• TOP>
  • 究極の侵蝕/Ultimate Infestation

究極の侵蝕/Ultimate Infestation

TOP > ドルイド > 究極の侵蝕/Ultimate Infestation

FST.jpg


《究極の侵蝕/Ultimate Infestation》はドルイドのエピック・呪文カード。


究極の侵蝕.png
種族テキスト
5ダメージを与える。カードを5枚引く。装甲を5獲得する。5/5のグールを1体召喚する。

入手法

凍てつく玉座の騎士団カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

みんなの評価投票

コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

10マナと凄まじく重いが、ハースストーン史上とんでもない効果を持つスペル。
5点回復しつつ5点を撃ち込み、5/5を召喚して5枚ドローと、ライフ・ボード・ハンドの3つのアドバンテージを同時に稼ぎ隙が無い。

具体的には 《シールドメイデン/Shieldmaiden》+《逃げ足/Sprint》+《星の炎/Starfire》と同じ効果。
つまり中立より優秀なクラスカード換算で3枚19マナ相当の働きをすることになる。

これをドルイドお家芸のマナ加速によって8~9ターン目に発動可能と、他クラスからしたらたまったものではない。
適切なタイミングで使用すれば莫大なアドバンテージをもたらす反面、使い所を逃すと手札で腐りやすい一面もある。

相手の場にヘルス5以下のミニオンが1体残っているだけの時が絶好の狙い目。
逆に言えば5点で処理出来ないヘルス6以上の大型ミニオンが相手の場に出てきてしまうと処理が追いつかなくなるリスクが高い。

5枚ドローは手札が溢れやすいので注意が必要だが、仮に手札が燃えて4枚ドローだったとしても十分に強過ぎるので撃てる場面なら積極的に撃ちたい。

ドローし過ぎによるファティーグには注意。その点 《翡翠の偶像/Jade Idol》と非常に相性が良い。

闘技場(Arena)

テンポが重要な闘技場で10マナのカードをピックする事にはリスクが伴うが、それを加味しても強力。
構築ほどマナ加速を狙えるわけではないので取る場合は枚数とマナカーブに気を付ける事。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:5は論外である。
    • 元ネタはモンティパイソン。
  • 英:Ghouls in the pipe, five by five.
    • 映画「エイリアン2」のセリフより。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。