• TOP>
  • 伝統のイヌ肉文化が内部崩壊へ/ペットブームがもたらしたイヌ肉食文化の崩壊

伝統のイヌ肉文化が内部崩壊へ/ペットブームがもたらしたイヌ肉食文化の崩壊

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

ソウル首都圏最大のイヌ肉市場の消滅

 2018年末の最新ニュースによると、ソウル首都圏で最大のイヌ肉市場になっていたソウル近郊の城南(ソンナム)市の「モラン市場」から、ついに“イヌ肉コーナー”が消えることになったという。これは首都圏でイヌ肉の大規模な供給ルートが無くなるということで、イヌ肉料理店やイヌ肉ファンにとっては一大事である。

 またソウル中心部の光化門周辺で、これまで唯一、残っていた「50年伝統」を誇っていたイヌ肉料理「ポシンタン(補身湯)」の専門店『伝統屋』も今年、ついに店仕舞いしてしまった。筆者にとっては行きつけというか、好奇心の強い日本のお客さん向け接待用の店だったから残念である。これでソウル都心のビジネス街から、気軽(?)にイヌ肉を食える店はなくなったことになる。

 外国人が韓国人の食を語ろうとする時、とくに日本人においてはそうだが、キムチとポシンタンは欠かせないメニューだった。この両者はそのままイコール韓国および韓国人のイメージでもあった。キムチについては後章でも取り上げるが、ポシンタンの方は今や衰退の一途をたどっているようだ。

ペットブームがもたらしたイヌ肉食文化の崩壊

 しかもそれは、これまでのような「野蛮なイヌ肉食いはやめろ!」という国際社会からのバッシングという“外圧”ではなく、韓国国内の声に押された結果なのだ。1988年のソウル五輪、2002年のサッカーW杯など数多くの国際イベントに際し、世界中の動物保護団体や動物愛好家によるイベントボイコットという、度重なる脅迫にも耐え忍んできた韓国のイヌ肉文化が、内部崩壊の危機に(ひん)しているのだ。

 筆者は必ずしもイヌ肉愛好家ではない。しかし“外圧”には反対で、韓国に同情してきた。伝統文化保護の観点からだ。動物保護より文化保護である。
 そこで筆者はこれまで、イヌ問題で激しい外圧と脅迫にさらされている韓国に対し、同じようにクジラ問題で国際社会の非難にさらされている日本として、連帯のエールを送るとともに“共闘”を呼びかけたこともある。なのにその伝統文化が、内部的に危機だというのだ。

 その危機(?)をもたらしている内部の声というか「内圧」とは何か。端的にいえば急激なペットブームである。

 ペット愛好家が急増することで、イヌ肉食に対する嫌悪、憎悪が急速に拡大しているのだ。伝統的食文化を圧倒するまでになった韓国のペットブームが、今どこまで来ているのか、それを象徴する話を以下で紹介する。

韓国ではペットは「伴侶」

 韓国ではこれまでペットのことを「愛玩(あいがん)動物」といってきた。辞書にもそう出ている。韓国語では「エワンドンムル」である。おそらく和製漢字語だろうが、漢字文化圏としては格調のある言葉である。したがってペットのイヌの場合は「愛玩犬」で「エワンギョン」といってきた。イヌはキョンあるいはギョンという。

 ところがこの「愛玩動物」や「愛玩犬」というこれまでの表現が「差別語だ!」として排斥され、アッという間に韓国社会から消えてしまったのだ。この言葉を差別語だといって、メディアをはじめ社会全体を否定、排斥の方向に動かしたのは愛犬家たち、つまりペットブームだった。

 なぜあれが差別語なのか?
 問題は「愛玩(エワン)」だ。愛玩とは、日本の『広辞苑』によると「もてあそび楽しむこと」とあり、「玩具」という言葉も存在する。つまり「愛玩」とは「おもちゃのようにかわいがる」ということで、そこには動物を所有物のように物としてあつかう、人間の身勝手な利己主義が表れている、これは動物に対する冒瀆(ぼうとく)だというのだ。

 韓国ではさすがに犬の権利(?)つまり「犬権」という言葉はまだ登場していないが、すでに「動物福祉」という言葉があって、市民権を得てマスコミではしょっちゅう使われている。

 動物あるいはペットは“物”ではないとすると、では何なんだ。どういえばいいのか。韓国では今、愛玩動物つまりペットのことを「伴侶(はんりょ)動物」といい、ペットのイヌ(愛玩犬)のことは「伴侶犬」といっているのだ。
「伴侶」は韓国語では「パルリョ」と発音するが、一方で同じ韓国語音「パルリョ」がつく「返上」「返却」とか「差し戻す」といった意味の単語がある。そこで当初、テレビのニュースなどで「パルリョ動物(ドンムル)」というので、何げなく捨てイヌなどいわゆる遺棄動物のことかな、と思っていたが、そのうちペットのことと分かって、驚き感動(?)した。

「伴侶」とはもともと人間同士にいうものだ。日本では気の利いた(?)夫婦などがお互い相手のことを「つれあい」というが、伴侶とはまさにそんなイメージの言葉である。それをペットにもってきたのだ。

 そして「パルリョドンムル」「パルリョギョン」はたちまち韓国社会を席捲(せっけん)し、誰も何も文句や不満、不平をいわず、気がついてみるとみんないつの間にかそういうようになってしまっていた。韓国のペットブームもここまできたか!

 それがわっと広がって、たちまちネーミングまで変えてしまうという発想が「いかにも原理(哲学)好きの韓国人らしいなあ」と感じ入ったしだいである。

 ペットも今や家族と同様の存在になっているので「伴侶」というわけだ。なるほど人間にとってそれは物のように扱われる存在ではなく、つまり所有物ではなくて、対等なパートナーだというのだ。愛玩だと人間の一方的な感情の対象にすぎないが、伴侶となるとお互いが相手を尊重し合う水平的な関係ということになる。

「伴侶」は英語では「パートナー」である。ペットを意味する「愛玩」がダメでこれからは「伴侶」だとすると、ペットもみんなパートナーに変えなければならない。「ペットショップ」は「パートナーショップ」に、「ペットフード」は「パートナーフード」に……。

 ところがこちらはそのままというから、いささか肩に力が入った感じの「愛玩から伴侶へ」という哲学的意味合いも、どこかほほえましくなってくる。
 しかしいずれにしろ「伴侶」を食うわけにはいかない。ましてや「韓国人はパートナーを食っている」などといわれてはますます国際社会に顔向けできない。

 したがってイヌが「伴侶」になることによって当然、イヌ肉への拒否感は広がる。そして「伴侶」のイヌとともに暮らしている人間にとっては、イヌ肉は限りなくおぞましいものであり、ましてやそれを食う人間などは憎悪してあまりある。もはやイヌ肉料理の“立つ瀬”はなくなったのだ。

イヌ肉料理にまつわる2つの誤解

韓国のイヌ肉は食用のために飼育されたイヌ

 ここで1つ、韓国社会のイヌ肉食文化のために弁明しておきたいことがある。国際社会にはある誤解があるからだ。

 というのは、イヌ肉料理に供されるイヌは決してペットではないということだ。基本的には食用のために飼育されたものであって、所によっては「イヌ牧場」などというのもあるくらいだ。ペット(パートナー)ではなくあくまで食用犬を食しているのだ。

 しかしすべての物事には必ず例外がある。時に悪徳業者がいて、捨てられ野良イヌ化した“元ペット”を集めて食用のため流通させていたなどという、テレビの告発番組を見たことはある。遺棄されたペットには病んだのが多い。そこをテレビは厳しく告発していたのだが、あれを見せられるともうイヌ肉など食う気はしない。

韓国政府はイヌを食用家畜として認めていない

 イヌ肉に関するもう1つの誤解も解いておきたい。

 韓国政府は今なお、イヌを食用の家畜として法律的には認めていないのだ。イヌ肉は食肉と認定されていないため、正式の食肉としては流通していない。したがって街の精肉店では売られていないし、スーパーやデパートの食品売り場にもない。

 つまりイヌ肉は牛肉やブタ肉のようにどこででも売っていて、家庭で日常的に食されているわけではない。あくまで特殊な料理であって、専門店でだけ食することができるのだ。だから韓国人でも食べたことがない人は多いし、とくに女性はほとんど食べない。

 イヌ肉はそれを取り締まる法律が無いため、いわば黙認状態で流通しているというわけだが、先に紹介したように“市場閉鎖”ということになれば自然消滅へ向かわざるをえない。それでも当然、好事家(こうずか)は存在し続けるから、イヌ肉食が完全に無くなるということはないだろうが。

 ここまで紹介してきた“イヌ食事情”でも明らかなように、韓国ではイヌが食用に供されてきた歴史があるため、イヌは虐待されてきたような印象がある。食用ということでは、好まれ、愛されてきたということもできるが、それは「伴侶」とか可愛いイメージでは決してない。

 韓国のイヌには食われるイメージ以外に何があったかな? と考えていてハタと思いついたことがある。ところがそれも「伴侶」とはほど遠い、悪の代名詞みたいなものだ。韓国人の日常生活においてイヌはどのような存在として登場するのか、これが実に(ひど)い話なのだ。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。