• TOP>
  • 追跡術/Tracking

追跡術/Tracking

TOP > ハンター > 追跡術/Tracking

《追跡術/Tracking》はハンターのベーシックスペルカード。


追跡術
種族テキスト

|||自分のデッキの上から3枚のカードを見る。1枚を引き、残りは破棄する。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはハンターのレベルが15,20になるとそれぞれ入手できる。

戦略

簡単に言えば「欲しいあのカード」のドローを2ターン前倒ししてくれるカード。
使うことで手札の質を高めつつ、情報面でのアドバンテージを稼ぐことができる。

マナを綺麗に使い切れないターンに使用し、次のターン以降に使いたいカードを無理矢理ドローすることができる。
主に早めに《エメラルドの小呪文石/Lesser Emerald Spellstone》を手札に加えたり、息切れ間近になって《死線の追跡者レクサー/Deathstalker Rexxar》引きに行く目的もある。
最後の一押しが足りない場合にダイレクトダメージ、
殺しの命令/Kill Command》、《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》、《イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow》などを手にすることもできる。

次に情報面だが、選ばなかったカードは破棄されるため、そのゲームでは二度と使用できない
もったいないように見えるが、今後ドローするカードから除外されたことを覚えておけばゲームプランを立てる役に立つ。
例えばAoEカードである《猟犬を放て!/Unleash the Hounds》や《爆発の罠/Explosive Trap》の破棄を覚えておく、
イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow》を破棄したから武器が重複することはないことを覚えておくなど。
通常の手札からの破棄と違い、相手に情報を与えないことで一方的な情報アドバンテージが得られる。

デメリットとしてデッキが消耗することが挙げられるが、ハンターはアグロ~ミッドレンジ中心のデッキが大半で
ファティーグまで試合が長引く前に勝つか敗れるかするためデメリットは薄い。
それよりもいらないカードを捨てられる、捨てたカードの情報を得られるとメリットとして考えても良い。

なお手札に2枚来てしまうと丁度のマナのカード手札にない原因となり、テンポロスしてしまう点に注意。

闘技場(Arena)

基本的に七並べをする動きが強いため、マナカーブを整えてくれるこのカードは非常に便利。
余分な低マナのカードを破棄する事で終盤のトップを強くできる点も魅力。

コンボ

メモ

フレイバーテキスト

  • 日:デッキに入れるカードを決められないあなたに!
  • 英:For the person who just cannot decide what card to put into a deck!

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。