• TOP>
  • 下っ端従騎士/Lowly Squire

下っ端従騎士/Lowly Squire

TOP > 中立コスト1 > 下っ端従騎士/Lowly Squire

tgt


《下っ端従騎士/Lowly Squire》は中立のコモン・ミニオンカード。


下っ端従騎士
種族テキスト
激励:攻撃力+1を得る。

入手法

グランド・トーナメントカードパック、クラフト、闘技場(Arena)の報酬で入手できる。
クラフトに必要なダストは40で、ディスエンチャントで5ダスト手に入る。
ゴールデンカードはダストが400必要で、ディスエンチャントで50ダスト手に入る。

戦略

TGTのお家芸、ヒーローパワーを使うほど有利になるミニオン。
炎のインプ/Flame Impp 、《エサゾンビ/Zombie Chowp 、《マナ・ワーム/Mana Wyrmp 、《コグマスター/Cogmasterp などと同様、2マナミニオンと1:1交換できるミニオンである。

ただ2ターン目にヒーローパワーを使用するのは、専用デッキでない限りは避けるべき弱い動きである。更に3ターン目ともなれば1マナ無駄にしていることも加わり、ものすごく弱い動きである。手札を溜め込むハンドロックを除けば、致命的な手札事故か、勝負を捨てたLowly Squireファンデッキでない限り、この動きはないだろう。よって構築で採用されることはない。

…と思われていたのだが、妖の森のウィッチウッドにて、2ターン目にヒーローパワーを使用するのがほぼ最適行動である奇数デッキが登場。主にワイルドの奇数ローグなどに採用するプレイヤーが現れはじめた。

闘技場(Arena)

2マナが非常に大事な闘技場(Arena)では弱いカード。
例え1ターン目に出したこのカードで相手の2マナと相打ちしても、自分が2ターン目に行った行動はヒーローパワーである。これでは結局、盤面を奪われてしまう。

ただしパラディンの先手の1ターン目でこのカードを出すと、次にヒロパで2/2と1/1が出る。相手が3/2なら美味しいし、2/3でも相打ちは可能。
実質的には2マナのミニオンで相手のコインを使った2マナを倒したのと同じで、普通のカードぐらいの評価となる。

しかし中盤以降に引いた場合は完全に腐る。
残りの2枚が確実に仕事できないカスカードならまだ選択してもいい、ぐらいの評価となる(パラディンでも)。

コンボ

パッチ修正

フレイバーテキスト

  • 英:But not the lowliest!
  • 訳:でももっと未熟な奴だっているんだからな!
  • 日:後輩ができたら、自分がやられてきたことをやってやろうという暗い希望を抱きながら日々を過ごしている。

コメント

お気軽にコメントしてくれると嬉しいです。(名無しでOK)
「ことばは宙に舞い、思いは地に残る」―― ウィリアム・シェイクスピア「ハムレット」

過去のコメントを見る

コメント

ゲスト
コメントを入力する。
投稿前に利用規約をご確認ください。
ゲスト

コメントの投稿が完了した時点で、本サービスの利用規約に同意したものとさせていただきます。

アクセスランキング

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIAC
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

ハースストーン日本語Wiki HEARTHSTONE MANIACへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。