• TOP>
  • 毒仕込みの刃/Poisoned Blade

毒仕込みの刃/Poisoned Blade

TOP > ローグのカード > 毒仕込みの刃/Poisoned Blade


tgt.png




《毒仕込みの刃/Poisoned Blade》はローグのエピック・ウェポンカード。


毒仕込みの刃.png
4Mana.png毒仕込みの刃/Poisoned Bladep.png epic.png(1/3)あなたのヒーローパワーは武器を付け替える代わりにこの武器の攻撃力を+1する。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは400で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが1600必要で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。

戦略

  • 4マナ1/3。6マナ2/3武器。何かがおかしい。
  • 耐久力3の武器なら攻撃力は普通マナコスト-1程度、それにメリットとなる効果が付くのが基本であり、この武器は非常に弱いと言わざるを得ない。
    • 最速で装備し、毎ターン武器を使っていたら攻撃力3になる頃には良くて耐久力1である。
    • 4ターン目に攻撃力1で仕事できる場面がどれほどあるか。全く無いとは言わないが。
      • ぶっちゃけ攻撃力1ならヒーローパワーで良いのもポイント。
  • またローグには固有のインスパイア能力を持つカードがなく、毎ターンヒーローパワーを使用するメリットが薄い。
  • 単体では産廃な上にシナジーやコンボもないため、実装前から100Dustの名を欲しいままにしている(詳しくはコメント欄参照のこと)。素直にAssassin's Bladeあたりを入れるべきだろう。+1マナで初めから攻撃力が3(5マナ3/4)ある。
    • 一応擁護するが、マナが余っているなら2マナ消費して装備している武器の攻撃+1 だけは便利と言える。だがわざわざこのカードをデッキに入れる理由にはならず、最初から攻撃力が保障されている武器を採用するほうが良い。

闘技場(Arena)

  • まがりなりにも盤面干渉できるカードではあるが、選ぶ必要はない。弱すぎる。
  • 酸性沼ウーズ/Acidic Swamp Oozep.png の採用率の高さから構築以上に安定しない。

コンボ

メモ(擁護)

  • 一応解説するとTGTはヒーローパワーに焦点を当てた新拡張パックであり、
    ヒーローパワーを毎ターンあるいは1ターン内に複数回発動も想定してる。
    しかしローグのみ「武器を装備」という能力のため、TGTの「激励(Inspire)」とのシナジーが活かしにくい。
    その上でのこのカードデザインだと考えられるが、いずれにしても、+αがないとこのカードは厳しい。
    →しかしローグ専用のインスパイアのカードはなく、非常に使いにくい
  • この武器の効果は
    「あなたのヒーローパワーによって新しい武器が装備される場合、代わりに何もしない。」
    「あなたがヒーローパワーを使用するたび、この武器の攻撃力を+1する。」
    の2つ。つまり他のヒーローが装備した場合はヒーローパワーの効果と武器強化効果が同時に発生し、ローグが装備した場合は武器強化効果しか起こらない。……釈然としない。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 英:How much more poisoned can a blade get? The answer is a lot. A lot more poisoned.
  • 日:刃にはどれだけの毒を仕込めるか?答えは、ヤバイくらい、ドクまでも。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。