• TOP>
  • 究極の侵蝕/Ultimate Infestation

究極の侵蝕/Ultimate Infestation

TOP > ドルイド > 究極の侵蝕/Ultimate Infestation

FST.jpg


《究極の侵蝕/Ultimate Infestation》はドルイドのエピック・呪文カード。


究極の侵蝕.png
種族テキスト
5ダメージを与える。カードを5枚引く。装甲を5獲得する。5/5のグールを1体召喚する。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

みんなの評価投票

戦略

シールドメイデン/Shieldmaiden》+《逃げ足/Sprint》+《星の炎/Starfire》を合わせた効果に等しく、単純に計算すれば3枚19マナ相当と破格の性能を誇る(ただし構築デッキで採用されるレベルの10マナのカードはこれに限らず基本的に表記されたコストよりも大きな効果を得られるのが普通である)。

順調にマナ加速できた時には、失った手札を補充しつつ盤面にもある程度の影響を及ぼし回復までできる、と非常に強力な動きとなる。
従来滋養/Nourishはドローに使われることが大半であったが、このカードの登場によりマナ加速の効果が選ばれることも多くなった。

このカードを使用する際の注意点として、2枚使用すればそれだけで10枚もドローすることになるので、ファティーグにも警戒する必要がある。
翡翠ドルイドであれば翡翠の偶像/Jade Idolにより無限にデッキを増やすことができるが、凍てつく玉座の騎士団にて待ち伏せのガイスト/Skulking Geistというメタカードも追加されているため、油断してドローを重ねているといきなりデッキが消滅する可能性もある。

闘技場(Arena)

テンポが重要な闘技場で10マナのカードをピックする事にはリスクが伴うが、それを加味しても強力。
構築ほどマナ加速を狙えるわけではないので取る場合は枚数とマナカーブに気を付ける事。

コンボ

デッキ

メモ

そのインパクトの大きい効果で実装後多くのユーザーから問題視されたが、2017年9月6日のバランス調整では、練気/Innervate拡がりゆく虫害/Spreading Plagueが下方修正を受けた一方で、このカードは対象にならなかった。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:5は論外である。
    • 映画「Monty Python and the Holy Grail」のセリフより。
  • 英:Ghouls in the pipe, five by five.
    • 映画「エイリアン2」のセリフより。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。