• TOP>
  • 裏街の探偵/Streetwise Investigator

裏街の探偵/Streetwise Investigator

TOP > 中立コスト5 > 裏街の探偵/Streetwise Investigator

MSG.png


《裏街の探偵/Streetwise Investigator》は中立のコモン・ミニオンカード。


裏街の探偵.png
種族テキスト
雄叫び: 全ての敵のミニオンは隠れ身を失う。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

隠れ身対策ミニオン。
隠れ身シナジーを押すついでに実装されたと思われる。
しかし簡潔に言って現在隠れ身を特別に対策する必要性は低く、そのためだけに5マナと重いこのミニオンが構築に採用されることは無い。

現在構築戦において隠れ身ミニオンを使うのはほぼローグのみで、ミニオンを隠れ身させる手段を持つのもローグのみ。
一応ビーストシナジーの一環で《ストラングルソーン トラ/Stranglethorn Tigerp.png などが採用されることもあるが、
事実上ローグメタミニオンと言っていい。
つまり武器対策の《酸性沼ウーズ/Acidic Swamp Oozep.png
秘策対策である《秘密を喰らうもの/Eater of Secretsp.png よりもさらにメタ範囲が狭い。
9ヒーロー中8ヒーローに対してはただの5/4/6でしかないと言っていいだろう。

コストも5と重い為、隠れ身を剥がしたミニオンを倒すのに割けるマナが少ないのも難点。
例えばミラクルローグであれば早ければ6マナ時点で《ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneerp.png 隠れ身を付与してくるが、
返しにこのミニオンで隠れ身を剥がしても、残り1~2マナしか残らないため対応しにくい。

さらにハンターなら《照明弾/Flarep.png 、プリーストなら《大いなる解呪/Mass Dispelp.png があることもあり、
今後よっぽどローグ隠れ身ミニオンが猛威を奮うようになったとしても採用の余地があるかはかなり疑問といえるだろう。

闘技場(Arena)

5/4/6は平均的な5マナ要員として活躍できる
基本ただのバニラだが、構築より隠れ身ミニオンの採用率も高く、稀に予想以上の働きをすることもあるだろう

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「ふむむ…気のせいかもしれないが、今まさに、このガジェッツァンのどこかで何らかの犯罪行為が行われている…そんな予感がしてならないんだ」
  • 英:"Hmmmm… Call it a hunch, but I'm starting to think that there may be some kind of criminal activity going on in Gadgetzan."

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

{{error}}
※ただいま集計中です。
  • {{page.rank}}
    {{page.name}}
    ({{page.count}} {{page.count > 1 ? 'views' : 'view'}})
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。