• TOP>
  • 味はそっちのけで政治的メッセージ/韓国・日本の「おもてなし」の違い

味はそっちのけで政治的メッセージ/韓国・日本の「おもてなし」の違い

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

 トランプ大統領の訪韓は日本訪問の後だった。韓国では1泊だったが、日本では2泊したので首脳ディナーは2回あった。到着した初日は安倍首相とゴルフをし、昼食はゴルフ場のクラブハウスで米国産牛肉を使ったハンバーガーだった。

 彼は肉好きで知られる。そこで日本側は肉尽くし作戦に出た。初日はランチのハンバーガーに続いて夜のディナーも、銀座(ぎんざ)の鉄板焼き店で和牛ステーキのコースを供した。鉄板焼きステーキは、歴史的ルーツを探れば、日本人が米国で流行(はや)らせた日米フュージョンの“日本料理”である。

日本もエビで「おもてなし」

 2日目のディナーは各界の要人も招いて迎賓館で催された。メニューは前菜やデザートを除けば「マツタケの茶碗(ちゃわん)蒸し」「伊勢エビのサラダ」「佐賀牛ステーキ」「五目ご飯」というラインアップだったが、ん?

 以上は「独島エビ事件」の前のことだが、実は日本でもエビが出ていたのだ。とすると首相官邸あるいは外務省あたりでは、「伊勢エビ」ではなく「竹島エビ」を考えなかったのかしら? いや、あの島は韓国が実力支配しているので日本漁船は近付けなくなっているから、出したくても獲ってこれなかったか。

韓国・日本の「おもてなし」の違い

 トランプ訪日に際して、首相官邸など日本当局が歓迎ディナーのメニューにことさら政治的メッセージを込めた風はなかった。あえていえば、初日のランチで米国産牛を使った米国風ハンバーガーに、対米貿易配慮があったかもしれない。あるいは米国産牛と比較、対抗して、佐賀牛など和牛の味をアピールしようとしたか。

 だったとしても、それはあくまで相手の気分をよくしようとする気配りである。それが日本人にとってはもてなしである。そこには韓国における「独島エビ」などという、押し付けがましい政治的ジコチュウ発想はない。

 東京で大好きなステーキをたっぷり供されたトランプは、その後、ソウルに行って「独島エビと慰安婦」というきわめて政治的な食のもてなしを受けたことになる。日本では飯は口(舌)で食ったのだが、韓国では頭で食わされたかたちだ。トランプにとってこの“韓国流おもてなし”はどんな味わいだったのだろうか。普通こういう場合は「飯を食った気がしなかった」となるのだが。

 韓国文化論でいえば、韓国のこうした食の風景も、彼らが自らについてよくいう「多情さ」の一面だろうか。この「多情さ」は「あふれんばかりの情」のことだが、韓国人の人間関係における大いなる美点であると同時に、彼らは時に相手の都合などおかまいなしに「これでもか、これでもか」と自らの気持ち(情)を押し付ける。

 したがって日本人は食を勧める時にはよく「まずいものですが」とか「お口に合いますかどうか」というが、韓国人は「これは美味(おい)しいものです」とか「美味しいでしょう?」という。

 文在寅大統領はトランプ大統領に「独島エビ」を食わせながら「独島をよろしく、日本のいうことを聞いてはいけませんよ、分かりましたね!」と、味はそっちのけ(?)でしきりに政治的メッセージを押し付けたのである。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。