• TOP>
  • 祖霊の知識/Ancestral Knowledge

祖霊の知識/Ancestral Knowledge

TOP > シャーマン > 祖霊の知識/Ancestral Knowledge


tgt




《祖霊の知識/Ancestral Knowledge》(アンセストラル・ノーリッジ)はシャーマンのコモン・呪文カード。


祖霊の知識
コスト名前レアリティテキスト
2Mana祖霊の知識/Ancestral Knowledgep commonカードを2枚引く。オーバーロード:(2)

入手法

グランド・トーナメントカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。
作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

  • 逆に、終盤ならば多少のオーバーロード(Overload)は無視できるようになるため、2マナという軽さが生きる場面も出てくるだろう。
  • スタンダード落ち後もシャダウォックシャーマンやそのギミックを用いるレノシャーマン?に採用されることがある。スペック的にはワイルドについていけそうもないこのカードだが、カードプールが広いワイルドですらシャーマンには安定したドローソースが不足しており、《初級エンジニア/Novice Engineer》のような雄叫びでドローするミニオンはシャダウォックを連投する際にデッキ切れを起こしかねないため採用しづらいという事情もあって、事実上のコストが重くとも確定で2枚ドローできることを買われ抜擢されているのである。
    またミラクルシャーマンにもよく採用される。デッキの性質上カードを引く呪文の重要性が高いうえ、オーバーロードを《焦げ付き/Overdraft》で火力に変換しバーストするため、重いデメリットが状況によってはメリットになる。《狩猟/On the Hunt》や《ちんけなバッカニーア/Small-time Buccaneer》と並び、カードパワーが低くともワイルドでの活躍があり得ないわけではないことを示す好例と言えるだろう。

闘技場(Arena)

  • オーバーロード(Overload):2がかなり痛いが、2マナで2ドローは魅力的。後半なら使ったそのターンで大型や中型ミニオンを出し、次のターンも生き残りでトレードをかける事でリスクを軽減できる。
    • ただし序盤に手札に来てしまうのは使用マナがかなり限られてしまうので、2枚以上のピックはリスキー。また複数枚同時に使うと次のターン身動きが取れなくなるため、小分けにして使うと良い。

コンボ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 英:MOMMMMMYYYYYYYYY!!!
    • 訳:おかーーーちゃーーーーーーーーーん!]
  • 日:別名: ひいひいひいおばあちゃんの知恵袋。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。