• TOP>
  • 含み笑う発明家/Giggling Inventor

含み笑う発明家/Giggling Inventor

TOP > 中立コスト5 > 含み笑う発明家/Giggling Inventor

bdp


《含み笑う発明家/Giggling Inventor》は中立のレア・ミニオンカード。


ナーフ後含み笑う発明家
種族テキスト
雄叫び:挑発と聖なる盾を持つ1/2のメカを2体召喚する。

入手法

博士のメカメカ大作戦カードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は100で、還元で手に入る魔素は20。
ゴールデンカードに必要な魔素は800で、還元で手に入る魔素は100。

みんなの評価投票


コメントに君の投稿した評価と、その理由を書いてみよう!

戦略

雄叫びでマジウザ・オ・トロンをカードの両脇に2体召喚する。
攻撃性能は乏しいが、カード1枚でダメージを4回も受け止められるため防御性能に優れる。
全クラスで利用できる簡易版拡がりゆく虫害

出てくるのが除去に強いメカ×2なので超電磁のバフ先確保に適しており、ヴェノマイザーウォーギアと好相性。
菌術師レイドリーダー太陽の番人タリム血の渇き獰猛な咆哮枝分かれの道といった全体強化とも好相性。
魔力加工師魔法使いの弟子光熱のエレメンタルマナの潮のトーテムといった軽いソフトトーント達とも好相性。
若き酒造大師影隠れとも相性が良い。

なお、天敵は苔むしたモノノケブラッドナイト
前者は聖なる盾を貫通し、拡がりゆく虫害共々全滅してしまう。
後者は聖なる盾が二つとも消えた挙げ句に3マナ9/9ミニオンが降臨する。
また、一度に3体もミニオンを展開するため精神支配技士も条件を満たしやすく刺さりやすい。
いずれもピンポント対策カードなのだが、このカードの流行によりそこそこの頻度で見かけるので注意したい。

5マナのこのカードは非常に高い使用率を誇り、アグロからコントロールまで幅広く採用されていた。
そのため7マナへと変更された。現在ではほとんど採用されていない。

闘技場(Arena)

カード1枚で3体展開できるため強力。全体バフを持つヒーローでは評価が上がる。
ナーフの影響で優先度は落ちたが効果自体は強力なので7マナの枠が空いているのなら有力な候補。

コンボ

デッキ

メモ

ブリザードは「中立の強い挑発はゲームを面白くする」という理由で意図的に強くデザインしたが、あまりにも強すぎたためバランス調整の対象になった。
「6マナにする事も考えたがやはり強すぎたため7マナへと変更した」という点においては「6マナでも強すぎるものを5マナで出したのか」と非難される原因になった。

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:「最強の黄金のパラディンを造ってやる!そして全世界にアイサツさせてやるわ!」
  • 英: "I shall build a mighty golden paladin! And he will GREET the WORLD!"

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。