• TOP>
  • 大いなるマーク・アイ/Old Murk-Eye

大いなるマーク・アイ/Old Murk-Eye

TOP > 中立コスト4 > 大いなるマーク・アイ/Old Murk-Eye

《大いなるマーク・アイ/Old Murk-Eye》は中立のレジェンド・ミニオン


大いなるマーク・アイ
コスト名前種族レアリティテキスト
4Mana大いなるマーク・アイ/Old Murk-Eyep マーロックlegendary(2/4),突撃(Charge)
場に出ているこのカード以外のマーロック(Murloc)の数だけ攻撃力+1を得る

入手法

クラシックパック(GvG、TGTのマーロックは対象外)の全マーロック(Murloc)カードを集めると手に入る。
ゴールデンカードは基本セットとクラシックパックの全ゴールデンマーロック(Murloc)カードを集めると手に入る。
作成でのみ入手できる。
作成に必要な魔素は1600で、還元で手に入る魔素は400。
ゴールデンカードに必要な魔素は3200で、還元で手に入る魔素は1600。

戦略

  • マーロック/Murloc族特化デッキを組む時のフィニッシャー候補、そのままだと劣化《ストームウィンドの騎士/Stormwind Knightp なので最低でもATKが3以上になるタイミングで使いたい。
    • そもそもマーロックデッキがファンデッキ以外で存在しないのでメタゲームにおける採用率はほぼゼロ・・・だった。
  • 七つの鯛罪/Anyfin Can Happenp の登場により一転攻勢、マーロックディンはメタゲームの一角に入るどころかマッチ形式の大会でも使われるガチデッキとなり、目にする機会が大きく増えた。
    • 基本的に4マナ2/4ミニオンとして使用しておき、そのまま死亡させておく。最後に復活させて突撃(Charge)によって即座に大ダメージを与える。デッキに1枚しか入らないカードなので、場合によってはデッキの底に眠っているのが最大の問題。
  • ワイルドではパラディンの他にシャーマンのアグロマーロックデッキでも戦果を挙げている。ワイルドでマーロックデッキを組むなら是非用意したい1枚。

闘技場(Arena)

  • クエスト限定カードである為、闘技場(Arena)では出現しない。実際出てこられても困るが。

コンボ

メモ

  • リワードセットのカードはスタンダードでは使用できず、その発表後に実装されたサンプルデッキはスタンダードで使えるカードのみで構成されていたが、なぜか例外的にこのカードを含んだデッキがあった。(パラディンのサンプルデッキ「鮮魚潮流」)
    • パッチ 4.3.0で抜かれている。

自由帳

パッチ修正

Patch 8.0.0.18336 (2017-04-04):栄誉の殿堂入り。

  • Patch 1.0.0.3388 (2013-06-22): エキスパートセットから抜いてリワードセット(カードをコンプリートしたときの景品)に追加。

フレイバーテキスト

  • 日:こいつはマーロック達にとって伝説的な存在だ。ヤツらはこう伝えてる。「ムァールァァルァァ!」
  • 英:He's a legend among murlocs. "Mrghllghghllghg!", they say.

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。