• TOP>
  • 練気/Innervate

練気/Innervate

TOP > ドルイド > Innervate

《練気/Innervate》(インナーベート:神経支配)はドルイドのベーシック・呪文カード。


練気.png
0Mana.png練気/Innervatep.png -このターンの間のみマナクリスタルを1つ獲得する。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはドルイドのレベルが36,38になるとそれぞれ入手できる。

戦略

かつてドルイドの爆発力の源になっていたマナ加速カード。ほとんど全てのドルイドのデッキに2枚採用されていたが、2017年(マンモス年)9月に弱体化。ただのデッキに入れられるコインとなった。

当然ながら1マナと2マナの差は大きい。手札を犠牲にしてテンポを獲得するという点が共通しているウォーロックのディスカードを例にして考えると、手札1枚が2マナ分の《魂の炎/Soulfire》と1枚が1マナ分の《サキュバス/Succubus》の採用率の差がそれを示していると言える。
しかもローグのようにコンボ効果を持たないドルイドにとっては、手札で腐って有効に使えないことも多い。このため構築デッキではアグロ、コントロールともに立ち位置を失った。もし使うとすればガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneerのドロー元にしたい場合であろうか。

初期からその性能が危険視され続けてきたが、大魔境ウンゴロを機に「低コストで横に並べながらの集団バフ」や「除去できなければコスト以上の働きをするミニオン」を軸にしたアグロドルイドがメタゲームに浮上する。このデッキの練気を使ったロケットスタートは対抗手段が少ない上にその手段を引くまでの時間も与えてくれないため凶悪だった。
続く凍てつく玉座の騎士団ではパワフルなドロースペル究極の侵蝕/Ultimate Infestationが登場し、マナはあるが手札がないという練気が腐る事態がほとんど発生しなくなった。ランク戦はハースストン史上でも非常に高い割合をドルイドが占めることになったが、最終的には練気の弱体化が決定された。

ナーフ前の評価

闘技場(Arena)

早いタイミングで大きいミニオンを投下出来るとかなり強い。
……のだが手札を2枚消費する点やゲーム後半でほぼほぼ腐る事などもあって評価はそんなに高くはない。
とは言え低い評価をする人もいれば高い評価をする人もいるので、
やや重めに組めている時などは1枚ぐらいはピックしても良いかもしれない。

コンボ

メモ

フレーバー・テキスト

  • 日:ドルイドの中には今でも、赤の他人に「練気かけて!練気!練気!」と付きまとわれていた頃の夢にうなされる者がいる。
  • 英:Some druids still have flashbacks from strangers yelling "Innervate me!!" at them.
    • WoWでは昔、練気は自分か味方1人のマナを回復するドルイド専用の貴重なスペルだった。
      そのため図々しい奴からよくこういうWhisperが飛んできて閉口したドルイドは数多い。
      (マナが欲しいのは皆同じなのだ)

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。