• TOP>
  • 禁じられし炎/Forbidden Flame

禁じられし炎/Forbidden Flame

TOP > メイジ > 禁じられし炎/Forbidden Flame

wog


《禁じられし炎/Forbidden Flame》はメイジのエピック・スペルカード。


禁じられし炎
コスト名前レアリティテキスト
0Mana禁じられし炎/Forbidden Flamep epic全てのマナを消費する。ミニオン1体に消費したマナと等しい数のダメージを与える。

入手法

旧神のささやきカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

注意点

  • マナの残量が0でもプレイできる。
  • マナ・クリスタルの最大値ではなく、残りのマナの数が参照される。
    • ex) 最大マナ容量が10、残りのマナが3なら、3マナを消費して3ダメージを与える。
  • 呪文ダメージ(Spell Damage)が適用される。
  • コストが上昇しているとき、上昇した分のコストはこのカードのダメージに加算されない。
  • その際、上昇コストを支払ったあとのマナが参照される。
    • ex) 8マナ持っている状態で、《ロウゼブ/Loathebp でコスト+5になっているとする。このカードを唱えるためにマナが5必要で、残ったマナは3となる。したがってダメージは3となる。

戦略

  • フロストボルト/Frostboltp 、《ファイアーボール/Fireballp といったメイジのダメージ呪文などと比べると火力は弱い。
    • 理由は単純で、最大で10点しか出せないから。しかもマナをすべて消費するため、そのターンは何もしない事に等しい。
    • しかし、マナの数を自分で調節できるという点において、非常に小回りが利く。
  • 盤面を更地にできる事で有名な《終末予言者/Doomsayerp も適当なカードを出して残った2マナで除去でき、相手の計画を狂わせる事ができる。本命で使うのではなく、何かのついでに唱えるのが理想の使い方と言える。

闘技場(Arena)

  • 最大でヘルス10までのミニオンを処理できるので、マナが溜まればほぼ確定除去のようなスペルになる。
    • 序盤よりは中盤~終盤にかけて大きめのミニオンを倒す使い方が多くなるだろう。

コンボ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ご注意: この炎を使用する際には、甲種旧神取扱者の免状を持つ侍祭の立ち合いが必要です。
  • 英:WARNING: This flame is not to be used unless you are a licensed acolyte of the Old Gods.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。