• TOP>
  • 偶数ウォーロック

偶数ウォーロック

TOP > デッキ一覧



偶数ウォーロックは、ウォーロックのミッドレンジデッキ。

レシピ

スタンダードワイルド
偶数ウォーロック偶数ウォーロック(ワイルド)
2019-04-102019-04-10



デッキ概要

ゲン・グレイメイン/Genn Greymaneで1コストとなったヒーローパワーを駆使し、手札を増やしながら中~大型ミニオンの連打で圧倒するミッドレンジデッキ。

トワイライト・ドレイク/Twilight Drake山の巨人/Mountain Giantといった手札の枚数に影響されるカードが採用されるため、使用感は往年のハンドロックに近い。

※ドラゴン年の開始に伴い、ゲンが栄誉の殿堂入りしたので、2019/4/10以降はスタンダードでは構築不可能となる。


戦略

序盤はドローを優先し、4ターン目にトワイライト・ドレイク山の巨人等の高スタッツミニオンを出すことを目標にする。
相手がアグロ/テンポデッキであるなら、様子を見ながら除去呪文や終末予言者/Doomsayer等を挟んで対処に回る。

ゲーム後半は凄まじき焦熱の悪鬼/Dread Infernalリッチキング/The Lich Kingといった大型ミニオンの展開を狙い、最後の一押しとして屍山血河のグルダン/Bloodreaver Gul'danで悪魔を再展開+強力なヒロパで攻めるのが王道パターン。

基本的に手札が常に潤沢なので勘違いしやすいが、それはデッキのカードを早く引いてるだけであって、コントロールデッキ相手に余裕を持てる程リソースが豊富なわけではない。
各種除去呪文や挑発、回復ミニオン等で、しっかり場の大型ミニオンを守りつつ、相手ヒーローの体力を積極的に詰める必要がある。

また、能動的に動けるカードに4マナ以上のカードが多く、後半までは手札次第で1ターンに1枚しかプレイことが多い。手札の枚数制限に引っかからないよう、カードの引きすぎには注意。


キーカード解説

  • 山の巨人/Mountain Giant
    最速で4ターン目(後攻ならコインを使わなければ3ターン目)に出せる大型ミニオン。即座に処理できないデッキはそれなりにあるので、雑に顔面を4回殴って勝つような試合もある。
    慎重になってトレードに回すのもいいが、このミニオンを除くとダメージが伸びづらいデッキなので、できるだけ相手ヒーロー殴る機会を与えてあげたい。
  • 屍山血河のグルダン/Bloodreaver Gul'dan
    悪魔が6枚入ってるといえど、このカードのバリューを上げるために全ての悪魔をプレイするまで待つ必要はあまりない。
    攻め手が途切れるターンが続くぐらいなら復活する悪魔が2体程だろうと使ってしまった方がいいゲームも多い。
    多少雑に切ってしまってもいいのはヒーローパワーがとても強力だからで、最後の後詰めとしてとても優秀。むしろこちらがメイン。
    とはいえドローできなくなってしまうことと、《鉤手のリーヴァー/Hooked Reaver》との兼ね合いがやや悪いことには留意。
  • 鉤手のリーヴァー/Hooked Reaver
    条件を満たせば4マナ7/7挑発として召喚できる悪魔。
    シャットアウト枠としても打点しても優秀だが、手札がダブついてライフを減らしたくてもドローできなかったり、回復や各種挑発ミニオンの存在も相まって兼ね合いが難しい。
    ゲーム展開によっては、勿体ぶらずに4マナ4/4バニラとしても繰り出すことも覚えておこう。

回復&挑発

  • キノコ酒造師/Shroom Brewer
    相手がアグロでもなければ、基本的にミニオンの体力を回復して盤面の強化に務めたい。引きによってはただの4マナ4/4としてプレイすることもある。

除去

  • 冒涜/Defile
    ハマればとても2マナとは思えない活躍をしてくれる全体除去。
    とはいえ有名すぎて最低限のケアはほぼされる上に、このデッキは低い体力のミニオンを用意するのが難しいので腐り気味になることも。
  • 地獄の炎/Hellfire
    お馴染み4マナ3点AOE。呪文石のアップグレード役としても。
  • アメジストの小呪文石/Lesser Amethyst Spellstone
    苦手な単体除去役。大型ミニオンの攻撃を通したり睨み合いの盤面で役立ってくれる。
    アップグレードしていた場合は結構な回復量になるので、ゲーム後半、鉤手のリーヴァーと一緒のターンに使う場合はプレイする順番に気をつけること。


入れ替え候補

  • 闇の売人/Dark Peddler
    序盤に召喚できるミニオンとして。《魂の炎/Soulfire》や《凄まじき力/Power Overwhelming》といった点数の伸びるカードは勿論、状況に合わせて軽いカードを発見できるので融通が利く。
    体力1のミニオンを発見できれば、体力2であるこのミニオンと合わせて《冒涜》の始動として使うこともできる。
  • 小ずるい足噛み魔/Cheaty Anklebiter
    ヒロパで1点を出せないウォーロックにとって、手元から気軽にミニオン付きで1点を出せるのは優秀。雄叫びを自分のヒーローに対して使うことで呪文石のアップグレード役にまわったり、自身が体力な1なこともあり、冒涜の点数調整枠としても優秀。一番の課題はこのカードのために枠が裂けるかどうか。

ワイルドにおいて

ワイルドでは《溶岩の巨人/Molten Giant》や《さまよう無貌のもの/Faceless Shambler》が存在し、大型ミニオンを繰り出しやすいのが特徴で、より往年のハンドロックに使用感が近い。

上記の特徴に加え《闇爆弾/Darkbomb》や《炎の王ラグナロス/Ragnaros the Firelord》等直接ダメージに繋がるカードもあるので、スタンダードで後詰め役をこなしていたDKグルダンは採用されないことが多い。

グリンダ・クロウスキン/Glinda Crowskin》と溶岩の巨人のワイルドならではの派手なコンボも存在する。
そのため、ややピーキーな仕上がりにはなるが、ライフを早めに減らすために《ラスガード/Wrathguard》や《ピットロード/Pit Lord》を採用することもある。

コメント

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。