• TOP>
  • 日蝕/Solar Eclipse

日蝕/Solar Eclipse

TOP > ドルイド > 日蝕/Solar Eclipse

darkmoon_jp


《日蝕/Solar Eclipse》はドルイドのコモン・呪文カード。


日蝕
種族テキスト
このターン、自分が次に使用する呪文は2回使用される。

入手法

ダークムーン・フェアへの招待状カードパック、作成、闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

みんなの事前評価投票

☆☆☆☆☆ 環境を変えるほど強い。メタの中心にいる 46% 29票
☆☆☆☆  文句なく強い。デッキによく入る     30% 19票
☆☆☆   強い。デッキに入ることもある      16% 10票
☆☆    普通。環境によってはチャンスもある   4% 3票
☆     弱い。使われない          1% 1票

戦略

次に使う呪文を2回使用する呪文。
日蝕を2回続けて使っても効果が4倍にはならない。それどころか1回分しか呪文が発動しないバグがあるため、2回以上使っても逆効果である。
なるべく効果が強力な呪文の前に使用したいが、コストが問題になってくる。
コイン等を間に挟むとそちらが2倍になってしまうので発動順には気を付けよう。

現在はピエロドルイドのようなキーカードが超高コストなデッキでマナ加速を補助したりするために使われている。

闘技場(Arena)

闘技場で呪文を大量に確保する事は難しく、他の呪文が無いと役に立たないこのカードは使いにくい。
強力な呪文を何枚かピック出来ていれば採用を考えてもいいかもしれない。

コンボ

デッキ

メモ

  • このカードか月蝕を1試合に合計6回使用することで「太陽と月と私」の実績とXPが得られる。
  • ヨグ=サロンの下僕/Servant of Yogg-Saronのような呪文を使用する効果によって日蝕が選ばれた場合、次に使用する呪文は1回しか発動せず、日蝕の効果は得られない。日蝕を2連続で手札から使用した場合も同様に次の呪文は1回しか発動しない。日蝕が効果を発揮するのは手札からコストを払って使用した場合と、エレクトラ・ストームサージ/Electra Stormsurgeの後に日蝕を使用した場合のみである。(後者の場合も呪文が2回発動するのみで、間にエレクトラ・ストームサージを出す意味はほとんどない。)

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:月が太陽とアゼロスの間に入った時。
  • 英:When the Moon is between the Sun and the Azeroth.

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。