• TOP>
  • 政界重鎮はなぜイヌ鍋を好んだか/イヌ肉好きの金潤煥

政界重鎮はなぜイヌ鍋を好んだか/イヌ肉好きの金潤煥

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

 ここで本筋の食の話に戻る。筆者の“イヌ食い体験”のなかで唯一、店ではなく家庭で食ったというか食わされた話を紹介する。そしてこれが政治がらみなのだ。

イヌ肉好きの金潤煥(キムユンファン)

 韓国政界で「ポシンタン通」(ポシンタン=イヌ肉料理)として知られた大物政治家がいた。1970~1990年代に活躍し、側近として盧泰愚(ノテウ)金泳三(キムヨンサム)という2人の大統領を誕生させ、一時は「キングメーカー」といわれた金潤煥(キムユンファン)(1932~2003)のことである。新聞記者出身で「朝鮮日報」の東京特派員もやり、夫人は在日韓国人だった。政界きっての知日派として日本でも知られた。背が高くスマートで明朗快活、好男子で人気があった。

 その彼が意外にも無類のイヌ肉好きで、客をよく自宅に招いては“イヌ鍋”を食わせていた。イヌ肉好き男のイメージというのは、一般的には泥臭く脂ぎったオヤジ風で、スマートとはほど遠い。ところが金潤煥はその対極のような人物だったから、不思議だった。筆者も記者仲間と一緒に彼の自宅には2回連れていかれイヌ肉を食わされた。

 彼にいわせると、イヌ肉の調達は知り合いに電話すると持ってきてくれるのだという。料理は各種野菜とともに鍋で煮るのだが、店では臭み抜きのためだろうか、薬味を相当入れるが、金潤煥宅では薬味入りのタレで食ったように思う。そのせいだろうか、部屋(食堂)にはえもいわれぬ臭い(獣臭?)が漂っていた。

 彼自身が“鍋奉行”をやって食わせてくれた。夫人はあいさつに顔を見せただけだった。韓国では夫が客を食事に招いた場合、夫人は席を共にせず厨房(ちゅうぼう)に専念する場合が多い。とくに金潤煥は政治家だったからかそうだった。

イヌ肉は「体にいい」?

 当時は筆者も若くて仕事熱心だったから、イヌ鍋の味のことより彼が語ってくれる政治情報の方に関心があった。今思うと残念だが、鍋の方のことはよく覚えていない。

 金潤煥は自らのイヌ肉好きについて「体にいいから」みたいなことを言っていたように思うが、一般的にはイヌ肉好きの動機として強壮思想というか精力信仰があるのではないかというのが、筆者のかねての見立てである。というのはイヌを食う韓国の男たちには、いつもどこか「気分の高揚」が感じられるからだ。

 食う前から「食うぞ」という気合が入っているし、食った後は後で「食った、食った」といって周りに自慢したがる。決して黙ってはいない。だいたいあれは独りで食うものではない。もちろん鍋は韓国でもみんなで囲むものだが、とくにイヌ鍋はそんな感じがする。お互いイヌ肉をつつきながら気合を入れ合っているようにみえる。

イヌ食=ワイルド=パワー

 ではなぜ、イヌを食う時に気分の高揚を感じるのか。なぜ興奮するのかだが、強壮信仰からくる「事後への期待」がそうさせるという見方と同時に、イヌ肉食に対するワイルド感覚というか、野性の魅力みたいなものがあるからかもしれない。

 狩猟時代の大昔、狩りで得た獣を食することは、戦いにおける勝利に似た興奮をもたらした。その戦士である男にとっては男としての自己確認であり、この上ない快感だった。イヌ食はそのDNAを刺激するのではないか、というのが筆者の独断的仮説である。

 韓国男性の精力信仰は限りなく、ヘビ、カエル、タヌキ、キツネ、ノロ……あらゆる野生動物が時には不法に食され、取り締まりの当局とエンドレスのイタチごっこを続けている。あ、イタチも食われると聞いた。彼らにおいては野生であることが精力につながると信じられているのだ。

 金潤煥に戻る。外から見るかぎり、彼は政治家としても男としても不足するものはないいい男だった。イヌ肉食という精力・強壮信仰など必要はなかったはずだ。にもかかわらずイヌ食を好み、それも筆者をはじめ多くの客を自宅に招いては“イヌ鍋パーティ”をやっていた。そのナゾ(?)は何か。
 以下はあくまで筆者の勝手な想像であるが、あれはやはり金潤煥におけるイヌ食いの誇示ではなかったか。言い換えれば、政治家としてのパワー誇示である。イヌ食=ワイルド=パワー、というわけだ。韓国の政治家においてはことのほか、若さやパワーが求められる。権力に向けてはそれが不可欠と思われているのだ。

 日本通だった彼は、自らが目指す政治家像として往年の日本の政治家、三木武吉(みきぶきち)(1884~1956)のことをよくいっていた。このあたり実に古いのだが、舞台裏での政治的調整の名手として、戦後政治において保守合同を実現させ、今の自由民主党を作った人物として知られている。自らトップになるのではなく、トップを作ることに政治的魅力を感じていたということで、金潤煥とは共通点がある。

 それもやはりパワーがあってこそ、ということだったのだろうか。金潤煥は晩年の“タヌキ親父”のような風貌(ふうぼう)の三木武吉とはイメージ違いの男だが、1990年代初め、韓国政界をアッといわせた与野3党合併で金泳三大統領を誕生させたあたりは、三木武吉の政治人生にヒントを得てのことかもしれない。
 しかし彼は71歳で早死にした。イヌ食にもかかわらずだろうか、イヌ食の結果だろうか。膵臓(すいぞう)がんだったと記憶するが、最高の知日派として日韓関係のためにも実に残念な早死にだった。

 ただ、今の時代だとイヌ食い愛好家としてあれだけ知られたのでは、政治生命が危うくなったかもしれない。選挙では「伴侶犬」派による落選運動にさらされたに違いない。彼は「伴侶犬」の時代を見ずに逆に早死にしてよかったのかな?

ソウルで評判のイヌ肉料理屋を紹介

 最後に、好事家のために、やがて消滅するかもしれないイヌ肉料理屋のうち、ソウルで最も評判の高い、お気に入りの店を紹介しておく。ソウルで1番ということは韓国で1番ということだ。大統領官邸の裏山を越えた北の方で、北漢山(プッカンサン)(ふもと)になる「クギ(旧基)トンネル」の手前あたりに位置する『サリジプ』である。

※ 2019年3月9日発売時点の情報です

 この店は鍋の「ポシンタン」もいいが、スライスした肉とニラを重ねて蒸して食べる「スユク(熟肉)」がもっと美味い。スユクは牛やブタにもあって、韓国の肉料理の定番スタイルになっているが、湯がいて柔らかくなっているから「熟肉」という。イヌにもこれがあるのだ。

 筆者がお気に入りなのは味だけではない。店の屋号が素晴らしい。『サリジプ』というのは日本語でいえば「(はぎ)()」なのだ。「サリ」が萩で「ジプ」は家あるいは店を意味する。そして建物が伝統家屋の「韓屋(ハノク)」で、その生け垣が萩なのだ。実に風情がいい。いずれ消えてしまうかもしれないイヌ肉料理を「萩の家」でいただきながら、風前の灯火(ともしび)になった韓国の伝統文化をぜひ惜しんでいただきたい。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。