• TOP>
  • 練気/Innervate

練気/Innervate

TOP > ドルイド > 《練気/Innervate》

《練気/Innervate》(インナーベート:神経支配)はドルイドのベーシック・呪文カード。


練気nerf
コスト名前レアリティテキスト
0Mana練気/Innervatep -このターンの間のみマナクリスタルを1つ獲得する。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはドルイドのレベルが36,38になるとそれぞれ入手できる。

戦略

  • かつてドルイドの爆発力の源になっていたマナ加速カード。ほとんど全てのドルイドのデッキに2枚採用されていたが、2017年(マンモス年)9月に弱体化。ただのデッキに入れられるコインとなった。
  • 当然ながら1マナと2マナの差は大きい。手札を犠牲にしてテンポを獲得するという点が共通しているウォーロックのディスカードを例にして考えると、手札1枚が2マナ分の《魂の炎/Soulfirep と1枚が1マナ分の《フェルストーカー/Felstalkerp の採用率の差がそれを示していると言える。
    • しかもローグのようにコンボ(Combo)効果を持たないドルイドにとっては、手札で腐って有効に使えないことも多い。
    • このため構築デッキではアグロ、コントロールともに立ち位置を失った。もし使うとすれば《ガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneerp のドロー元にしたい場合であろうか。
ナーフ前の評価

闘技場(Arena)

  • 早いタイミングで大きいミニオンを投下出来るとかなり強い。
    • ・・・のだが手札を2枚消費する点やゲーム後半でほぼほぼ腐る事などもあって評価はそんなに高くはない。
    • とは言え低い評価をする人もいれば高い評価をする人もいるので、やや重めに組めている時などは1枚ぐらいはピックしても良いかもしれない。

フレーバー・テキスト

  • 日:ドルイドの中には今でも、赤の他人に「練気かけて!練気!練気!」と付きまとわれていた頃の夢にうなされる者がいる。
  • 英:Some druids still have flashbacks from strangers yelling "Innervate me!!" at them.
    • WoWでは昔、練気は自分か味方1人のマナを回復するドルイド専用の貴重なスペルだった。
      そのため図々しい奴からよくこういうWhisperが飛んできて閉口したドルイドは数多い。
      (マナが欲しいのは皆同じなのだ)

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。