• TOP>
  • 這いよるものソゴス/Soggoth the Slitherer

這いよるものソゴス/Soggoth the Slitherer

TOP > 中立コスト7以上 > 這いよるものソゴス/Soggoth the Slitherer

wog.png


《這いよるものソゴス/Soggoth the Slitherer》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


這いよるものソゴス.png
種族テキスト
挑発, 呪文とヒーローパワーの対象にならない。

入手法

旧神のささやきカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

呪文の対象にならないので、《ウルダマンの番人/Keeper of Uldaman》などデバフ(debuff)を持つミニオンがいなければ、ミニオンのトレードによって破壊するしかない。しかし体力が9もあるので、彼を倒すためには何体もの道連れを出すことになるだろう。

その代償としてスタッツに対し9マナと非常に重い。コモンの《変・クリーパー》は7マナ6/8である。相手が除去スペルをこのミニオンに撃ってくれる予定がなければ、ただの2マナ分の損と手札事故要因でしかない。更にミニオンの効果やボードクリア等で容易に突破されればそれだけで大きくテンポを失いかねない。

全体除去呪文や、敵のミニオンへのバフ(Buff)を防ぐことはできないので、《平等/Equalityp.png 、《乱闘/Brawlp.png 、《捻じれし冥界/Twisting Netherp.png 、《破滅!/DOOM!》、《凄まじき力/Power Overwhelmingp.png などの存在は念頭に置いておきたい。
またリッチキングボーンメアメタで入ることのある《黒騎士》についでに狩られるとほぼ敗北確定のディスアドバンテージとなってしまう。

総じて9マナ帯ではカードパワー不足であり、ハドロノックス入り星霊交信ドルイドくらいしか採用の余地がない。

闘技場(Arena)

大きいだけのミニオンは、返しに相手に除去を撃たれると致命的なテンポの損失を生むという点から基本的に忌避される。
しかし、このカードは除去耐性と挑発が付いていることで相手にトレードを強要出来る。
間に合いさえすれば、4~5マナのミニオンを2体以上召し捕って大きなアドバンテージを生み出せる優秀なレジェンド。
特にローグやウォーロックのような軽いデッキを組むことの多いクラス相手ならば、このカード一枚で投了に追い込む事も可能だろう。
スペルで時間を稼いで物量戦に持ち込むことの多いメイジでは多少評価が上がる。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ソゴスには内緒なんだが、将来ヤツはマスターズグレイヴって場所で完全敗北し、ヤツの頭蓋骨は観光名所になる。
  • 英:Don't tell Soggoth, but in the future he gets totally owned by the Master's Glaive and his skull becomes a tourist attraction.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。