• TOP>
  • 誰も知らなかった独島エビ

誰も知らなかった独島エビ

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

本来は存在しない「独島エビ」

 結論的にいえば「独島エビ」という名前のエビは本来、存在しないことが分かった。それはそうだろう。もともとあったのなら、小生の耳に入っていないはずはない。

「独島エビ」とは、日本海の孤島・独島(日本の竹島)の近海で()れるエビを漁師や仲買人たちが通称としてそう呼んでいるだけで、本来はちゃんと別の名前があるというのだ。何のことはない。日本でいう「伊勢(いせ)エビ」や「越前(えちぜん)がに」のように広く知られた“ご当地性”もない、ごくごく内輪の業界の隠語みたいなものだった。

 しかし、それを探し出して首脳会談晩餐会メニュー用にもってこさせたのだから、この“執念”はやはりすごい!

メニューのエビは「桃花エビ」

 韓国メディアの追跡によると、独島(竹島)近海で獲れるエビ(韓国語ではセウ)には3種類あり、日本の甘エビにあたる「コッセウ(花エビ)」のほか、日本では何というのか分からない「タッセウ(鶏エビ)」と「トファセウ(桃花エビ)」の3種類。いずれも「独島セウ(エビ)」といっているのだそうだが、今回、ディナーに使われたのはこのうち「トファセウ」だという。

「トファセウ」は前掲の筆者秘蔵の『日韓魚名集』には出ていない。「トファ」の名前のついたタイやメバル、ハゼの系統は魚名集に出ているがエビは出ていない。したがって「トファセウ」はエビとしては市場に広く出回るような一般的なものではなく、ごく一部の地域で少量しか獲れないということだろう。

「トファ」の名前がついた他の魚は日本名ではみんな「アカ(赤)○○」となっているので、これは「桃花」のハングル音であろうと考え、筆者の勝手な翻訳ネームで「桃花エビ」とさせてもらった。

 新聞に出たカラー写真を見ると、やはり赤い色をしている。広げた大人の手のヒラからはみだしているほどだから、エビとしては結構大きく20センチ前後はある。「独島(竹島)」近海で獲れる3種類の「独島エビ」の中では最も大きく、色も鮮やかで(つや)があるという。

 漁獲量はきわめて少なく、「独島」のネーミングのせいもあって小売りでは1匹で3万ウォン(約3000円)もするとか。

 孤島の「独島」に最も近いのが90キロ離れた鬱陵島(ウルルンド)だが、漁師はそこから漁に出る。獲れたエビは鬱陵島から定期航路がある200キロ以上離れた本土の「浦項(ポハン)」に送られた後、ソウルなど各地に届けられるという。輸送だけでも経費がかさむ。値が高いはずだ。

 韓国メディアによると、首脳会談ディナーに出されたこの「独島エビ」は、ソウル近郊の水産物市場に「黒塗りの車」に乗ったネクタイ姿の男がやってきて、購入していったという。

「独島エビ」料理を手掛けたのは……

 青瓦台(大統領府)での文在寅・トランプ公式ディナーのメニューは、最後のデザートにチョコレート・ケーキなど洋風もあったが、基本は韓国料理だった。報道によると、青瓦台当局の要請でメニュー作りを総括したという有名店『コンドゥ』の女性経営者は「モダン韓国料理」の開拓者として知られるという。

 ちなみにこの店は、ソウル都心のソウル市庁前に位置する古宮・徳寿宮(トクスグン)裏のひっそりした路地にある。接待を含め官民それなりの筋がよく使う。古い伝統家屋の内部を改装し、一見、伝統美術館風で店の看板も出ていない。この店の風情が付加価値になっている。

 店で出てくる料理は、大皿に美しく盛られたシャレた現代風で、「韓国料理は真っ赤で激辛」と思っている“B級グルメ”好きは戸惑うかもしれないが、韓国料理も近年、工夫が進んでいるのだ。それに、金持ちなどそれなりの暮らしの家庭料理はもともと赤くない。「赤くて激辛」は大衆料理なのだ。なぜなら、赤辛くて塩辛ければそれだけで飯が食える。

 余談だが『コンドゥ』という店名の由来は、「コン」が韓国語の豆の意味で「ドゥ」も漢字の「豆」のハングル読みだから、「豆豆」である。これ、1度知ったら忘れられない?

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。