• TOP>
  • 敏腕記者/Daring Reporter

敏腕記者/Daring Reporter

最終コメント:9日前

TOP > 中立コスト4 > 敏腕記者/Daring Reporter

MSG.png


《敏腕記者/Daring Reporter》は中立のコモン・ミニオンカード。


敏腕記者.png
種族テキスト
対戦相手がカードを引くたび、+1/+1を得る。

入手法

仁義なきガジェッツァンカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

戦略

出したターンには3/3だが、相手はターンの初めに必ずカードを引くため4/4となるミニオン。(デッキが0枚の場合は除く)
自力でパンプアップするミニオンは多々居るが、その中でも構築に採用されるミニオンは1ターンに複数回パンプアップ出来て、
また可能ならば自分が何らかの行動を行うついでに強化され、更にはそのミニオンが軽く、除去されにくい序盤から展開できることが多い。
要するに《マナ・ワーム/Mana Wyrmp.png はよく採用されるが《グルゥル/Gruulp.png の採用率は低いという話である。

その点を考慮すると、このカードは4ターン目と比較的遅く、更に通常のプレイでは返しの相手ターンではただの4/4と除去されやすい。
それを生き延びて次の自分のターンでも4/4のままであり、4マナ5/5とスタッツが良好になるのは2ターン先の相手ターンからと非常に遅い。
一応相手に強制的にドローさせて強化する手もあるのだが、それをすると出せるターンはさらに遅くなる。

それでも採用するとすればミル系統のデッキ以外では難しい。
そのミルデッキも現状除去やコンボパーツでデッキが埋まっており、何かと交換してすぐに採用できるという状況ではない。
仁義なきガジェッツァンで同時に追加された《ピチピチレザーのホグリーダー/Leatherclad Hogleaderp.png と一緒に
より攻撃的なミルデッキが考案されればあるいは……と言ったところか。

闘技場(Arena)

4/4/4の内に除去出来ないと際限なくパンプアップしていく厄介なミニオン。
理想は上手くトレードできた盤面への最速召喚。もしくはやや強引にトレードせざるを得ない盤面でも悪くはない。
反面、盤面が取られている状況ではただの4/4/4でしか無い。序盤中盤が安定してこそのミニオンとは言える。

上手く活用できればフィニッシャーにもなれるが、2:1交換が出来るのなら素直に交換してしまっていいだろう。
沈黙されようものなら大惨事になる。

コンボ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「空を見ろ!」「鳥よ!」「飛行機だ!」「アッ!スカイダイビングしながら記事を書いてるガジェッツァン・ガゼッタの報道部長ドーラだ!」
  • 英:She's working on a story! While skydiving!
    • 訳:彼女は記事を書き続けるんだ、スカイダイビング中に!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。