nowprinting

著者:黒田勝弘

1941年、大阪生まれ。1964年、京都大学経済学部を卒業後、共同通信社に入社。1978年、韓国・延世大学留学後、共同通信ソウル支局長に。1989~2011年、産経新聞ソウル支局長兼論説委員。1992年、ボーン・上田記念国際記者賞、2005年には菊池寛賞および日本記者クラブ賞を受賞。現在、産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『韓国 反日感情の正体』(角川ワンテーマ21)、『韓国人の歴史観』(文春新書)、ほか多数。共著に『金正恩の北朝鮮 独裁の深層』(角川ワンテーマ21)など。在韓40年。

本サイトは黒田勝弘氏による著書「韓めし政治学」の内容を、著者及び株式会社KADOKAWAより許諾を得て一部掲載しています。お買い求めは上記リンクが便利です。
※ 図版・テキストのレイアウト・表現など、本書と本サイトの内容は一部異なる場合があります。

韓めし政治学
黒田勝弘


韓国でのあいさつは、「アショハセヨ」ではなく「メシ食ったか?」

政治的激動をともなう大陸の歴史ゆえか、韓国では「まず飯を食う」が徹底しており、文化や社会生活のみならず、政治にも大きな影響を与えてきた。在韓40年の日本人記者が、半島政治を食を通して読みとく。

朝鮮半島の政治は食と切り離せない

(から)めし政治学 ― はじめに

キムチは赤くなかった?

 韓国の食を代表するイメージはキムチに象徴される唐辛子の〝赤〟である。したがって日本人をはじめ外国人は「韓国の料理は赤くて辛い」という印象を持っている。しかし意外なことにこの唐辛子は、十六世紀に日本の豊臣秀吉(とよとみひでよし)の朝鮮出兵の際に「日本からもたらされた」というのが韓国では定説になっている。したがってそれ以前のキムチや料理は赤くなかったのである。

 ところが韓国では秀吉というと「悪い日本人」の代表選手で、反日感情の原点みたいになっている。そんな憎っくき日本からもたらされた唐辛子が、韓国人の食にとってはなくてはならないものになり、韓国の食を代表するイメージになっているのだ。反日をいうならそんな歴史を持つ赤いキムチは拒否してもよかろうに。秀吉は憎いが唐辛子に罪はない?

 日本だけではない。米国についても似たような話がある。韓国の大衆料理「ブデチゲ」にかかわるできごとだ。これは日本語に直訳すれば「部隊(なべ)」だが、朝鮮戦争後、韓国に駐屯するようになった米軍基地から出る残飯を集めた煮込み鍋がそのルーツだ、とする有力な説がある。

 この歴史的背景は、韓国人にとってはそれこそ民族的自尊心にかかわるイヤな話である。そこでその負のイメージを脱するため、せめて「ブデ(部隊)」という名前を無くし別の名称に変えようという動きがあったのだが、失敗に終わった。1990年代以降のいわゆる民主化で左翼・革新政権が相次いで誕生し、社会的に反米感情も公然化しているにもかかわらず、忌まわしい(?)はずの「ブデチゲ」の人気はまったく変わりがない。

 この地の反日、反米感情はいったいどうなっているのか。いや、彼らがよくいう民族的自尊心というのは何なんだ?

 筆者が関係した〝食の事件〟では「ビビンバ騒動」が忘れられない。李明博(イミヨンバク)政権下での「韓国料理世界化キャンペーン」に際し、ビビンバにかかわる私的意見をコラムで書いたところ、「韓国食文化への冒瀆(ぼうとく)」「妄言」として非難の嵐が巻き起こったのだ。

 詳細は本文を読んでいただくとして、事務所には非難と脅迫の電話が殺到し警察のパトロールまでついた。それはまるで「ビビンバ・テロ」の脅威だったが、一方で反日愛国運動の学生たちはわざわざ事務所前の路上に屋台を出し、これみよがしにビビンバを作ってみせる「ビビンバ愛」のパフォーマンスもやっていた。

 たかがビビンバでこの騒ぎはなぜなんだ?

きっかけは独島エビ

 本書を書こうと思ったきっかけは、トランプ大統領を迎えた米韓首脳会談の公式ディナーで「独島(トクト)エビ」が登場したことだった。日本との問題を米大統領にアピールしようという文在寅(ムンジェイン)大統領の〝告げ口外交〟だったが、それにしても「あんな食材をよく探してきたものだ!」という、その政治的執念には驚きと感嘆を禁じえなかった。

 首脳晩餐(ばんさん)会のメニューで、当事国とは関係のないああした謀略めいた〝政治的工作〟をやるなどというのは、世界の首脳晩餐会史でも例を見ないことだろう。そしてそれを国内世論も喜々として楽しんでいた。いったいどういうことなんだ?

 あるいは米ニューヨークの中心街で「ビビンバと慰安婦」の屋外広告が韓国人の手で出されたというニュースがあった。「ビビンバと慰安婦」のコラボレーションとは怪談(?)めいているが、なぜこの両者が、しかも海外でつながるのか。そのナゾ解きは本文にまかせるが、韓国人の食文化には大胆不敵かつ驚きの発想が遺憾なく込められている。

 本書は決して韓国グルメ本ではない。長年の韓国暮らしにおける日常的な食紀行でもあるが、それ以上に食を通じた韓国・韓国人論である。今回はとくに「食と政治」に注目した。韓国人は食への意味付けが大好きであり、そして政治が大好きである。本書であらためて「驚きの韓国・韓国人」を知っていただき、韓国および韓国人との付き合い方の参考にしていただければと思う。

試し読みページ一覧

もくじ

  • はじめに
  • 第一章 板門店ディナーの政治ショー
    • 伝統的あいさつは「飯食ったか?」
    • 政治的メニューのオンパレード
    • 財閥・鄭周永の「牛肉」まで登場
    • 文在寅はオデンを出すべきだった
    • ビビンバで南北統一
  • 第二章 金正恩の冷麺はなぜ黒かったか
  • 第三章 トランプに食わせた独島エビの謀略
  • 第四章 朴槿恵は独り飯で追放された
    • 朴槿恵との奇跡的な昼食
    • 朴槿恵に贈った食のエッセイ
    • マリー・アントワネットになった朴槿恵
    • 孤高の〝独り飯〟を貫いた理由
    • 父の代わりに〝魔女狩り〟で追放される
    • 飯によばれなかった安倍首相の恨?
  • 第五章 文在寅の白頭山行きに深謀遠慮
    • 国賓の文在寅が中国で独り飯
    • 平壌のホンバプに憤る韓国世論
    • 北で冷麺を食って叱られた韓国財界人
    • 済州島は金正恩の血の秘密
    • ミカンとマツタケの南北政治
  • 第六章 韓国人に独り飯が増えた
    • 韓国で牛丼が苦戦した理由
    • 今やラーメンは日本通の証し
    • 「ホンバプラー」とは何者?
    • 爆弾酒は軍人文化の名残り
    • 朴正煕は独り飯が食えず暗殺された
  • 第七章 私は大統領の招待飯からはずされた
    • 大統領が代われば食文化も変わる
    • 金大中で湖南料理の全盛時代
    • 釜山「刺し身EXPO」の怪
    • 李明博は食で盧武鉉に勝った
    • 大統領のお歳暮政治
    • 大統領飯で報復されたクロダ記者
  • 第八章 韓国政治一番地・光化門の政治めし風景
    • 光化門を制する者は韓国を制す
    • 回転寿司から大統領が出そこなった
    • 光化門の食から韓国政治を占う
    • 酒癖で高官ポストから落馬
    • 盧武鉉に追い出された記者たちにエール
    • 狂牛病パニックの韓国人的原因
  • 第九章 開城モチに込められた亡国の恨
    • 開城商人はなぜ生まれたか?
    • 韓国料理の〝見覚〟の変化
    • 王さまの首を食いちぎる究極の恨み飯
    • 幻の郷土食― 味噌モチが縁の開城人脈
    • キムチはなぜ赤くなったか
    • 秀吉伝来の唐辛子に反日が存在しない不思議
  • 第十章 韓国人がイヌを食わなくなった
  • 第十一章 金日成が肉スープにこだわったナゾ
    • 「白いご飯と肉のスープ」は国家目標
    • 北ではコメは家畜に食わせる?
    • 慰安婦が飲まされた「生首スープ」の真相
    • 食にパワーを求める韓国人の強壮信仰
    • 金正日ご自慢の「大同江のボラ」スープ
    • 秘めやかな金剛山の焼きマツタケ
    • 脱北者レストランに政治的余波
    • 第十二章 反米にならない屈辱のブデチゲ
    • 米軍の残飯がルーツのブデチゲの美味
    • 反米愛国を圧倒した食文化
    • 在韓米軍司令部のステーキは権力の味?
    • 下宿飯に登場したカレーの感激
    • 大流行の「軽洋食」は和製洋食
    • アメリカ文化の日韓への影響
  • 第十三章 反日愛国に揺さぶられる食文化
    • 韓国は実はトリ肉料理の王国
    • 「イヌの日」はトリを食うべし
    • 反日言葉狩りの犠牲になった「タックトリタン」
    • ワサビとナットウは反日民族主義に勝った
    • 「正宗」が去り「サケ(酒)」が定着
    • 北では「ベントウ」南では「トシラク」
  • 第十四章 キムチもビビンバも肩の荷が重い
    • キムチとビビンバは韓国人の魂だ!
    • 小泉純一郎のキムチ嫌いの結末
    • 高野日本大使とハリス米大使の食の明暗
    • キムチ愛国主義の偏狭
    • 日本製キムチへの執拗な攻撃
    • ビビンバの世界化とビビンバ・テロ
    • 「ビビンバと慰安婦」コラボレーションの怪
  • おわりに

コメント

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 韓めし政治学 - 黒田勝弘
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

韓めし政治学 - 黒田勝弘へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。