自作デッキ投稿/グレイテスト・イリダン

TOP > 自作デッキ投稿



グレイテスト・イリダンは、ハンターのミッドレンジ(ネタ)デッキである。

レシピ

Adobe_20180525_033410~2

デッキコード

【AAECAR8UqAKNA7UDxwOsBKsG+AjbCYEK/gyhwgKKwwKdzALTzQLd0gKG0wKG1ALt6gLA7AKA8wIFhQOIBevCAt/SApjxAgA=】



デッキ概要

このデッキのメインのやりたいことはグレイテストな猟犬使いショー/Houndmaster Shawが居る盤面にイリダン・ストームレイジ/Illidan Stormrageを投入し、コインや低マナカードを使い2/1を敵のミニオンにバシバシ当てて一掃しよう!というムーブです。
滅多に決まりませんが、決まると盤面圧倒&マストキル2体という強い盤面を作り上げることが出来ます。
また、決まらなかった場合に備え複数の勝ち筋も用意してあります。



勝利プラン

序盤はファイアフライ/Fire Fly卵泥棒/Eggnapperの小型ミニオンや秘策、呪文を活用し盤面を取っていく。

この間に卵泥棒のラプターやヘビの罠/Snake Trapのヘビを利用して腐肉食いのハイエナ/Scavenging Hyena屍肉喰いのグール/Flesheating Ghoulが育てられるようであれば出してしまっても良い。
それが無ければカルトの教祖/Cult Masterを出してリソース補充しよう。
生き残れば万々歳だし、除去や沈黙されたとしても後続の特殊ミニオン達の安全度が高まる事になるので無問題。

中盤は毒虫使い/Toxmonger石牙のイノシシ/Stonetusk Boarエルフの射手/Elven Archerのコンボにより相手の挑発や大型ミニオンを取る。この二体が無ければ事前にトルヴィア番兵/Tol'vir Wardenを使ってサーチしておきましょう。
早めにグール、ハイエナが出せなかった場合はここら辺で出すと良い感じに育つ。

後半戦。Aoeや除去を打った頃合を見計らってショー&イリダンの登場。
片方しか来てない場合片方だけでも出そう。
これまでにDKに成れていたらモアベター。
使い残しの軽い呪文やミニオンをふんだんに使って盤面をこれでもかとばかりに広げよう。

圧倒的戦闘力で盤面を取ることが出来たならヴァイオレット・ヴルム/Violet Wurmキジル博士/Deranged Doctorキングクラッシュ/King Krushら高スタッツミニオンを投下し更に盤面を圧迫。
DKに成れているなら突撃or急襲or挑発持ちバ獣でも可。

まだ続くようであればバ獣でリーサルを狙おう。

このデッキの一番重要な勝ち筋は分からん殺しです。
コンボデッキやアグロデッキ以外にはマリガンミスも誘発しやすいのでそれらの隙につけ入ります。

多少回りが悪くとも、毒虫使いやグールなどの不気味なミニオンを並べておけば相手は多少無理してでも除去してくれます。
そうして除去を強要した後にイリダンやキンクラを
投下するとなんと無傷で帰ってきたりすることも多々あります。そこを狙いましょう。

構成カードについて

このデッキにはメタらしいメタが入っていないので、厄介なミニオンを出された場合はバ獣だよりになってしまいます。
また、沁み出すウーズリング/Seeping Oozelingと卵泥棒についてですが、このウーズは回復、または芋虫用です。
なので卵泥棒まだ残ってる場合にはお祈りするしかありません。
e-sports筋を鍛えておきましょう。



相性

キューブウォロ、挑発ドル等のミニオンを並べるコントロール相手には△。
回れば勝てるが、相手の動きがいいとファティーグで殺されてしまう。

メイジ、ローグ、シャーマン相手には○。
確定除去の主導権を握れれば8割勝てる。
デッキ外リソースには気を付けよう。

パラディン、ハンター、Zoo等のアグロにも○。
猪やエルフの射手、猟犬を放て!/Unleash the Houndsでバンバン処理しよう、ただしAoeがDKのみなのでそれまでに駆け抜けられたらおしまい。



戦略

このデッキはショーとイリダンのコンボの為に作られましたが、余裕が無い場合はガン無視した方がいいです。

ハイエナやグールが駄目になれば毒虫使いへ。
それが駄目になればショー、ウーズ、イリダンといった中型ミニオンで顔面を詰める。
それが駄目になれば大型ミニオン。
それでも駄目ならバ獣連打。

と、柔軟に進路方向を変えられるデッキですのでその状況に応じて思考し、時には運に任せてプレイしてください。
ポンコツプレイヤーなので資産が少なく、微妙な配役になってしまってるので、もし使うのならばガンガン変えてみたり、「この○○より□□の方が良くない?」
という案があれば教えていただけると嬉しいです。



基本マリガン

必ずキープしたい

ワンダリングモンスター/Wandering Monster
卵泥棒/Eggnapper
毒虫使い/Toxmonger

出来ればキープしたい

殺しの命令/Kill Command
イーグルホーン・ボウ/Eaglehorn Bow
獣の相棒/Animal Companion
側面攻撃/Flanking Strike

必ず交換

猟犬使いショー/Houndmaster Shaw
トルヴィア番兵/Tol'vir Warden
イリダン・ストームレイジ/Illidan Stormrage
ヴァイオレット・ヴルム/Violet Wurm
キジル博士/Deranged Doctor
キングクラッシュ/King Krush

状況判断

エルフの射手/Elven Archer
相手がパラディンならば猛毒が無くとも十分除去に使える。

ヘビの罠/Snake Trap
毒牙の罠/Venomstrike Trap
ファイアフライがあれば発動する可能性が高いのでセットならばキープしても良い。
特に毒牙の罠は採用率の高いタール・クリーパー/Tar Creeperの返しに使える。

猟犬を放て!/Unleash the Hounds
相手がパラディン、ハンターならばマストキープ。

死線の追跡者レクサー/Deathstalker Rexxar
相手が遅そうな気がしたらキープ。



キーカード解説

イリダン・ストームレイジ/Illidan Stormrage
このデッキの主役。
ミニオン生産させるも良し。アタッカーにするも良し。除去の的にさせるのも良しと捨てる所無しな偉大なお方。

猟犬使いショー/Houndmaster Shaw
このデッキのヒロイン。
イリダンとのコンボはもちろんの事、ヴルムやそれをコピーしたウーズからの除去祭りは凶悪だ。
横でカルトの教祖やハイエナ、グールがそれを眺めてたら気持ち良くなること請け合い。

キングクラッシュ/King Krush
肝心要のフィニッシャー。
ヒーローは遅れて駆けつける。まさかこんなのが出てくるとは敵も思わなんだ。
初手で来たら枕を涙で濡らしても良い。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。