• TOP>
  • 海賊ウォリアー

海賊ウォリアー

最終更新:23日前
最終コメント:6日前
コメント(193)

TOP > デッキ一覧

パイレーツウォリアー(海賊ウォリアー)は、ウォリアーのアグロデッキ。

レシピ

Sintolol 海賊ウォリアー.jpg
Pirate Warrior S34_4.png
4520魔素5220魔素
SINTOLOLMussy
Tempostorm S34_4

→ 低予算バージョン(920魔素)


過去のデッキを表示する



デッキ概要

武器と海賊のシナジーを絡めてお互いに強化し、速攻を狙うアグロタイプのデッキ。
おおよそ最速で5ターンくらいまでに相手を殴り倒すことが可能。

コントロールタイプのデッキに滅法強いが、武器破壊系のミニオンと多数の挑発持ちが弱点。
海賊を絡める関係上、場に出した海賊を序盤から丁寧に処理されると、少々苦戦する事になる。
仁義なきガジェッツァンより高いテンポアドバンテージの海賊が続々と参戦し、他のデッキでは到達できない速度となった。


相性

コントロール系のデッキには強い。
またミッドレンジでも低コストのAoEを持たないデッキ、マナカーブに沿って動くデッキには強い。

挑発、及び、武器破壊系のミニオンが多いデッキには厳しい。
強化した武器を、ハリソン・ジョーンズ/Harrison Jonesで破壊された日には、爆発するしか無くなることも。


戦略

他のデッキと比べて遥かに高速な削り能力を持つ。
以下がその一例。


強化された武器で顔面を殴るか、場のミニオンを処理するかは適時判断する。
基本的に挑発持ちや、ナイフジャグラーなどの場に残しておくと厄介なミニオンを武器で処理する。
自身のライフは気にせずに盤面のミニオンを大事にしたい。
また武器がないならちんけなバッカニーア/Small-time Buccaneerは相手の2/1などのミニオンにぶつけてしまっても良い。
それで自分のもっと大きなミニオンを守れるなら結果的にダメージが出る。

4ターン目以降は、突撃持ちの『南海の甲板員』『アージェントの騎兵』『コルクロンの精鋭』なども活用し、
5ターン目に『アルカナイト・リーパー』が使えれば勝ちは非常に近い。
この辺りで手札が尽きてくるので、勝ち確定まで持って行きたい。


キーカード評価

海賊パッチーズ/Patches the Pirate
他の海賊を出すと自動的に出てくる1/1突撃。つまり実質、
0マナ1/1突撃(海賊)+「このカードは絶対に初手に来る」+「雄叫び:カードを1枚引く」
というアドバンテージを持ったカード。

ちんけなバッカニーア/Small-time Buccaneer
武器を装備すれば1マナ3/2になる。
出したターンに装備できなくても、どのみち攻撃できないので関係ない(相手から攻撃されない限りは)。

必殺の一撃/Mortal Strike
唯一の直接攻撃。挑発を貫通するため、シャーマンなどの挑発を多用する相手には乱射しないようにしたい。


マリガン

最優先確保は
ちんけなバッカニーア/Small-time Buccaneer
ン=ゾスの一等航海士/N'Zoth's First Mate
ン=ゾスの一等航海士/N'Zoth's First Mateがいるなら南海の甲板員/Southsea Deckhandも残しても良い。

1マナ海賊が確保出ているなら烈火の戦斧/Fiery War Axeも残したい。


対海賊ウォリアー

早いデッキなのでしっかり対策しないと間に合わない。
序盤をしのげば息切れするので勝ちは狙える。
可能なら1マナ2マナ辺りで対処に動き出したい。

  • 海賊の除去
    ブラッドセイルの狂信者/Bloodsail Cultistが強力だが、武器と海賊両方が必要なため、3マナが来る前に海賊を除去し切る。
    武器だけでバーストしてくる可能性には注意。
    ただし大半のヒーローの場合、この処理は追い付かないことが多い。
    武器と海賊の両方がいる条件のため、やはり狙いやすいのは武器。
  • 挑発
    武器やミニオンを多く使わせ相手を息切れさせる。
    メインのミニオンを潰せる攻撃力3あればなおよし。
    代表的なアンチカードは二流の強面/Second-Rate Bruiser
    前のターンにウーズで武器を破壊した場合でも相手は追加のミニオンを並べて来る。
    そのために2マナで武器を破壊し、3マナで挑発を出すという対策を連続で行える。
    ブラッドセイルの狂信者/Bloodsail Cultistを一方的に一撃で倒すのもポイントが高い。
    ヒーローが武器を握っている場合、わずかなライフを代償に簡単に突破されるので注意。
    ただし、二流の強面/Second-Rate Bruiser対策にウーズなどと相打ちしミニオンを2体以下で維持する戦術を取ってくる場合もある。
  • リーサル対策
    最も注意すべきはヒロイック・ストライク/Heroic Strike
    これを使われて倒されることが多いので、ライフの管理は大事。
    また挑発の存在も非常に重要となる。
    必殺の一撃/Mortal Strikeは挑発を超えてくる以外に、挑発持ちを武器で殴ってライフを減らし6点ダメージがありうるので油断しないこと。

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。