• TOP>
  • 貪り喰らうものミュターヌス/Mutanus the Devourer

貪り喰らうものミュターヌス/Mutanus the Devourer

TOP > 中立コスト7以上 > 貪り喰らうものミュターヌス/Mutanus the Devourer

荒ぶる大地の強者たち


《貪り喰らうものミュターヌス/Mutanus the Devourer》は中立のレジェンド・ミニオンカード。


貪り喰らうものミュターヌス
種族・系統テキスト
マーロック雄叫び:相手の手札のミニオン1体を食べる。その攻撃力と体力を獲得する。

入手法

荒ぶる大地の強者たちカードパック、作成、闘技場の報酬で入手できる。
「慟哭の洞窟」アップデートセットの購入でも入手可能。

作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

みんなの事前評価投票

戦略

相手の手札のミニオンを破壊する効果とそのミニオンのスタッツを獲得する効果を持つ、OTKやビッグデッキに対する対抗札となるカード。
処理できないミニオンを出させてしまい不利に陥ることもあるドブネズミと異なり、場に出させない破壊効果まで備わっている。
そのため、カード一枚で完結している、断末魔や復活も阻止できる、といった利点がある。
そのぶん7マナとコストが高い点や、小粒ミニオンを食べると獲得できるスタッツが小さくなる点から、アグロ相手には腐りやすいカードである。
OTKデッキに対してはめっぽう強いが、マナの高さや盤面への影響がない点などから環境によって採用率が大きく変わってくる。

ワイルド環境では典型的なOTKの他、ロウゼブ/Loatheb+コスト軽減orハンドバフでの奇襲を対コントロールの勝ち筋としたテンポやコントロール系のデッキがしばしばメタに食い込んでおり、
従来の多くのハンデスでは処理できない大型ミニオンを出させてしまい不利になることもあった。
標的が大きいほどむしろ有利になる珍しい特性は、ワイルド環境のメタにおいて特に重要な意味をもつ。

闘技場(Arena)

コンボ

デッキ

メモ

ミュータヌスは慟哭の洞窟にて最後に立ちはだかるボス。悪夢の力で眠りについたナラレックスを起こそうとするものを撃退していた。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ナラレックスが毛布に包まってる限り、ミュターヌスには手が出せないのさ。
  • 英:As long as Naralex stays under the blanket, Mutanus can't get him.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。