• TOP>
  • 光熱のエレメンタル/Radiant Elemental

光熱のエレメンタル/Radiant Elemental

最終コメント:9日前

TOP > プリーストのカード > 光熱のエレメンタル/Radiant Elemental

UNG.jpg


《光熱のエレメンタル/Radiant Elemental》はプリーストのコモン・ミニオンカード。


光熱のエレメンタル.png
種族テキスト
エレメンタル自分の呪文のコストが(1)減る。

入手法

大魔境ウンゴロカードパック、作成闘技場の報酬で入手できる。

作成に必要な魔素は40で、還元で手に入る魔素は5。
ゴールデンカードに必要な魔素は400で、還元で手に入る魔素は50。

注意点

戦略

魔法使いの弟子/Sorcerer's Apprenticep.png 》と同じの効果を持つミニオン。その強さを知らないプレイヤーはいないだろう。しかし、このミニオンはある意味で《魔法使いの弟子》よりも使い勝手がよい。

第一に、弟子に比べて体力が高い。
コストを下げるのは非常に強力な効果だが、盤面に残しておけなければ効果は薄い。
魔法使いの弟子》の体力は2で、これは《聖別》など軽い全体除去にも耐えられない。《光熱のエレメンタル》は体力3なので盤面に残りやすく、ヒーローパワーや《真言・盾》によって長く使いまわすこともできる。

第二に、プリーストの呪文はコストが軽い。
コスト5の呪文を4にしたところでさほど恩恵はないが、コスト1を0にすればマナは最大限に使えるし、コスト2を1にすれば使い勝手が大きく変わる(コスト1にすると余ったマナを有効活用しやすい)。

第三に、メイジとプリーストでは呪文の質が違う。
プリーストの呪文でデッキに入るのは低コストで逆転するカードがメインである。逆転のコストが1下がるということは、余ったマナでより大きなミニオンを呼べるということで、テンポのスウィングが大きくなるということである。例えば5マナある時に《密言・痛p.png 》を撃って3マナで3/3を出すか、それとも4マナで4/6の《トワイライト・ドレイクp.png 》が出せるかでは状況が大きく変わる。
一方、メイジの呪文はダメージとドローに特化している。除去カードの中で低コストなのは《フロストボルト/Frostboltp.png 》くらいで、後は《ファイアーボール/Fireballp.png 》、《ブリザード/Blizzardp.png 》、《フレイムストライク/Flamestrikep.png 》、《メテオ/Meteor》など高コストで、そのターンには他に何もできないという物が多い。

加えて、このミニオンには《太陽の砕片ライラ/Lyra the Sunshard》でのミラクルコンボがある。ライラと《光熱のエレメンタル》2枚で呪文を延々と唱え続け、手札を大量獲得できる。(詳しくは「ミラクルプリースト」の項を参照)

総括すると、その強力な能力によってドラゴンプリースト、コントロールプリースト、コンボプリースト全てに採用できる、コストパフォーマンスのいい優秀なミニオンだといえる。

ミラクルプリースト

光熱のエレメンタル》によって呪文コストを下げ、《太陽の砕片ライラ》で大量ドローをするコンボ。

太陽の砕片ライラ.png 光熱のエレメンタル.png 光熱のエレメンタル.png

太陽の砕片ライラ》、《光熱のエレメンタル》、《光熱のエレメンタル》の順に出し、コストの下がった呪文を連打して、手札を大量に補充する。ライラから得た呪文も2マナ以下なら0マナになるので即座に使用でき、さらに呪文を得られる。

9マナあり、起点になる呪文カードが2枚ほど手札にある状態ならこのコンボを開始して良い。

影の幻視

0マナになった《影の幻視》によってさらに《影の幻視》を引けば、無限にライラから呪文を獲得できる。これはゲーム中盤〜終盤あたりに山札に《影の幻視》が残っていれば、かなりの確率で実現できる。

起点になる呪文カード

4ターン勝利コンボ

祓い清めプリースト(沈黙プリースト)では4ターンで勝利することも可能。

光熱のエレメンタル.png ドデカいレイザーリーフ.png 神授の霊力.png 内なる炎.png

方法

3ターン目:《ドデカいレイザーリーフ
4ターン目:《光熱のエレメンタル》、ドデカいレイザーリーフに《沈黙》、《神授の霊力》、《神授の霊力》、《内なる炎》で32/32。ヒーローを攻撃して勝利。

備考

また、《沈黙》でなく《祓い清め》を使うなら2ターン目に《光熱のエレメンタル》を出しておく必要がある。

闘技場(Arena)

スタッツも能力も優秀。取らない理由は無い。
効果を積極的に狙う事は難しいがうまくハマればゲームセットに持ち込める。

コンボ

真言・盾p.png
コスト0になるため、2ターン目に《光熱のエレメンタル》を出していきなり2/5にできる。引いてきたカードがまた《真言・盾》という場合もあり、アグロ相手などその時点で勝利が決定するゲームもある。テンポもハンドも加速できる優秀なコンボ。
また、コインを使って1ターン目に2/5を出し、相手の1マナミニオンに対抗するのも強い。その場合2ターン目に使える適切なカードがなくてもヒーローパワーを有効に使えるため問題ない。

影の幻視
1マナで強力なドロー。通常は0マナになる《真言・盾》を引きに行く。

狂気ポーション
0マナ除去。発動条件は厳しいが発動できれば非常に強力。

デッキ

  • コントロールプリースト
  • ドラゴンプリースト
  • コンボプリースト

メモ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 日:これがホントのラーヴァランプ!

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。