• TOP>
  • 死憎悔いのグール/Ravaging Ghoul

死憎悔いのグール/Ravaging Ghoul

TOP > ウォリアー > 死憎悔いのグール/Ravaging Ghoul

wog


《死憎悔いのグール/Ravaging Ghoul》はウォリアーのコモン・ミニオンカード。


死僧悔いのグール
種族テキスト
雄叫び: 他のすべてのミニオンに1ダメージを与える

入手法

旧神のささやきカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

AoEを内蔵したミニオン。雄叫びなので自分の狙ったタイミングでダメージを発動させることができる点も心強い。

3/3とマナ相応のスタッツに加え、コンボの中核1マナスペル《旋風剣/Whirlwind》を搭載している為、コストパフォーマンスはかなり高い。また3/3を出しつつ敵ミニオン1体に1ダメージ飛ばせるだけでも強い。

  • 終盤の大型ミニオンに《止めの一撃/Execute》を撃つ為の起点としても優秀。敵7/7辺りに自軍を特攻させて《止めの一撃/Execute》を使っても2:1交換にしかならないが、これとのコンボで1:1交換になる。
  • テンポ面では相手の3マナ3/4(3マナ最良値)の返しとして出せば相打ちに持ち込め、また一方を取った後の相手の2マナ2/3や1マナ2/1等を綺麗に処理してくれる。
  • ウォリアーの2マナ安定行動こと《烈火の戦斧/Fiery War Axe》は3マナ3/4を倒し切れないのが難点だが、このカードによって丁度1点削り倒しきる事が出来ればクールなグールとして輝く事になる。
  • コントロールウォリアーの課題である序盤を強力にサポートしてくれるほか、中盤以降も《シルバーハンド新兵/Silver Hand Recruitp やインプなどトークンへのカウンターとして使えるだけでなく、《ぐったりガブ呑み亭の常連/Grim Patronp 、《苦痛の侍祭/Acolyte of Painp などダメージを発動条件に持つミニオンの能力を起動させる使い方もあり、デッキ構成によっては序盤だけではなく終盤まで仕事をしてくれる。

闘技場(Arena)

  • 最低限のスタッツに、ヒロパでダメージ補助が出来ないウォリアーにとって垂涎の能力を併せ持った非常に優秀なミニオン。
    ダメージ補助役だけでなく、激怒や《止めの一撃/Execute》のサポート役もこなせるなど活躍の場は広い。
    ドラフトの際には優先的に確保したい一枚。

コンボ

デッキ

メモ

  • 読み方はしにくぐいのグール。憎(にく)は僧(そう)ではないので注意。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:ただしクラブでは「シニック・ザ・クール」の名で通ってるぜ。
  • 英:But goes by "Ravishing Ghoul" when he hits the club.

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。