• TOP>
  • 水文学者/Hydrologist

水文学者/Hydrologist

TOP > パラディンのカード > 水文学者/Hydrologist

UNG.jpg


《水文学者/Hydrologist》はパラディンのコモン・ミニオンカード。


水文学者.png
種族テキスト
マーロック雄叫び:秘策1つを発見する。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

雄叫びで秘策を発見するマーロック。
パラディンの秘策という限られた範囲の中から発見するため、相手の意表を突く事は難しいが、裏を返せば狙ったカードを取りやすいという事でもある。
相手に合わせた柔軟な動きができるという発見のメリットはそのままに、運次第で裏目や下振れが起こるというデメリットが最小限である点が、このカードの最大の長所である。

除去対策としては、これ自身も含めた雄叫びミニオンを再利用できる《高飛びコドー/Getaway Kodo》や、断末魔・聖なる盾との相性が良い《救済/Redemption》。
身代わり/Noble Sacrifice》で小型ミニオンを返り討ちにしたり、大型ミニオンの一撃を凌いだり。また大型ミニオンが出る前であれば《懺悔/Repentance》でデバフを狙える。
変わったところでは《目には目を/Eye for an Eye》を使う事で、《アイスブロック/Ice Block》を発動させずに相手ターン中に止めを刺すこともできたりする。

種族:マーロックによりマーロックパラディンではシナジーも期待できるため、必須のカードとしてデッキに採用される。
またマーロックシナジーを重視しないタイプのミッドレンジパラディンコントロールパラディンでも、カードバリューの高い序盤戦力として採用される。

闘技場(Arena)

スタッツは低いが重要な2マナ域であり、発見のおかげでカードバリューが高い。何枚取っても困らない強さである。
構築ほどシナジーを狙えるわけではないが種族持ちなところも嬉しい。

コンボ

デッキ

メモ

  • 2/2/2で1マナのカードを発見するという点で、闇の売人/Dark Peddlerに非常に近いコスト・パフォーマンスだと言える。
  • 秘策を持っているクラスで召喚した場合はクラス内の秘策を発見する。それ以外ではパラディンの秘策を発見する。
  • 現ウンゴロ時点でのスタンダード環境においてパラディンの秘策は5種類。望みの秘策が発見できる確率は60%で、2種類の内どちらか1つなら90%。
    • ワイルド環境ならば8種類。37.5%にまで確率が下がる。
  • 召喚時に叫ぶ「エウレーカ」とはギリシャ語の見つけた、分かったという意味の「Eureka」から来ている。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:マーロックの水文学者はかなり珍しい。昨今のマーロックの学生に人気が高いのは情報処理科学だ。
  • 英:Murloc hydrologists are pretty rare. Most murloc undergrads pick computer science.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。