• TOP>
  • 大怪盗ラファーム/Arch-Thief Rafaam

大怪盗ラファーム/Arch-Thief Rafaam

最終コメント:2017年06月09日

TOP > 中立コスト7以上 > 大怪盗ラファーム/Arch-Thief Rafaam


loe.jpg




《大怪盗ラファーム/Arch-Thief Rafaam》 は共通のレジェンド・ミニオンカード。


大怪盗ラファーム.png

入手法

アドベンチャーモードの探検同盟の勝利品。
一度入手すればクラフト、ディスエンチャントが可能。
クラフトに必要なダストは1600で、ディスエンチャントで400ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが3200必要で、ディスエンチャントで1600ダスト手に入る。

強力な秘宝

《力のランタン/Lantern of Power》《破滅の鏡/Mirror of Doom》《恐怖時計/Timepiece of Horror》
ミニオン1体へ+10/+10の強化を与える。あなたの盤面を3/3
ミイラゾンビp.png で埋め尽くす。
全ての敵キャラクターを対象に、
ランダム1点ダメージを合計10点分与える。

戦略

7マナ相当のスタッツを持ちながら、状況に応じて好きな10マナ呪文(強力な秘宝)を手札に加えることができる汎用性の高い中立9マナミニオン。使用者の勘や経験によって強さが左右する。
入手できる秘宝はいずれも対処を誤れば試合を終わらせるレベルの威力であり、このミニオンを出された相手は終始大きなプレッシャーを受けることになる。

秘宝は3種類あるが、ランダムではなく3択から好きなものを選ぶことが可能。
秘宝カードはどれも強力なスペルだが、使用するには10マナが必要。
Lantern of Power(力のランタン)は+10/+10という異常な強化スペルのため、
ラファームが出る終盤の局面では、対抗策がなければ次のターンに勝負が決まってしまうことも多い。
ただし、場にミニオンが残っていなければ何も出来ない。
相手に除去札があるかどうかをよく考えて選択しよう。

Mirror of Doom(破滅の鏡)は最高7体の3/3が出せ、計21ダメージが次のターンに期待出来る。
ぐったりガブ呑み亭の常連/Grim Patron》を彷彿とさせるような3/3展開でミニオン同士をぶつけて処理しようとするのはほぼ間に合わない。
しかし《地獄の炎/Hellfire》や《フレイムストライク/Flamestrike》などの全体除去であっさり壊滅してしまう可能性も高い。
とはいえ圧倒的不利な状況からの大逆転が可能なカードである。

Timepiece of Horror(恐怖の時計)は《報復の怒り/Avenging Wrath》のような挙動で、1点ダメージが10回ランダムな敵に当たる。
コスパ自体はかなり悪いが、このスペルは唱えたターンに仕事を終えるのが強みである。
場にミニオンを必要とせず、全体除去で一掃され無に帰すこともない。
空ボードからのトドメや、小粒を展開されて自分のフェイスが危険な場合のAoEとして選択されうる。

雄叫びにより出た瞬間にデッキ外から手札アドバンテージを稼いでくれる点が評価されている。
出した次のターンから、実質手札とデッキ枚数を消費せず10マナを使い切れる行動が約束される。9~10マナの超大型ミニオンをデッキに多く入れると序盤に手札事故を起こしやすいが、かといって低コストカードを増やすと手札消費が激しくなり、次第に10マナを使い切れなくなりコントロールデッキの利点が失われてしまう。これらのジレンマを1枚である程度解消してくれるミニオンである。
弱点は9マナという重さでありながら、出したターンにボードに干渉せず壁にもならない事。

闘技場(Arena)

かなり強く、レジェンダリーの中でも最強レベル。

確定した10マナのカードを入手できる上、スタッツも悪くない。
9マナの強いと言われているレジェンダリーでも4/12や8/8なので、このカードも十分な戦闘力があると言える。

闘技場はドローソースが限られ、終盤戦ではデッキトップの出し合いになることも多いが、このカードは出した次のターンの動きに選択肢を与えてくれる。
発見の仕様上、何を選ばれたか分からないのもポイント。三種の秘宝はそれぞれ有効な対処法が違うので、厳しい選択を強いる事が出来る。
一枚で2ターン分の動きを確保してくれるこのカードは強力な効果を持つレジェンダリーカード群の中でも随一のものだろう。

コンボ

  • ガーディアン・メディヴ、召喚石:秘宝により10マナミニオンが召喚される。
  • ナーガの海の魔女:ラファームを召喚したターンに秘宝を使用できる。
  • ブラン・ブロンズビアード:獲得できる秘宝が2枚に。

メモ

  • リーグ・オブ・エクスプローラーの主要キャラクター。
  • 大怪盗ラファームはハースストーンオリジナルのキャラクター。自称「史上最高の考古学者」。
    人間ではなくEtherealという別次元の種族で、全身に包帯を巻いているのは実体が無いためである。
  • Etherealたちは次元の狭間を通じて星間を旅しながら秘宝や魔法のアイテムを集めている。
    ゴブリンのように中立的な存在で、必要に応じて商取引や同盟を組む場合がある。

パッチ修正

  • 探検同盟 (2015.11.13):追加。

フレイバーテキスト

  • 英:He's very good at retrieving artifacts. From other people's museums.
  • 日:ヤツこそ、秘宝の回収と保護の第一人者だ。主に、他人の博物館からの。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「彼は私の夢の一部分でありながら、私も彼の夢の一部分だった。」―― ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。