• TOP>
  • 「北斗が如く」とは

「北斗が如く」とは

ゲームの概要

誰も見たことのない、新たな「北斗の拳」。

  • 大人気作品「北斗の拳」(原作:武論尊/漫画:原哲夫)が、「龍が如くスタジオ」の手によって、初の本格アクションアドベンチャーゲームとして登場。
  • オリジナルストーリーで描かれる、もう一つの救世主伝説が幕を開ける。

2018年 発売予定

ストーリー

最終戦争の業火により、あらゆる生命体は滅びたかに見えた。
しかし……人類は死滅していなかった。

すべての文明が吹き飛ばされ、何も生み出されない時代が到来。
強き者がわずかに残された食糧や資源を奪い合う、
まさに暴力が支配する世界となっていた。

そんな世界の片隅に“奇跡の街”と呼ばれる場所があった。
街の名は“エデン”。

エデンは街を見下ろす巨大なドーム型の
旧世界の遺物“スフィア・シティ”から水や電気が無尽蔵に
もたらされており、その恩恵で歓楽街まで備えていた。
エデンの民はこの時代では考えられない豊かな暮らしを送っており
まさしく奇跡としか言いようのない街だった。

ある日、放浪の末にひとりの男がエデンへたどり着く。
その男の名はケンシロウ。
彼は一子相伝の暗殺拳、北斗神拳の伝承者であった。

無敵の拳を体得したこの男は、
暴力が支配するこの時代の寵児にも思えた。
だがケンシロウの胸中は絶望に満ち、
生きる希望はたったひとつしかなかった。

ケンシロウの唯一の希望、
それは死んだと思っていた最愛の婚約者・ユリアが
エデンで生きている、という噂だった。

しかし、ケンシロウの僅かな希望も虚しく訪れた街は、
城門を固く閉ざし、外からの人間を拒絶し続ける街だった……。

何としてもエデンに入りたいケンシロウは果たしてどうするのか……
そして、ユリアを追い求めた先に、ケンシロウに待つ運命とは……

謎に満ちた街を舞台に“愛”を追いかけ、
宿命という名の運命の激流に巻き込まれていく男、ケンシロウ。

もうひとつの救世主伝説が幕を開ける。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

動画


▶︎動画をもっと見る

最新コメント

{{error}}
最新の{{count}}件

最新の更新ページ

{{error}}
最新の{{count}}件
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 北斗が如く攻略まとめWiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。