの半分以上はこれだといわれており、人気が高いだけにあたりはずれが無い。韓国の中華料理屋では「ジャジャン麵」を注文しておけば無難といわれるほど定着しているが、この「ジャジャン麵」には「手打ち」があって、それを売り物にしている店もある。

 最初、中華料理屋でそれを発見した時、看板に「スタミョン」とハングルで書いてあって一瞬、戸惑った。和製漢字語の「手打」をハングルでは「スタ」というのだが、まさか韓国の中華料理屋に日本語の「手打」が使われているとは想像外だった。

 後に知ったことだが、もう一つの韓国風煮込みウドンの「カルグクス」にも「スタ(手打)」の店があった。「カルグクス」の「カル」は包丁や刀など刃物のことだから、この「カルグクス」というのは、もとは小麦粉をこねて延ばして切って麵にしていたというわけだ。

 したがって、「ジャジャン麵」や「カルグクス」に手打ちがあるのに、冷麵にそれがないのは実に不思議である。冷麵を押し出す圧搾器で、こねた麵の生地を押し込む穴のあいた部分は金属製になっているから、これはそんな大昔からの製法とは思えない。金属製の圧搾器が登場する前はどうだったんだろう、やはり麵切りを含む手打ちの麵ではなかったか、など疑問はふくらむのだが、この追究は後日にしたい。

取り寄せられた「製麺機」

 ここではとりあえず、現在は冷麵の手打ちはないことを確認したうえで、板門店で出された「金正恩の平壌冷麵」も、板門店の現場で手打ちしたものではなかったということを紹介しておきたい。

 結論的にいえば、韓国の大統領官邸の発表によると、北朝鮮側は平壌から「製麵機」を取り寄せ、板門店の北側施設である「統一閣」に持ち込んで麵を作ったというのだ。「製麵機」とは「圧搾器」のことである。

 以下はいささか日本人的な感覚になるが、金正恩がわざわざお国自慢(?)の「平壌冷麵」として、首脳会談のディナーに届けさせた麵は、平壌から現場に持ち込まれた「製麵機」つまり機械でつくられたものだったという事実に、筆者はどこかガッカリさせられたのだ。同じくソバを原料にした「日本ソバ」のイメージのせいだろうか、せっかくなら「手打ち冷麵」にしてほしかったよなあ……という思いを禁じえないのだ。

 もちろん冷麵に手打ちはないと分かっていながらの感慨であるから、これはあくまで「無いものねだり」である。

圧搾器以前の冷麺は?

「手打ち」へのこだわりついでに、先に指摘したように、「圧搾器」という機械化(?)以前の冷麵はいったいどうしていたのだろうか、について少し思いついたことを書いておく。

 韓国にはソバ料理として、普通の「冷麵」とは違って汁が入っていない「マッククス」というのがある。ソウルに近い北東の江原道(カンウオンド)春川(チュンチョン)の名物になっていて、汁抜きで赤い唐辛子ミソ(コチュジャン)をまぶして食べるソバである。ざるソバが唐辛子ミソ付きでドンブリに入って出てくるようなものと想像すればいい。

「ククス(あるいはグクス)」とは先に「カルグクス」のところでも登場したが、純韓国語で麵のことを意味する。「マッククス」もソバ粉を中心にした麵で、食った経験ではソバ粉の含有量が多いように感じられ、スープが無いこともあってどこか素朴で田舎風だ。

 この「マッククス」も冷麵と同じく、圧搾器で押し出して細い麵にしているが、老舗で伝統(!)を売り物にしている店では、木製の古い農機具風の圧搾器(穴のあいた押し込み部分だけが金属製)をわざわざ店頭に展示してある。

 で「マッククス」の「マッ」の意味が興味深い。これは純韓国語で「粗雑に」とか「手をかけず」「やたらに」といった意味がある。麵の場合、田舎の農家などでは自家用、自家製として、粉をこねて延ばし、それを簡単にちぎったり切ったりして、不ぞろいのまま湯がいて食べたわけで、そういう「素朴な麵」という意味で「マッククス」になったという。

 おそらく冷麵も、圧搾器が登場する前はそんな素朴な“切り口”の麵だったに違いない。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。