• TOP>
  • ソウルの平壌冷麺にお客殺到

ソウルの平壌冷麺にお客殺到

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

金正恩がもたらした平壌冷麵ブーム

 南北和解のイメージ作戦は文在寅との二人三脚だったが、金正恩が叔父(おじ)張成沢(チャンソンテク))を粛清し、異母兄(金正男(キムジョンナム))を毒殺した「残忍な独裁者」という過去など、もはや韓国マスコミでは忘れられてしまった。金正恩イメージは今や「いい人」に大逆転してしまった。

 そんななかで、金正恩の板門店ディナーへの冷麵持ち込みは、好意的にもてはやされ、韓国では時ならぬ〝平壌冷麵ブーム〟さえ起きた。板門店(パンムンジョム)ディナーの後、翌日から韓国(ソウル)の冷麵屋、とくに「平壌冷麵」が看板の店にはお客が殺到した。

 冷麵は前述のように「別腹」論はあるものの、食事時では普通、昼飯として軽く食べる場合が多い。そこで筆者は「冷麵屋にお客殺到!」のニュースを聞いた翌々日のランチタイムにソウル中心街の老舗(しにせ)の平壌冷麵屋に出かけてみたところ、確かに長蛇の列である。

 午後1時は過ぎていたのに、まだ50人以上はいただろうか。「こりゃ、アカンわ……」と別の店で別のものを食って帰った。
 それでもこの際、一応、食ってみないと落ち着かない。そこであらためて夕食時に別の店に出かけたところ、ここでも長い列ができていた。その老舗は焼き肉店も兼ねていて、夜はだいたい焼き肉の後に冷麵となる。とすると客はみんな(なが)(ちり)になるはずだから、待てない。ここでもあきらめた。

 その後も「殺到!」のニュースは続いていて、店では1日に600杯も700杯も出ているなどと伝え、マスコミはこの時とばかり「平壌冷麵特集」であれこれ薀蓄(うんちく)を傾けていた。おかげであらためて冷麵の歴史や由来、製法、美味(おい)しい食べ方、美味しい店など……各種情報に接することができたのだが、となるとこの時期、ますます食べたくなる。

平壌冷麵の有名店『乙密台』

「板門店ディナー」は4月27日で、それからひと月ほど経った5月中ごろだったか、中心街ではない、自宅からバスで3停留所ほどで、ちょっとはずれの老舗を思い出して出かけた。『乙密台(ウルミルテ)』という平壌の地名を看板にした、平壌冷麵の代表格として必ず名前が挙がる店だ。
 万全を期して午後1時過ぎに出かけたのだが、それでもまだ店の外でも5人が並んでいた。冷麵だけの専門店だから回転は速い。路上でしばし並んで冷麵にありつけたのだが、なんということはない、1人で出かけたせいか、黙々と麵をすすっただけで、さしたる感慨もなく引き揚げた。

 ああいう「時の話題」の場合はだいたい、何人かで連れ立って出かけ、板門店ディナーやマスコミ提供の冷麵情報をああでもない、こうでもないと、ワーワーいいながら食するのがいいようだ。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。