• TOP>
  • 暗殺/Assassinate

暗殺/Assassinate

TOP > ローグ > 暗殺/Assassinate

《暗殺/Assassinate》はローグのベーシック・呪文カード。


暗殺
種族テキスト
敵のミニオン1体を破壊する。

入手法

初期から2枚所持している。
ゴールデンカードはローグのレベルが47,48になるとそれぞれ入手できる。

戦略

1:1交換を強要するカード。5マナ支払って何マナのカードを倒すかが重要で、その差をアドバンテージとすることができる。

構築では重過ぎるので採用されない。
このカード固有の役割は真っ当に削って除去できないような大型の処理だが、そういうのは《昏倒/Sapp で間に合うことが多い。
ローグの基本戦術は高速で攻め立て、テンポで相手を圧倒して削り切ることである。しかし、このカードはその基本にミスマッチしている。このカードで盤面を取るなら、代わりにダメージを与えてゲームを終わらせてしまった方が早い。

ただ、5マナでどんなミニオンも倒せること自体は弱くない。聖なる盾を貫通して破壊できるため除去としての信頼性は高い。
しかしそれだけなら、コンボとはいえミニオンが付いてくる《ヴァイルスパイン・スレイヤー/Vilespine Slayer》が存在する。
また、死亡時に効果を残す断末魔ミニオンを相手にする場合は、手札やデッキに戻したり、沈黙(Silence)させるなどのカードのほうが有効である。
さらに、対象を取る必要があるので隠れ身(Stealth)状態のミニオンや標的にならない能力を持つミニオン(所謂液状膜)には対応出来ないことも難点。
前述の《ヴァイルスパイン・スレイヤー/Vilespine Slayer》は液状膜ミニオンも破壊することができ、ここでも差がついてしまっている。

闘技場(Arena)

どんなミニオンでも一撃で倒す性能は非常に強い。
アリーナでは大型のミニオン同士も相打ちしたりする。このカードは5マナでどんなミニオンとも即座に相打ち可能。
素晴らしいスペックだが、相手が横に並べたりすると結構腐る。
現在の環境では3枚も4枚も出てくることはないが、2枚はあっても良い。後半は常に手札にあるほうが安心できる。

コンボ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:暗殺の危険から逃れたければ、不毛地帯に高飛びし、名前を変えることだ。幸運を!
  • 英:If you don't want to be assassinated, move to the Barrens and change your name. Good luck!

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。