• TOP>
  • Budget Mech Druid / 低コストメックドルイド

Budget Mech Druid / 低コストメックドルイド

TOP > 初心者用デッキ > 低コストメックドルイド



低コストメックドルイドはドルイドのミッドレンジデッキ。低コストメックメイジを作った人ならゼロコストで作れる。

レシピ例

画像クリックで詳しいデータページ(外部サイト)に飛びます。


戦い方

メックドルイドの基本戦法は、2枚のマナ加速カードやメックシナジーによって相手よりも早く大きなミニオンを出し、ボードを制圧することです。

マナ加速カード
&ref(): File not found: "Innervate.png" at page "img";?
Innervate
能力:
2点のマナを得る。それはこのターンのみ使用できる。
解説:
2点のマナを生み出すドルイドのマナ加速。例えば2ターン目に4/5のMechanical Yeti?p.png を出されたら、返しのターンでテンポを取り戻すことは本当に難しい。《段取り/Preparationp.png と違って全てのカードに使用できるところも強く、このカードのおかげでドルイドはどんなに相性が悪いデッキとも一定の勝率を保つことができる。
&ref(): File not found: "WildGrowth.png" at page "img";?
Wild Growth
能力:
消費された状態のマナクリスタルを得る。(マナの容量が1つ増える)
解説:
ほとんど全てのドルイドが採用しているキーカード。効果を分かりやすく言うと、毎ターン1点追加のマナが貰えるということ。オープニングハンドでこのカードが引けたドルイドは非常に強いので、これが手元に来ていなければ、全マリガンしてしまってもいい。このカードを使うと、こちらが先行だった場合、相手が2ターン目を終えたら、こちらは3ターン目なのに4マナ持っていることになる。相手の出した3/2の返しに4/5のMechanical Yeti?p.png などが出せるわけだ。裏技として、10マナある状態で使うと「カードを1枚引く」という効果のカードExcess Manap.png に変化するのも嬉しい。
&ref(): File not found: "Mechwarper.png" at page "img";?
Mechwarper
能力:
あなたのメカ(Mech)はコストが1少なくなる。
解説:
メカ(Mech)のコストを下げるという非常に強い能力を持つ。次のターンに《手動操縦のシュレッダー/Piloted Shredder》p.png Mechanical Yeti?p.png を出すことができるし、《ゼンマイ仕掛けのノーム/Clockwork Gnomep.png は無料で出せる。《メカワーパー/Mechwarperp.png が仕事をしたとき、メックドルイドは勝利へ近づく。



野生の繁茂/Wild Growthp.png は手に入ったらできるだけ早い段階で使います。《錬気/Innervate?p.png は時期を見計らって、相手よりも一回り大きなミニオンを出します。つまり、相手が4/5を出している時に、こちらは6/7を出したりするわけです。

一回り大きなミニオンを出すと、相手はそれを除去するのに2枚以上のカードを使わなければならなくなり、いずれ手札がなくなります。こちらは強いミニオンがたっぷり入っているので手札が尽きにくくなっています。

錬気/Innervate?p.png を使って出したいのは、次のターンに相手が出すと思われるミニオンよりも一回り強いミニオンです。つまり、《クモ戦車/Spider Tankp.png 、《刈入れゴーレム/Harvest Golem》p.png Mechanical Yeti?p.png 、《センジン・シールドマスタ/Sen'jin Shieldmastap.png 、《爪のドルイド/Druid of the Clawp.png と、6マナ以上の全てのミニオンです。

盤面にミニオンが3体くらい並んだら、《獰猛な咆哮/Savage Roarp.png を打つタイミングです。《獰猛な咆哮/Savage Roarp.png は、それ自体のダメージが8点以上出れば使っていいです。(盤面に3体のミニオンなら、それぞれに+2ダメージ、ヒーローに+2ダメージで合計8点のダメージを持っている、と考える)


勝ちパターン

ここでは序盤にどんな流れを作れば勝てるか、という勝ちパターンをお教えします。

これらの勝ちパターンは複数パターンを合わせて使うことができます。例えば《コグマスター/Cogmasterp.png の勝ちパターンを使いながら、さらに《メカワーパー/Mechwarperp.png の勝ちパターンも使うということもできます。基本的には、勝ちパターンをたくさん合わせて使えば使うほど、メックドルイドのデッキパワーは強くなります。



野生の繁茂/Wild Growthp.png を使った勝ちパターン



錬気/Innervate?p.png を使った勝ちパターン



メカワーパー/Mechwarperp.png を使った勝ちパターン



ティンカータウンの技術者/Tinkertown Technicianp.png を使った勝ちパターン


各ターンの流れ

ここではメックドルイドがそれぞれのターンでどのような動きをするか説明します。


マリガン(最初のカードチェンジ)

いつでもキープ

状況によってキープ


改良案

このデッキは以下のカードを手に入れると簡単にアップグレードできます。

入れるカードと対応したカードを抜いて、入れ替えて下さい。対応していないカード同士を入れ替えると、デッキのバランスが崩れるので勝ちづらくなります。

また、これの上位版はメックドルイドとなります。あわせてご確認ください。


入れるカード抜くカードコメント
自然の怒り/Wrathp.png Claw?p.png 2種の除去のうちどちらかを選べるため応用の効く便利なカードです。どちらの能力も強いです。ドルイドのデッキにはどんなデッキにもほぼ必ず入っている必須のカードです。
知識の古代樹/Ancient of Lorep.png Starfire?p.png 、Boulderfist Ogrep.png ドルイドのミニオンのなかでも非常に強いカードです。2枚のカードをドローしながら5/5ミニオンを出せるという動きは、マナ加速とマッチしています
戦の古代樹/Ancient of Warp.png Starfire?p.png 、Boulderfist Ogrep.png ゲーム全体を見渡しても非常に高いスタッツを持っているミニオンです。ほとんどの場合5/10挑発(Taunt)で場に出すことになります。


コメント

お気軽にコメント頂けると嬉しいです。(名無しOKです)

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。