• TOP>
  • 精霊の爪/Spirit Claws

精霊の爪/Spirit Claws

TOP > シャーマン > 精霊の爪/Spirit Claws

onk.png


《精霊の爪/Spirit Claws》はシャーマンのコモン・武器カード。


精霊の爪.png
種族テキスト
呪文ダメージを持つミニオンが自分の戦場にいる場合、攻撃力+2を得る。

入手法

アドベンチャーモードのワン・ナイト・イン・カラザンの勝利品。
元のカードを開放していなければ作成することはできないし、ディスエンチャントもできない。

戦略

ワン・ナイト・イン・カラザンで登場したシャーマンの武器カード。
素の状態では《ライツ・ジャスティス/Light's Justice》以下だが、条件を満たせば《烈火の戦斧/Fiery War Axe》以上の強力な武器になる。
条件は独特だが、幸いシャーマンはヒーローパワーにより四分の一で条件を達成できる。それだけでは展開が鈍るため《ブラッドメイジ・サルノス/Bloodmage Thalnos》、ワイルドでは《アジュア・ドレイク/Azure Drake》などでサポートしたい。

初出時はコストが1マナであった。当時の代表的なアグロであるズーにとっては最速で装備されるだけでも厄介であり、
ただ1ターン目にこれを装備し、2ターン目以降にヒーローパワーを連打するだけでも中々のプレッシャーとなる。
当時は単体でも強力な呪文ダメージ持ちの《アジュア・ドレイク/Azure Drake》がスタンダードに存在していた事もあって、
それまで小回りが効かないのが難点であったミッドレンジシャーマンを《メイルシュトロームのポータル/Maelstrom Portal》と共にトップメタへと押し上げた。

仁義なきガジェッツァン参入後はミッドレンジシャーマンは勿論、《ちんけなバッカニーア/Small-time Buccaneer》の能力を発動させるためにアグロシャーマンにも用いられたが、
環境中期にちんけなバッカニーアと一緒に弱体化される事になってしまい、大きく採用率を落とす。
更に大魔境ウンゴロ参入後のスタンダードではアジュア・ドレイクまで失ったため、シャーマンの武器は《翡翠の爪/Jade Claws》や《ストームフォージド・アックス/Stormforged Axe》が主流となった。

闘技場(Arena)

ナーフの影響もありパワー不足は否めないが、気軽に1点飛ばせるようになるため使い勝手は悪くない。
最大限に活用するためには運が必要。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

コストが1から2に増加

フレイバーテキスト

  • 日: 先に「精霊の指」を生やせば、もっと簡単にこいつを使えるようになる。
  • 英: They'll be MUCH easier to use once they add the spiritthumb.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。