• TOP>
  • たかが冷麺されど冷麺/金正恩のパフォーマンス

たかが冷麺されど冷麺/金正恩のパフォーマンス

nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

異彩を放った「冷麺」

 金正恩(キムジョンウン)文在寅(ムンジェイン)の「板門店(パンムンジョム)ディナー」は、南北和解の政治的パフォーマンスとして異例かつ出色だった。韓国側はこの際とばかり、凝りに凝った〝北朝鮮ヨイショ〟のメニューを披露した。大いなる自己満足(?)ではあったが、その華麗なメニューの中にまったく不似合いな「冷麵(ネンミヨン)」が登場し、耳目を集めた。日本でいえば、宮中晩餐(ばんさん)会のコース料理にラーメンか讃岐(さぬき)ウドンが登場したようなものである。

 問題の冷麵は、実は金正恩が平壌からわざわざ取り寄せたものだった。首脳会談の晩餐会に、よばれた客が自分で料理を持ち込むとは?

 ところで韓国人は「冷麵は別腹」とよくいう。いくら他の料理を食っても冷麵はお腹に入るというのだ。冷たくて口当たりがいいからだろうか。カロリーもそれほど高くない。それにしても、今回の板門店ディナーは異例の場所だったにもかかわらず、メニューはアルコールから「お茶」まで含めて計10品にのぼった。結構な数だった。

 小じゃれたビビンバもあれば焼き肉も出た。順番でいえば、洋風の前菜「タコの冷菜」から始まり、(いた)め物、焼き物、蒸し物など4品の後、ビビンバ、焼き肉ときて冷麵となり、その後がデザートだった。「焼き肉の後は冷麵」という韓国グルメの定石ではあったが、例の金属製(真鍮(しんちゅう)?)のドンブリで出てきた「金正恩の冷麵」はさすがに異彩を放った。

 首脳会談は丁々発止の政治的戦場である。ディナーもまた虚々実々の綱引きの場だ。前章で紹介したように、文在寅はへつらいに近い〝親北食材〟で金正恩の歓心を買おうとしたのだが、金正恩としては調子に乗った文在寅に「平壌冷麵」で一矢を報いようとしたのかな? あるいはいつも突っ張ってばかりの自尊心の国、北朝鮮の金正恩としては「出された飯を食っているだけでは沽券(こけん)にかかわる」と思ったのだろうか。

 きわめて政治的な首脳会談の晩餐に、客の方から料理を持ち込むなどというのは異例中の異例である。場合によっては外交的欠礼として、ケンカ別れのネタにもなりかねない。

金正恩のパフォーマンス

 ただ当時、韓国の大統領官邸の説明によると、冷麵は最初、文在寅の発想で持ちかけたもので、これを金正恩が快くOKして実現したという。板門店という異例の現場での異例の晩餐会だったこともあって、格式は抜きとなったようだ。

 金正恩は、作るのが面倒なあの冷麵を、文在寅に請われたとはいえよく取り寄せをOKしたものだ。若き独裁者として〝太っ腹〟を誇示したい金正恩としては、渡りにフネとばかり「破格のディナー」を演出してみせたということになろうか。

 まだ30代半ばで世襲3代目の金正恩は、先代と違っていまだ「偉大な指導者」としてカリスマ不足は否めない。このままでは権力維持に必須(ひっす)の国民の忠誠心確保に支障が生じかねない。その突破策が、神格化されている〝創業者〟の祖父・金日成の姿かたち、声色、身のこなし、ヘアスタイル、ファッション……すべてで「ソックリさん」になることであり、もう1つが指導力や決断力を誇示する「破格のパフォーマンス」である。

 過去、先代の誰もやらなかった、いや、やれなかった軍事的最前線である板門店での首脳会談自体が、その絶好の〝破格の舞台〟だった。それに加え、ごく大衆的な冷麵の登場だから、南 ― 韓国のメディアをはじめ世論は大いに喜ぶはずと計算したに違いない。

 金正恩としては破格ぶりを演出することで、韓国をはじめ外部世界での自らおよび北朝鮮に対するこれまでの否定的イメージを払拭(ふっしょく)したかったわけだが、韓国ではその作戦は想定通り(?)大いに効果を発揮した。大衆的な冷麵持ち込みを含め「正直で話せる指導者」「ざっくばらんで太っ腹だ」「若いのによくやっている」……などと肯定的イメージが広がった。

試し読みページ一覧

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。