• TOP>
  • 反日メニューの舞台裏/独島エビの真相を聞いてみた

反日メニューの舞台裏/独島エビの真相を聞いてみた

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

独島エビの真相を聞いてみた

 米韓首脳会談の晩餐会メニューは「韓洋フュージョン料理」だったのだが、メインディッシュは韓国風のお盆で出された(懐石風?)。お盆には「カルビ焼き」や「マツタケ入り釡飯(かまめし)」などとともに、「独島エビ」を使った「チャプチェ(雑菜=はるさめと野菜、肉などの(いた)め物)」がのっていた。

 この時のディナーに同席したさる高官に後日、「独島エビ」の味はいかがだったか聞いてみたところ「いや、どこにそんなエビがあったのかよく分からなかった」ととぼけて(?)いたが、「チャプチェ」に紛れ込ませていたわけだから、あながちウソをいっているわけではなかったのかもしれない。

 さらに後日、晩餐会メニューのコンセプトを考えた『コンドゥ』の女性オーナーに直接、話を聞く機会があった。『コンドゥ』で会食があった際、わざわざテーブルに彼女を呼んでもらい、あいさつがてら「独島エビ」の真相(?)を究明したのだ。

 そこで分かったことは、先の高官の話に通じるもので、ディナーに出されたのはエビそのものではなく、「チャプチェ(雑菜)」のなかの具の1つとしてエビの身が入っていたに過ぎないというのだ。

「エビの姿はないのだから、チャプチェにエビが入っていることが分からなかった人もいたかもしれませんね」というので、当時の新聞報道では殻付きのエビの写真が出ていたことを思い出し「マスコミが伝えた写真にはエビの姿が出ていたじゃないですか」とさらに追及した。

 その答えは「いや、あの写真は青瓦台(大統領府)が事前に報道陣にディナーのことを説明した際、料理とともに使用される食材を一緒に紹介したもので、ディナーで実際に出されたお盆の様子そのものじゃないですよ」というのだった。

 なるほど、ディナーではエビの姿はなかったのだ。とするとトランプだってことさらエビを食った気はしなかったかもしれない。ましてや「独島エビ」のネーミングのことなど……。

 そこであらためて「しかしなぜわざわざ“独島エビ”が出たのか?」という疑問がわく。これについて彼女はこういった。

「トランプがロブスター好きという事前情報があったのでそれを食材に使おうと構想したのは事実で、その結果、国産エビのなかで比較的大きな“桃花エビ”を使うことになったのです。それを“独島エビ”として発表し強調したのは青瓦台で、私にはそんな考えはまったくなかったのに……」

 以上があえていう“反日謀略”としての「独島エビ」事件の顚末(てんまつ)だが、青瓦台当局の日本に対する嫌がらせ的快感(?)はともかくとして、肝心のトランプつまり米国に対する外交的なアピール効果は果たしてあったのだろうか。

韓国より日本で話題になった独島エビ

 見ようによってはたかがエビの話だったにもかかわらず、「米韓首脳晩餐会に独島エビが登場!」というニュースは当然、日本を刺激した。

「独島エビ」こと「桃花エビ」のことは「チャプチェ(雑菜)」に紛れ込んでいるのだから、黙っていれば誰も知らないことだった。それを韓国当局が事前に独島、独島……とPRしたのだから当然、ニュースになる。いや、ニュースになることを計算してのことだったのだろう。その証拠に、料理には見当たらない殻付きの“エビの全体像”まで写真にしてマスコミに紹介、提供し「独島エビ」を強調している。

 しかし「独島エビ事件」は韓国より日本の方でより大きな話題になったといっていい。韓国においてはこの種の“日本挑発”は日常茶飯事とはいえ、米韓首脳ディナーに「独島エビ」まで動員(!)するという反日パフォーマンスには、日本世論も「そこまでやるか!」と驚愕(きょうがく)したからだ。

 いわば「子供だまし」みたいなことを国家的次元でやっているのだから、驚きかつ面白くないわけがない。日本のメディアでは韓国を皮肉るにはもってこいのネタだ。とくにテレビのニュースショーなど、大いに盛り上がった。

独島は韓国人にとって愛国のシンボル

 ただ「独島」は韓国人にとっては最大の愛国シンボルなので、その政治的、社会的利用はいつものことである。国民は「独島はわれわれのもの」といい(そんな題名の大衆歌謡さえある)、日本の主張に反対するだけで愛国者になれるし、政治家や諸団体にとっては島に渡ってバンザイを叫べば、必ずマスコミに紹介され愛国者にしてもらえる。

 現代韓国における「独島シンドローム(症候群)」を語れば限りないが、そもそもあの岩山の孤島には浜辺はない。そこで無理やり設置した船着き場(埠頭(ふとう))では、ファッションショーからコンサート、伝統舞踊、バスケットボールなどあらゆるイベントが行われ、宗教的ともいえる“愛国体験”にひたれるようになっている。

 ついでにいえば、日本と長年、外交紛争になってきた竹島、韓国でいう「独島」に、民間人がしょっちゅう行けるという大衆化、観光化がはじまったのは、文在寅大統領の師匠にあたる盧武鉉政権(2003~2008年)以降のことである。それ以降、独島熱気は高まることになった。
 慰安婦像問題も旭日旗(きょくじつき)問題もそうだが、韓国におけるこの種の“反日・愛国パフォーマンス”は昔からあったものでは決してない。日本支配を経験したことがない、過去を知らない世代が多数を占めるようになった近年の現象なのだ。このことは稿をあらため別途分析、展開したいと思っている。

「独島」をめぐる韓国の日常はそんな感じなので、今回の「独島エビ事件」も韓国人にとってはことさらのものではなかった。一過性の話題に過ぎなかったのだが、逆に日本では相当に刺激を受け盛り上がった。

度が過ぎた外交悪ふざけ

 しかし、日本サイドのこの感情的盛り上がりは、結果的には日本が韓国側の策略にまんまと乗せられたことになるかもしれない。

 この1件について日本政府はその後、ベトナムで開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の際、河野太郎(こうのたろう)外相が韓国外相に対し抗議を表明し、さらに菅義偉(すがよしひで)官房長官も会見で「日米韓の対北協調に悪影響を与えるようなことをしては困る」などとクギを刺し、加えて在ソウル日本大使館経由で韓国政府に公式に抗議を伝達している。

 つまり日本政府は「独島エビ事件」を外交問題にしたのだが、これに対し韓国外務省は「国賓晩餐のメニューは諸般の要素を総合的に勘案して決定したもので、それに問題提起するのは適切ではない」と居直った。これを受けて韓国メディアにはさっそく「日本は他国の首脳会談晩餐会メニューにまでいちゃもんをつけるのか」と題する社説が登場している(2017年11月10日付、東亜日報(トンアイルボ))。

 国際的常識無視のこうした論調は、「悪いのはいつも日本」というお馴染(なじ)みのジコチュウだが、韓国のメディアには、日本の政府当局者が「韓国の外交的センスを疑う」と語ったという話も紹介されていた。そこであえてセンスという観点からいえば、日本政府の抗議にもセンスが欲しかった。

 日本政府の抗議はあまりにまともすぎて面白くもおかしくもなく、型どおりの反発だけでさして話題にならず、記憶にも残らない対応だったからだ。あれは国際的、外交的には「姑息(こそく)で度が過ぎた悪ふざけ」の類なのだから、皮肉混じりで嫌味たっぷりのユーモアで対応できなかったのだろうか。そうした方が国際的にははるかに関心と共感を呼んだだろうに。

 どういうことかというと、まず「独島エビ」などというのは前述のように、韓国国民のほとんどが知らない、いわばデッチ上げみたいなエビである。そこでたとえば抗議に際し「国際的には通用しない名前のエビまで登場させた悪ふざけのような外交的挑発」と皮肉るとか。

 いや、これでもまだ真面目すぎるかもしれない。そこでこう皮肉るのもいい。「竹島は韓国では自然保護区域になっていて法的に“天然記念物”に指定されているようだが、その近海に生息するエビも当然、天然記念物であるに違いない。タダでさえ漁獲量の少ない貴重なエビを獲って食うというのは、自然保護に反するのではないか。これを機会にあの島およびその自然を日韓共同で“ユネスコ世界自然遺産”に登録することを提案したい」

 この最後のところのユネスコうんぬんは、筆者のかねての主張である(拙著『韓国 反日感情の正体』 角川新書、参照)。韓国による警備隊常駐や観光地化などで島の自然が破壊され、満身創痍(まんしんそうい)になっている実力支配(実効支配ではない!)の矛盾した実態を、内外にアピールする絶好のテーマだと思っている。

韓国に乗せられてしまった日本

 今回、これくらいのユーモアというか逆襲をかませなかったものか。
 実は文在寅政権の政治的演出好きには定評がある。後の章で触れるが、朴槿恵(パククネ)・前大統領が会食嫌いでもっぱら“独り飯”を好むなど閉鎖的な政権運営で評判が悪かったことを念頭に置き、それとの差別化を狙って大衆受けのする演出が頻繁に展開されてきた。

 政権スタート直後には、ワイシャツ姿の文在寅氏が腕まくりし、紙コップのコーヒーを手に大統領官邸の庭を秘書官たちと談笑しながら散策するシーンが公開され、話題になっている。

 その後も大統領への親しみ感や大衆性を世論にアピールしようとする演出が目立ち、保守派など批判勢力はへきえきしているが、「独島エビ」もそうした大衆受けのするポピュリズム演出の一環だった。

 その意味では国内向けの愛国パフォーマンスだったといってもいいのだが、日本政府が過剰反応(?)することで外交問題化し、それは当然、米国サイドにも伝わったに違いない。青瓦台の演出者としては計算通り「わが国の独島への愛情と関心(執着)をトランプに大いにアピールできた」と、ほくそ笑んだだろう。

 筆者があえて「日本は韓国に乗せられた」という理由である。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。