• TOP>
  • 大道芸の呪文喰い/Sideshow Spelleater

大道芸の呪文喰い/Sideshow Spelleater

TOP > 中立コスト6 > 大道芸の呪文喰い/Sideshow Spelleater






《大道芸の呪文喰い/Sideshow Spelleater》は中立のエピック・ミニオンカード。


大道芸の呪文喰い.png
6Mana.png大道芸の呪文喰い/Sideshow Spelleaterp.png epic.png(6/5) 雄叫び(Battlecry):対戦相手のヒーローパワーをコピーする

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは400で、ディスエンチャントで100ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが1600必要で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。

戦略

TGTで追加されたクラス共通のエピック・ミニオン。
バトルクライ(雄叫び)の効果により、発動時点での相手のヒーローパワーをコピーすることが出来る。
長らく出番のないカードであったが、凍てつく玉座の騎士団でヒーローカードが登場したため、構築ではコピーする価値のあるヒーローパワーに遭遇する機会が大幅に増加した。
しかしその場合も自分のデッキにヒーローカードを入れた方が良い場合が多く、このミニオンが採用されることは滅多にない。

このカード最大の弱点は、効果が対戦相手のクラスに依存するということである。
基本的にヒーローパワーはクラス専用カードと相性が良いように出来ており、わざわざヒーローパワーを変更する理由が謎である。
しかも仮に変更したいとしても、変更先が完全に相手依存では使いにくい。

ヒーローパワーとデッキコンセプトが合わず変更したい場合、LoE(探検同盟)で追加された《サー・フィンレー・マルグルトン/Sir Finley Mrrggltonp.png がいる。
あちらは3択から最も相性の良いものを選ぶため、運が悪くともそれなりのヒーローパワーが選択出来る。
そのため《大道芸の呪文喰い/Sideshow Spelleater》は一層ニッチなカードになってしまっている。

闘技場(Arena)

弱い。スタッツが微妙な上に能力がデメリットになることもある。
もっと弱い酷いエピックもあるため、稀にただの6/6/5として取らざるを得ないことも。
常にヒーローパワーが強いメイジ等では殆ど取ることは有り得ないが、逆にウォリアー等では評価が上がる。

コンボ

追記

メモ

  • 散々な前評判の《毒仕込みの刃/Poisoned Blade》を装備中にコピーした場合、新たなヒーローパワーの効果に加えて武器の攻撃力が+1されるらしい。

パッチ修正

  • The Grand Tournament (2015.8):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:Hey! Let me try that...
  • 日:ねえ!あたいにもやらせてみてよ…

カード名解説

サイドショーは固有名詞ではなく、メインイベント(この場合グランド・トーナメント)の脇で行われる、サーカスやバンドなどのサブイベントのこと。
スペルイーターと言うと呪文に対し特殊な耐性を持った種族や魔力吸収能力を持った魔法使いを想像してしまうが、これはファンタジー的なアレンジを加えられたfire eater(火食い芸人)のこと、つまり大道芸人である。
あえて言うならば、見た目からしてトロル♀で鎧ではなく布装備なのとSpellstealというスペルが昔からあることからメイジ。(Caster用の剣をメイジは装備する)

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。