• TOP>
  • その他制作ツール一覧

その他制作ツール一覧

最終更新:2015年05月20日

2Dグラフィックスツール

汎用

Photoshop?

世界で最も有名な画像編集ツールの1つで、デファクトスタンダード。
写真加工を最も得意とするが、イラストを描くのに使う人も大変多い。

ドット絵

EDGE

ドット絵の定番ツール。企業で使っている例も多いフリーウェア。
ドット絵を打つ上ではあまり問題にならないものの、フルカラー画像が使えないなどの制約がある。
より高機能なツールを求めるならば、有償版(EDGE2・4000円)がある。

GraphicsGale?

高機能なドット絵エディタ。フリーウェアの「FreeEdition」でもフルカラー画像が使える。ただしGIF出力ができないなどの制約があり、シェアウェア版(約2000円)を購入するとすべての機能を使うことができる。

Aseprite?

Windows / Mac で動作するドット絵エディタ。オープン・ソースなので、ソースコードからビルドすれば無料。バイナリ版は$10で、購入にはクレジットカードが必要。
ショートカットがPhotoshop準拠で、レイヤーとアニメーションが合体した2軸のタイムラインが超絶使いやすい。UI全体がドット絵になっているのでドットの世界でドットを打つ感がある。

アニメーションツール

Live2D

2Dイラストを変形(モーフィング)してアニメーションをつけるツール。立ち絵にアニメーションをつけるのに便利なので、アドベンチャーゲーム向き。
インディーズなら条件付きで商用も無料

E-mote

Live2Dと同様、2Dイラストを変形(モーフィング)してアニメーションをつけるツール。立ち絵にアニメーションをつけるのに便利なので、アドベンチャーゲーム向き。
年間売り上げ1000万未満のインディーズライセンスであれば無料

Sprite Studio

Windows / OSX で動作するスプライトベースのアニメーションツール。
IKが使えるので、2Dアクションゲームなどでパーツを組み合わせたキャラクターを制御することも簡単にできる。
UnityやCocos2d-x向けの組み込みSDKも用意されているが、データフォーマットがシンプルなので対応していない環境への組み込みも容易。
年間売り上げ1000万未満のインディーズライセンスであれば無料

Spine

Windows / OSX / Linux で動作するツール。無料版はなく、Essential が$75 / Professionalが$299。
2Dアクションゲームなどのキャラクター制御には向いているが、UIなどに使うのは少し難しい。
海外で作られたツールのため日本語情報は少ない

Spriter

スプライトアニメーションが可能なツール。
海外で作られたツールのため日本語情報は少ない

3Dグラフィックスツール

Blender?

フリーソフトの3DCGツール。

メタセコイア?

シェアウェアの3Dモデリングツール。
プラグインで機能を拡張できる。

Maya LT?

プロ向けとして広く使われる3DCGツールMayaの個人開発者版。

エフェクトツール

BISHAMON Personal?

プロ向けエフェクト作成ツールのインディー版。
いわゆる買いきり方式と年間使用料を払う方式(サブスクリプション)がある。
各ターゲットプラットフォームごとのゲーム組込用ライブラリも販売している。こちらも廉価なインディー版あり。

Effekseer?

無料のエフェクト作成ツール。ゲーム組込用のライブラリ有り。

サウンドツール

Audacity?

フリーソフトの波形編集ツール。

Sound Forge?

プロ向け波形編集ツール。

汎用レベルエディタ・マップエディタ

Platinum

2Dゲーム用のマップデータを作成するためのマップエディタ。出力フォーマットは、FMF(独自形式のバイナリ) / CSV / BMPでの出力が可能

Tiled Map Editor

2Dゲーム用の高機能なレベルエディタ。トップビュー・クォータビューに対応。出力形式が多く、デフォルトのTMX(XML)形式のロードをサポートしているゲームエンジンもある(Cocos2d-xなど)

ライブラリ

DXライブラリ

DirectXのラッパ。言語はC++だが、Cライクで使用できるように配慮されている。
C#用の派生がある。

Sprite Kit

Apple公式のMac専用(OSX / iOS)の2D/3Dゲームライブラリ。言語はObjective-C / Swift

Corona SDK

元AdobeのFlashLiteチームが開発したスマートフォン向けの2Dゲームライブラリ。言語はLua。機能限定のStarter版であれば無料

HaxeFlixel?

マルチプラットフォームで動作する2Dゲームライブラリ。もとはActionScript(Flash)用のゲームライブラリで、それをHaxe+OpenFL環境へ移植したもの。
オープン・ソースのため開発環境は無料で使え、Windows / MacOSX / Linuxで行うことが可能。PC向け、スマートフォン向けの出力も可能。
ただし日本語情報はほとんどない。

Pygame

スクリプト言語 Python のためのゲームライブラリ。中身はSDLのwrapper

StarRuby

スクリプト言語 Ruby のためのゲームライブラリ。中身はSDLのwrapper

DXRuby

RubyからDirect Xを使ってゲームを作ることができるライブラリ

ゲーム特化言語・バーチャルマシン

Hot Soup Processor

略称はHSP?。プログラミング言語と統合プログラミング環境を含むプログラミングツール。基本無料で使える。
付属のエディタでスクリプトを書くだけで、誰にでも簡単にアプリケーションを開発することができる。
ゲームに限らず実用的なツール開発も可能で、思いついたアイデアをすぐ形にできると評判。
近年はスマートフォン向けの開発環境HSP3Dish?も用意されている。

吉里吉里

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 自作ゲームwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。