• TOP>
  • 始原の秘紋/Primordial Glyph

始原の秘紋/Primordial Glyph

TOP > メイジのカード > 始原の秘紋/Primordial Glyph

UNG.jpg


《始原の秘紋/Primordial Glyph》はメイジのエピック・呪文カード。


始原の秘紋.png
種族テキスト
呪文を1つ発見する。そのコストを(2)減らす。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は100。
ゴールデンカードに必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。

戦略

呪文を発見する呪文。
これ自体に2マナ掛かるが発見した呪文のコストも2マナ減るため、要は2マナを先払いしている形となる。
クラスは違うが野生の力/Power of the Wildに対する蓮華紋/Mark of the Lotusの様に、ワタリガラスの偶像/Raven Idolの片方モードが独立して1マナ軽くなった様なイメージだろうか。

発見の3択に上がってくるカードは完全にランダムだが、メイジの呪文はアベレージが高い事もあり、大抵は何らかの有効カードが得られる。実質的には「状況に応じて必要な呪文を0マナで手に入れる」という、非常に強力な効果となる場合が多い。
また発見という効果全体に言える事だが、最悪ハズレばかりの3択を引いてしまう事故があり得る一方で、特定の状況に対しては劇的に刺さるが普段はデッキに入らないカードを手に入れ、無警戒の相手の意表を突ける強みもある。

マナを先払いする点については、とりあえず発見したカードを即使用すれば完全に±0。2ターン目にフロストボルト/Frostboltを探すために撃つ事もよくある。
序盤に使用して重いカードを発見した場合は、2ターン目をスキップしてしまうのは痛いが、例えばフレイムストライク/Flamestrike炎の大地のポータル/Firelands Portalといった超強力スペルを2ターン早い5ターン目に使う事ができれば十分取り返せるだろう。

呪文の使用をトリガーとするカードとも相性が良い。0マナで呪文の使用回数を稼げるためマナ・ワーム/Mana Wyrmガジェッツァンの競売人/Gadgetzan Auctioneer大魔術師アントニダス/Archmage Antonidasなどの能力の起動回数が増える。
その際にもう一度始原の秘紋/Primordial Glyphを発見することが出来れば、さらに使用回数が稼げる。とんでもなく運が良ければ、1ターン目のマナ・ワーム/Mana Wyrmを超強化して2ターン目に大ダメージが狙える。

単体で優秀なのに加えてシナジーが多いという、非常に優秀な呪文である。
ウンゴロ環境においては、フォーマットを問わず殆どのメイジのデッキに無条件で入っている。

闘技場(Arena)

強力なスペルの発見という意味でもマナコストの分割という意味でもやはり強力。
メテオ/Meteor》や《始祖ドレイク/Primordial Drake》級のカードと並んでいるのでもない限りは悩まずピックして良い。

コンボ

デッキ

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:これは古代トルヴィアのシンボルで、意味は「うへぇ!」
  • 英:It's the Ancient Tol'vir symbol for "Whoops!"

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。