• TOP>
  • 読心術師/Psychic Conjurer

読心術師/Psychic Conjurer

TOP > プリーストのカード > 読心術師/Psychic Conjurer

"あなたの考え、教えてね"(Don't keep your thoughts to yourself.)

《読心術師/Psychic Conjurer》はプリーストのベーシック・ミニオンカード。


読心術師
コスト名前レアリティテキスト
1Mana読心術師/Psychic Conjurerp -雄叫び(Battlecry):相手のデッキのカード1枚をコピーし、自分の手札に追加する。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはプリーストのレベルが40,42になるとそれぞれ入手できる。

戦略

  • 栄誉の殿堂入りを果たしたノースシャイアの聖職者/Northshire Clericp と入れ替わりで登場したミニオン。コストは同じだが、スタッツは低く戦力になりにくい。
    • 本領発揮はやはり泥棒雄叫び(Battlecry)
    • 思念透視/Mind Visionp と違って相手の手札は覗けないため情報戦の質ではやや劣るが、それでもデッキのレジェンドミニオンやキーカードを引ければ相手のデッキタイプを読めるし、何より手札の量は変わっていないのでハンドアドバンテージと(微量ながら)ボードアドバンテージ両方を稼げる。
  • 泥棒カードの宿命として、自分のデッキとかみ合うカードを貰えるかは運次第。手札の質が劣化する懸念もあるが、デッキを減らさずにリソースが得られる点や高バリューなカードを手に入れやすい点でコントロール対決に強く、スタンダード環境が低速化するとコントロールプリーストハイランダープリーストで時たま使われることがあった。
  • 嫉妬の収穫者/The Harvester of Envy》登場後はワイルドで泥棒カードを大量搭載したハイランダープリーストが成立し、そちらによく採用されている。ワイルドの環境デッキともなるとコピー対象も強力なカードばかりで、その点インフレの恩恵を受けているとも言えるだろう。…《致死毒/Deadly Poison》や《トーテムの力/Totemic Might》を掴まされることもあるが。

闘技場(Arena)

  • 雄叫び(Battlecry)で(疑似的に)1ドローしつつ相手のデッキの中身を知ることができる。手に入るカードは相手次第だが、どうしようもないカードの事は少ないだろう。使いやすいカード。

パッチ修正

  • Patch 17.0 (2020-3-27):基本カードに追加。

フレイバーテキスト

  • 日:「見えます…これは… 『ウィスプ』?なんで『ウィスプ』なんて持ってるのよ?!」
  • 英:"I see... a WISP? Why do you have a wisp?!"

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。